2017-08

関西自然保護機構(KONC)2014年大会 / 14-02-23

2月23日長居の大阪市立自然史博物館で関西自然保護機構(KONC)2014年大会がありました。
その中で「吹田の草原の植物」がポスター掲示されました。
発表したのは大阪市立自然史博物館の横川目史さんと長谷川匡弘さんでした。

szshbk02aa.jpg szshbk03b.jpg

szshbk03.jpg szshbk01y.jpg


発表要旨
大阪府の吹田市のニュータウンの中に、公有地であるが特に利用がされないまま40年以上草刈りが行われてきた小っちやい半自然草原が残されている。
このような都市部に残された「塩漬け草原」において、植物相と植生を調査した。
szshbk04.jpg szshbk05.jpg
その結果、ウツボグサ、ツリガネニンジン、ワレモコウといった草原に生育する植物が多数出現し、都市部に残された小っちやい草原であるが草原性植物の生育地として機能していることがわかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sskk97.blog73.fc2.com/tb.php/777-42243ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する