2017-08

マツグミを回収 / 13-03-13

マツグミは関東地方以西の本州・四国・九州に分布する常緑樹で、
アカマツ・モミ・ツガなどのマツ科の樹木に寄生する宿り木です。
130314matsugumi1.jpg 
国立循環器病研究センター正面玄関前に草原があります。
以前ここは北千里から箕面へと阪急電車が延伸する予定だった土地ですが、その計画が消えて現在は大阪府が管理しています。すいた市民環境会議はこの場所で草原の植物観察会を定期的におこなってきました。
130314matsugumi5.jpg 

その流れの中でここにあるアカマツにマツグミというヤドリギ(宿木)があることにきづきました。
いろいろ調べたところ
吹田市内で松に宿り木ができているのはこの木だけだとわかってきました。
毎年観察会の人気者でした。
130314matsugumi3.jpg  130314matsugumi4.jpg
マツグミが生える部分とマツグミの実(右端)


ところが最近になって
このアカマツを含めて3本の木が枯れかかってきたので倒木の危険性もあり大阪府が伐採することになりました。
貴重な宿り木(マツグミ)を標本にしたいので許可を得て3月14日伐採に立ちあいました。
130314matsugumi2.jpg

伐採されたアカマツの年輪は38~39年程度、地上20cmで幹回り1.7mほどの木でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sskk97.blog73.fc2.com/tb.php/709-f4da051d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する