2016-07

昭和12年(1937年)のヤマサギソウと対面 / 2016-07-10

大阪府では1937年の記録を最後に
「存在しない」とされていたヤマサギソウが70年ぶりに吹田でみつかりました。
160710yamasagi-1.jpg
武田薬品(株)京都薬用植物園で保管されている1937年の標本を見学しました。
160710yamasagi-2.jpg
花の部分を拡大しました。
160710yamasagi-3.jpg
左上の説明です。
160710yamasagi-4.jpg
右下の説明です。

スポンサーサイト

ゴーヤを使ったエコクッキング / 2016-07-07

7月7日(木)10:00~13:00
東佐井寺地区公民館で毎年恒例の
ゴーヤを使ったエコクッキング をしました。
七夕の日。めずらしくいいお天気で、酷暑した。

東佐井寺地区公民館でのゴーヤのエコクッキングは
2007年から始まり、今年 は9回目です。
4月におこなった「みどりのカーテン」講座で植えたゴーヤが実った時のために、
ゴーヤずくしのメニュー、今年はアラカルトです。
題して「夏の味方・ゴーヤの創作料理」
(6名のスタッフを入れて24名)
160707-ec-0.jpg
ゴーヤと鶏肉のカレー炒め(カシューナッツの入ったカレー風味)
ゴーヤの甘酢あえ(ショウガがきいたいくらでも食べられる和え物)
ゴーヤのわたと種のピカタ(ワタも種も捨てません)
パリパリピッツァみどりのカーテン風(おやつに、ビールのおつまみに)
ゴーヤと夏野菜の元気の出るスープ(具だくさんで夏を乗り切る)
ごはん
佃煮(ご飯にピタリ毎年大好評)
ゴーヤジュース(え?ゴーヤが入っているの?)
ほうじ茶
160707-ec-1.jpg
まず、なぜゴーヤのエコクッキングなのか
「みどりのカーテン」を自宅に植えるとなぜいいのか。
ヒートアイランド現象対策なのです。
植物の蒸散作用で太陽熱を少しでも遮ります。
160707-ec-2.jpg
数あるつる性の植物の中でなぜゴーヤなのか
⇒自分で植えて育てる、何をつかっつて育てているかはっきりとわかる
安心安全(農薬を使わなくても育つゴーヤ、有機肥料を選べる)
さらに地産地消(フードマイレージ0)
  160707-ec-3.jpg

食材も、調理行動もエコです

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する