2017-08

堺のまちなみ見学 / 10-10-21

10月21日(木)午前10時に南海本線七道駅から
堺市のまちなみを見学しました
NPO法人堺観光ボランティア教会 脇阪昌一さんが私たちを案内してくださいました。
堺市の名前の由来は、堺市役所から西にのびる大小路筋(おおしょうじすじ)が摂津と和泉の国境(くにざかい)にあたり、さらに東は河内の国とも接する「境(さかい)」に発展したまちだとのこと。
戦国時代、町を守るため周囲に堀を巡らせた環濠都市を形成していました。
東の堀はそのまま現在の阪神高速堺線になっています。
101021sakai1.jpg  101021sakai2.jpg
南海本線の西側は海でした。
海と現在の阪神高速道路にはさまれた地域にまちができました。
東の濠に沿って寺町が形成され、今日も残っています。
101021sakai3.jpg


1615年大阪夏の陣の3年後の1618年に建てられた山口家住宅は国の重要文化財です。
戦国時代鉄砲生産のメッカだったころの名残がありました。
101021sakai4.jpg
江戸時代になって鉄砲の需要が減ると刃物生産にシフト、その後は自転車産業へと発展してきました。
101021sakai5.jpg  101021sakai6.jpg
自転車博物館(サイクルセンター)では籐(ラタン)をまいた1995年ベトナム産の自転車に興味をひかれました。

101021sakai7.jpg
大仙公園と世界遺産登録申請中の仁徳御陵(大仙陵古墳)を見学して約10kmの見学コースを終えました。
仁徳御陵の荘厳さと大きさに圧倒されました。
NPO法人堺観光ボランティア教会の脇阪さんのわかりやすい説明があり、多くの質問にも答えていただきました。とても有意義な時を過ごすことができました。きょう一日ほんとうにありがとうございました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する