2017-08

大木をめぐる散策コース作成中/ 08-09-15

昨年の大木調査の報告書(冊子)を作成中です。
その中で“大木をめぐる散策コース”を検討しています。

9月15日は万博公園(自然文化園)のコースを検討しました。

FI128_1Ea.jpg

FI128_2Ea.jpg
大木をめぐりながら、オミナエシなどの秋の七草も目につきました。
オミナエシの「オミナ」は「美しい女性」の意味だそうですね。

ナンバンギセルはススキなどの根に寄生する生える1年生の植物で、日本全土に分布。 花の形が煙管(きせる)に似ていることから「南蛮煙管」と名がつけられました。

最近紀伊民報に記事が出ていました。

≪秋告げるナンバンギセル 串本や古座川で≫
 串本町や古座川町で、ナンバンギセル(ハマウツボ科)が淡色の花を咲かせ始め、秋の訪れを告げている。
 ススキなどの根に生える1年生の寄生植物で、日本全土に分布。花の形が煙管(きせる)に似ていることから「南蛮煙管」の和名が付いたとされる。
 両町内の土手や、串本町佐部の県道沿いなどに群生する。茎の長さは10センチほど。
 万葉集では「思草(おもいぐさ)」の名前で登場しており、古くから親しまれていた植物だという。
(2008年09月13日)

FI128_3Ea.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する