2018-06

関大生協・学生企画室主催でエコ・クッキング / 07-12-09

今日のエコクッキングの場所は
関西大学・凛風館(りんぷうかん)の食堂です。

食堂といっても、シンクが利用できません。利用できる水場は手洗い用の洗面台。火もカセットコンロ。
その中で、学生さんにエコクッキングを体験してもらわなければならないというものでした。
でも、やってしまうのが我われ、すいた市民環境会議のおばちゃんパワー。
メニューは
①蒸し鶏の変形で煮鶏の温野菜添え
②煮鶏の煮汁利用の中華風スープ
③ダイコンサラダ④ジャコご飯
の4品です。
すいた市民環境会議のエコクッキングは、人間の生活が環境であるとの考えを表すものです。

まず食品選びの話。安全なものを選ぶ話です。生産者のわかる肉、有機栽培あるいは減農薬野菜など、自然や人間の身体に負担をかけない野菜作りをしているもの、遺伝子組み換え食品等等、食に関する話題は沢山あります。
調理中は廃棄物のことを考えます。野菜くずを少なく、くずに出たものは水分を少し空気にさらすことで焼却の際の負担を少しでも減らします。調味料の容器はリユースできるものを選んで…etc。
FI8_1Ea.jpg

煮物は保温調理をします。保温調理によって調理にかかるエネルギーを減らすことで、地球温暖化の原因のひとつと言われているCO2の発生を減らします。保温している時間はものにより、季節にもよりますが30~50分。その間、「グリーンコンシューマー」と気長で楽しい取り組み姿勢の「キッチンアラカルタ」紹介をしました。そして「ライフスタイルチェック」をして、「これから自分自身と大学でどんなことができるか」を考えてもらいました。
FI8_2E.jpg

さて、できあがって試食をします。「いただきます」「ごちそうさまでした」。

食後は後片付け。このときはごみを減らす努力。なにより気を配るのは水を汚さないこと。洗剤を少なくするため、食器や調理器具の汚れは捨てるだけの運命にある紙や、使用済みのテレホンカードなどで拭い取ります。こうすることで洗剤を使用しなくても、あるいは少量の洗剤できれいに洗うことができます。
FI8_3E.jpg

さて、今日のエコクッキングを実施した目的は実は他にあります。関大の生協に加盟している学生さんたちが「環境問題に取り組みたい、そのためになにをしなければならないのかを考えるきっかけにしたい」との要望にこたえて実施したものです。
学生さんたちはどのようなことを考えられるか、私たちおばちゃん達は楽しみにしています。また、お手伝いできることがあれば馳せ参じます。
関西大学の学生さんたち、頑張れ!

FI8_4E.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する