2017-08

すいた環境教育フェア2008 / 08-06-21

沖縄を除く東北地方以南が梅雨のまっただなかの6月21日、
幸運にも大阪では雨は降りませんでした。
1996年から始まった環境教育フェアは今年で13回目です。

すいた市民環境会議は事例発表とパネル展示で「吹田の大木調査」を報告しました。

FI75_1E.jpg

事例発表では8題中、5題が小学生による発表で、その質の高さに感心しました。
FI75_2E.jpg

吹田自然観察会は紫金山子ども自然教室を報告し、メイシアターの前庭で子どもたちにノコギリを使わせていました。
FI75_3Ea.jpg

エコクッキングやみどりのカーテンで協働しているエコ・アクションは温暖化で3月はじめには溶けてしまうカナダ・ハドソン湾の流氷の上で、(生後数日で)成長しきっていないタテゴトアザラシの悲劇を通じ、地球温暖化の影響を訴えていました。(写真は動物写真家の小原玲さんから提供を受けたものを使っていました。)
立ち止まって説明をうけ、「温暖化の影響を真剣に考えなければ」という人がたくさんいました。
FI75_4Ea.jpg

アジェンダ21すいたは、みどりのカーテン、暮らしのCO2ダイエットの説明と、参加者の募集をしました。
小ホールではアジェンダ21すいた代表の三輪さんが「環境都市吹田を目指して-アジェンダ21すいたの目指すもの」と題した講演をしました。

FI75_5E.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する