2017-10

CO2ダイエット情報交換会・地産地消エコツアー「アグリかわちながの」訪問 / 08-12-22

アジェンダ21すいたエネルギー部会が「暮らしのCO2ダイエット」の参加者対象の情報交換会イベントとして地産地消を学習するエコツアーを企画し、「アグリかわちながの」を訪問しました。
吹田市民環境会議は生活環境委員会が中心になりアジェンダ21すいたエネルギー部会の活動を支えています。
地産地消は運搬によるCO2の削減対策として大変有効なものです。しかも消費者としては新鮮なものが確保できるのでとても嬉しいものです。今回の参加者は男女ほぼ同数、女性の応募者が多いと予想していただけに驚いています。

今回訪問した「アグリかわちながの」はJA河内長野に加入している70余名の生産者が提供する野菜、果物、米、花、味噌などを販売しています。
FI160_1E.jpg

JA河内長野会長の梶谷さんから
「関わっている生産者は専農は僅か数件、あとは兼業で高齢者が多いです」
「あまり大規模に耕作していないのでほとんどが無農薬です」
「同じ屋根の下、隣では夫人部が学校給食で使う味噌を作っているが注文受けて作っている。」などの説明を受けました。
FI160_2E.jpg  FI160_3E.jpg


その後お買い物をして、昼食のイタリアンレストランへ。レストランの名はZUCCA。
このレストランは地産地消を実行し、アグリかわちながのから新鮮で安全な食材やなにわの伝統野菜を調達してると店長からのお話がありました。
FI160_4E.jpg
きょうのメニューでも田辺大根、なんばねぎを、パスタには和歌山で獲れたゴマサバを煮込んだものが使われているとのこと。とてもおしゃれで美味しいレストランでした。

食後は全員に感想を伺いました。
男性から「買い物なんてしたことなかったが今回来て良かった」。
中には「地産地消って何か知らなかった」から「孫たちのために良いものを作ってもらえるように頑張ります」など実施してよかったと思いました。

もちろん、行きのバスの中ではしっかりと学習しました。
「なぜ地産地消なのか」「フードマイレージってなに?」などなど。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する