2017-10

自然体験交流センターで野鳥の観察会 /09-12-13

12月13日自然体験交流センターで
野鳥の観察会が開かれました。

091213yacho1.jpg
日本野鳥の会・大阪支部会長の平(ひら)さん、吹田野鳥の会の安達さんの解説はとてもわかりやすいものでした。
観察会はクスノキの実を食べるヒヨドリから始まりました。
植物は受粉のとき、そして種を遠くまで運んでもらうためトリを頼っているのです。
091213yacho2.jpg

色づいた草や木の実は植物がトリに「食べて種を運んでくれ」と言ってるのです。
キク科のセイタカアワダチソウは今の時期、タンポポの綿毛のような種を作って風で飛んでいく仕掛けになっていますが、この種を食べる鳥もいるそうです。
数人の子どもも参加しましたが、子どもにもわかりやすい説明でした。

蓮間池ではコサギ、アオサギやヒドリガモ、キングロハジロ、ホシハジロ、オオバン、バンなどを見ることができました。

091213yacho3.jpg
この催しは
吹田市自然体験交流センター
吹田子ども・夢・未来協会
吹田野鳥の会
の三者共催の事業でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する