2018-06

4月13日のピアノ池情報 / 08-04-13

サクラの花も終わりに近づき、ピアノ池ではカイツブリのエレレレという声が響いています。
相変わらずハトやスズメやバンやカルガモは近所の人からの餌を期待して土手にやってきています。どうも近所の人たちは、これを生き甲斐とまでは言わないにしても、かなり楽しみにしてにしているようです。時間帯ごとに来る人がほぼ決まっていて、お互い情報交換もなさそうですから、代わる代わるもらう餌は相当な分量になることでしょう。

そんな中で、余水吐(よすいばけ=池のオーバーフロー)の塩ビパイプになにやら工事が進んでいます。従来有ったパイプ立ち上がり部の途中に、池の中央側約1メートル内外のところから塩ビパイプがやってきて、接続されました。
このパイプには途中にゲートバルブが付いていて、開け閉めできるようになっています。

写真は、この仕掛けがセメントで覆われた状態のものです。
ほぼ完成らしく思われます。
080413p.jpg

ということはこのバルブを開け閉めしようとしたら、池の中に入って、水面下にあるだろうセメントの上に立ち、長いバルブ回しのレバーでよいしょと回すことになるのでしょうか。
そして、もっと水位を下げるときは、もう一本沖に同じ仕掛けをつなぐ??

今年の冬は一回このレベルまで水が無くなり、岸のビオトープ部分がすっかり露出していました。原因は水導入口のゴミ詰まりです。掃除したらしくやがてまた水が入ったのですが、この工事でまたポンプアップして水が減りました。まあ、またすぐに増えるだろうとは思いますが、増えたり減ったり忙しいことです。
 (藤白台 Kさんから)

[ 更新日時:2008/04/13 23:11 ]
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する