2017-08

ヒメボタル保護のための清掃活動 10年経過 / 09-11-22

11月22日(日)いい夫婦の日、午前9時半、
山田第2公園(まきまき公園)に集合して
吹田ヒメボタルの会(※)の主催で
ヒメボタルが生息している地域の清掃活動をしました。
思い返せば、
この清掃活動は1999年11月から始めたので
今年で丸10年です。
091122-col.jpg







ごみの量は年々少なくなっていますが、ゼロにはなりません。
集めたごみを前にして恒例の記念撮影です。参加者は32人でした。
091122-all.jpg

コナラの葉に虫こぶを発見しました。(写真の左下が全体像です。)
091122mk.jpg
↑ 小室さんからコメントが届きました。
  葉は、コナラではなくアベマキの葉と思います。 
  クヌギハケツボタマバチの虫えい(虫こぶ)では?
 

ヒメボタルは、吹田市に残る自然の貴重な財産ですので大切に保護していきたいと思っています。
「ヒメボタルを保護する」とは、その生息環境をまるごと保護することなのです。

しかしその生息地も昼間見ると、空き缶やゴミが捨てられていて大変見苦しい状態で、ヒメボタルの生息にも悪影響を与えかねません。

そこで、ヒメボタルの調査をしてきた人達が中心になり、
今年もゴミ拾いの清掃活動をしました。

ヒメボタルの保護に加えて 快適な緑地環境を守るために、今後も実施していきます。
集めたごみは役所に処分をお願いしています


担当部署以外の役所の方も一市民としてこの活動に参加してくださるといいなぁと思います。

吹田ヒメボタルの会(※)
西山田ヒメボタルの会、吹田自然観察会、すいた市民環境会議で構成されています。

***************** ******************

過去の写真をごらんください。背景が変わり、ごみのおおきさが小さくなってきています。
1999年
hime1999.jpg

2000年
h2000.jpg

2002年
hime2002.jpg

2003年
hime2003.jpg

2004年
hime2004.jpg

2005年
hime2005.jpg

2006年
hime2006.jpg

2007年
hime2007.jpg

2009年
hime2009.jpg



スポンサーサイト

コメント

アベマキの葉についていた虫こぶ

まず葉は、たぶんコナラではなくアベマキの葉と思います。 クヌギハケツボタマバチの虫えい(虫こぶ)では? 

ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する