2018-04

大木調査2017 第70回 / 2018-02-20

調査回 第70回
日時 2018年2月20日(火)9:00~12:00 
調査場所 高野台1丁目、千里山月が丘、千里山東3(関大)、上山手町(民家)、原町3(民家) 
調査参加者 8人 
調査結果 調査11本 合格11本(内2007年大木5本、新規6本) 
コース内2007年大木7本、現存5本、2本見当たらず 
2007年大木No113、374、395~399、 実在せずNo397、398  
 
トピックス
①場所別 
高野台1丁目 2017年に新規住宅建設で入ることができず、調査し残していた場所 
    02高野台コナラの根元 
       高野台コナラの根元
    2007年大木5本の内3本現存、2本は実在せず。新規追加3本あり、5本→6本 
千里山月が丘 大阪学院大学セミナーハウス北側樹林に新規クスノキ1本。 
    前回(11/30)有刺鉄線で囲まれていて調査できなかったが、今回、幹周りを測定できた。 
千里山東3・関大千里山北広場の樹林のコナラ(2007年大木No374)、
    前回7/27調査時スズメバチがいたため調査できなかった。 
    隣にあったアベマキが新規大木となった。 
上山手町民家ヤマモモ(2007年No113)、調査コースから外れていたため、調査が遅れた。 
原町3・民家クロマツ、前回9/20有刺鉄線に囲まれ測定できなかった。今回測定できた。 
 
②樹種別大木数 
コナラ    2007年大木2本、現存2本。新規無し。 
アベマキ   2007年1本+新規1本=計2本 
エノキ    2007年1本+新規1本=計2本 
ヤマモモ   2007年1本、現存 
ポプラ・アラカシ・クスノキ・クロマツ 各新規1本 
  合計    11本 
 
③今日のトピックス 
1)高野台1-5高台(大和谷)根元が浮き上がっているコナラは元気でした。 
  コナラの北側のアベマキの前で、全員集合写真を撮った。 
     03高野台アベマキ前 
  2007年大木2本(アラカシ・アベマキ)が見つからなかった。
    (周辺の新規住宅開発の影響は不明
2)千里山月が丘クスノキ、原町クロマツは有刺鉄線の中にあったが、
  測定できた。新規大木であることを確認。 
3)関大でスズメバチのため測定できなかったコナラ(2007年大木)を測定、
  その横に新規アベマキが見つかった。 
4)その近くの草はらに、ナルトサワギクが群生していた。 
     09 ナルトサワギク群生  
4)上山手民家ヤマモモ、樹形の良い木の前で2回目の全員集合写真を撮った。 
      10上山手町民家ヤマモモ前
5)今日予定のコースは約8Km、当初予定の木をすべて調査することができました。 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sskk97.blog73.fc2.com/tb.php/1091-080886d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する