FC2ブログ

2019-04

長岡京を散策ました / 2019-04-25

NHK2020年大河ドラマ『麒麟がくる』は明智光秀の生涯を描くとのこと。
一足先に明智光秀ゆかりの地、長岡京市を散策しました。
425-01kosenx.jpg 
 天下分け目の合戦場は天王山のふもとの小泉川でした。
円明寺川(現・小泉川)両軍対峙したが、午後4時交戦し1時間半で終息。
現在は京都縦貫高速道路の高架下
425-02himex.jpg 
高速道路の下はヒメボタルの群生地です。
425-03nakayama1x.jpg 
文献上では「長岡京」の存在は知られていました。
昭和29年、高校教諭だった中山修一さんが最初の発掘をしました。
425-04nakayamax.jpg 
長岡京の存在を実証した功労者の旧宅だった記念館で説明を聞きました。
長岡京が10年しか持たなかった原因はいくつかありますが、
(大伴家持の死後半年で発生した藤原種継暗殺事件で大伴家持さんの家が家宅捜査され、彼が集めていた万葉集が発見された・・・とのこと。
長岡京で殺人事件がなかったら・・・・令和もなかった(のかも)。
425-05gara1x.jpg 
勝竜寺城
細川藤孝の居城、忠興・玉(光秀の二女:ガラシア)が新婚生活した。建物は疑似。
425-06statuex.jpg 425-07gara-caslex.jpg
   細川忠興夫妻
425-08kankoux.jpg 425-09kankoux.jpg
長岡天満宮は樹齢150年のキリシマツツジが70mの奥行で満開でした。
425-11allx.jpg 
長岡天満宮で記念撮影しました

スポンサーサイト



市民公益活動補助金交付事業報告会 / 19-04-13

ラコルタで
   190413koueki-2.jpg
H30年度 市民公益活動補助金交付事業報告会がありました。
   190413koueki-1a.jpg
大木調査の結果を掲載した冊子を紹介しました。
   190413koueki-3.jpg   


紫金山みどりの会4月作業日 / 19-04-13

ソメイヨシノとコバノミツバツツジが満開の公園で
190413sigyou.jpg 190413sasa.jpg
   下草の笹を刈りました。
190413koba.jpg 190413tamp.jpg
カンサイタンポポがたくさん咲いています。
190413tent.jpg 190413staff.jpg
青、緑、黄緑、薄ピンク、紫  一年でもっともカラフルな季節です。

市長選 立候補予定者 公開討論会 / 19-04-12

公益社団法人 吹田青年会議所主催で
市長選挙立候補予定者3人による公開討論会がありました。
   190412touron1.jpg 
メイシアター中ホール500人の会場に約半分くらいの聴衆でした。
   190412touron2.jpg
会場からのヤジや声援などはなく、聞きやすい公開討論会でした。

4月自生地のヤマサギソウ / 2019-04-10

3月25日に最初の一株をみつけたヤマサギソウは
yamasagisaa.jpg 
4月になって順調に芽が出てきました。
yamasagis1a.jpg 
2 枚目の葉も出てきています。この日は 24 株見られました。

紫金山はコバノミツバツツジが満開 / 2019-04-07

4月7日の日曜日、紫金山公園は
190407sk-2.jpg 

190407sk-1z.jpg 
その名のとおり「紫色」になりました。


市長選挙 立候補予定者から回答  / 2019-04-03

すいた市民環境会議のほか
紫金山みどりの会、
吹田みどりの会、
吹田自然観察会、
吹田野鳥の会、
吹田ヒメボタルの会などの役員や
大阪府自然環境保全指導員などが2015年に
吹田・生物多様性保全の会を結成しました。
4月後半におこなわれる吹田市長選挙に立候補を表明された
3人の方々に公開アンケートをお送りしました。
その質問と各立候補予定者からの回答を掲載します。(50音順)

えのき内さとしさんの回答(PDF)

後藤圭二さんの回答(PDF)

阪口善雄さんの回答(PDF)

質問本文(PDF)

吹田市の生物多様性保全について

吹田市第2次環境基本計画(改定版)で、望ましい環境像として「みどりと水 光と風 地域からはぐくむ 環境先進都市すいた」があげられ、生物多様性を保全するとあります。 また、吹田市第2次みどりの基本計画(改定版)の基本方針3では「生物多様性を保全し、人と生き物に配慮したみどりのネットワークの形成を進める」とあり、現在あるみどりのネットワーク形成を進めていくとされています。

 しかし、生物多様性の保全に関して、吹田市はこれまで具体的な対策をとってきていません。希少種であるアイナエやヤマサギソウの生育地に近接した草原(国立循環器センター前)が開発され、これらの生育が脅かされています。昨年はアイナエの生育が確認されませんでした。市の保護条例や規制が無いため、これらの保全も市民団体任せになっています。

 以上のような背景の下、下記の質問事項にご回答、よろしくお願いします。

 

1吹田市の生物多様性戦略の策定について、いかがお考えでしょうか?

 吹田市はほとんど開発され、昔からの自然が残っていないと言われていますが、実際にはわずかながら、公園、緑地、水田などとして残存しています。そこで、生物多様性地域戦略を策定し、きめ細かな対策をとらないと本当に無くなってしまいます。

 そこで、この生物多様性地域戦略について、どのようにお考えでしょうか。

 

.吹田市内の特定外来生物について、いかがお考えでしょうか?

吹田市内において特定外来生物であるオオキンケイギク,ナルトサワギク,オオカワヂシャなどが繁茂しています。これに関して、どのような施策をお考えですか?特定外来生物の現状に対するお考えをお聞きします。

 

. 吹田市の緑被率30%を確保するには、どのような手立てをお考えでしょうか?

「吹田市第2次みどりの基本計画」でも、『多くの市民が「気軽に触れ合える自然」を感じる緑被率は30%』と述べられています。

    しかし、吹田市の緑被率は、2004年(26.7%)➡2013年(26.1%)と減少傾向です。

    また、千里ニュータウン・万博・阪大地域の46.6%に比べてJR以南地域8.0%、片山・岸辺地域13.3%とアンバランスな状況です。

このような状態に対し、どのような施策により、緑被率30%を目指そうかとお考えでしょうか。

 

.生産緑地の確保については、どのようにお考えでしょうか?

田圃の存続がピンチです。「生産緑地の2022年問題」が目前に迫っています。しかし、これに関してはすでに国が「特定生産緑地制度」を打ち出したので当面はしのげるようです。その上に立って、

    都市における田圃などの役割をどのようにお考えでしょうか。

    都市での農業を継続するためにどのような施策をお考えでしょうか。

                              以上


紫金山公園のコバノミツバツツジ / 2019-04-01

令和と決まった4月を迎えて紫金山公園は
190401koba-01e.jpg 190401koba-02e.jpg
その名のように紫色に染められてきています。
190401koba-04e.jpg 190401koba-03e.jpg
背が低かったので台風の被害はそれほどでもなかったです。
190401koba-06e.jpg 190401koba-05e.jpg

記事を保存

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する