2014-10

西宮散策 / 14-10-31

『西宮まちなみ発見クラブ』のお二人の案内で
西宮北口から甲子園口界隈まで歩きました
『西宮まちなみ発見クラブ』と『NPO法人すいた市民環境会議 まちなみ委員会』との初のコラボ企画です。
141031nm-01color.jpg
阪神大震災後の再開発で作られた西宮北口の南側は建物の色が統一されています。病院も同じ系統の色をしています。
141031nm-05ballpark.jpg
西宮ガーデンズには以前の西宮球場や阪急電車西宮北口駅のジオラマがあります。
阪急神戸線と今津線の平面交差が再現されています。
141031nm-06carba.jpg
JR東海道線をくぐる小さなトンネルがあります。こういう背の低いトンネルのこと「マンボウ トンネル」というそうです。
141031nm-07mukojo.jpg
旧甲子園ホテルは帝国ホテルを設計した建築家フランク・ロイド・ライトの弟子だった遠藤新が設計して昭和5年に建てられました。かつては東の帝国ホテル、西の甲子園ホテルと並び称されました。昭和40年に武庫川学院が譲り受け教育施設として再生したものです。文化庁の登録有形文化財です。
事前に電話で予約すれば見学させてもらえます。この日は東京や京都から来た人を含め19人の見学者がいました。
141031nm-09.jpg
松山大学温山記念会館は松山市文京町にある松山大学の学生宿舎として使われています。
松山大学の前身である松山高等商業学校の創設者の一人、新田長次郎さんの邸宅だったものが1989年松山大学に寄贈されたものです。文化庁の登録有形文化財です。

スポンサーサイト

2014年度 環境楽座④ / 14-10-30

第四回環境楽座の講師は
兵庫県立人と自然の博物館主任研究員の
橋本佳延さん
お題は「草原保全に必要なコト」

141030hashimoto-03.jpg 141030hashimoto-01.jpg
神戸市と芦屋市にまたがる東お多福山の草原を復活再生させる運動にかかわっているお話。
兵庫県内では草原の面積は1.2%足らず。その中で東お多福山の草原には希少な生態系をなしています。
141030hashimoto-04.jpg 141030hashimoto-06.jpg
 活動は(個人参加ではなく)複数の団体が団体として参加しています。
141030hashimoto-05.jpg 141030hashimoto-07.jpg

141030hashimoto-02.jpg 141030hashimoto-08.jpg
草原を保全するには毎年草刈り作業は欠かせません。持続する組織運営、人材確保が永遠の課題となっています。



2014年度 環境楽座③ / 14-10-23

第三回環境楽座の講師は
吹田市環境影響評価審査会委員で
関西大学教授の
吉田宗弘さん
お題は「草地とチョウ」

141023yoshi01.jpg 141023yoshi02.jpg

141023yoshi06a.jpg 141023yoshi05a.jpg
多くのチョウは草原で生きているので草原がなくなると生きられなくなります。
141023yoshi03.jpg
昔は食材、燃料、屋根の材料、肥料などを得る場所だった草原を、こんにち維持していくことは容易ではありません。






2014年度 環境楽座② / 14-10-16

第二回の環境楽座の講師は
吹田市環境審議会委員長で
大阪府立大学大学院教授の
上甫木(かみほぎ)昭春さん
お題は「ニュータウンにおける草地の保全」

上甫木PA167548ab 上甫木PA167473a
上甫木さんは以前に兵庫県立人と自然の博物館(ひとはく)にお勤めでした。
ひとはくのあるフラワータウンにある緑地=孤立した林について自然生態学的側面と
人とのかかわり=生活系側面から16の孤立林を分析したお話から始まりました。
141016KAMIHOGI-01a.jpg 上甫木PA167651a
同じ考え方で草地のあり方を考察し、最後に屋上緑化の効果を蝶々とトンボの出現数で示してくださいました。
上甫木PA167708a  上甫木PA167807a


詳しくはこちら


紫金山みどりの会10月作業日 / 14-10-11

今月は野草園の草刈りをしました。
141011sikinzan002.jpg 141011sikinzan003.jpg
たわわに実った柿を採集しました。

141011shiki1.jpg

今年度の環境楽座が開講しました / 14-10-09

今年度第一回の環境楽座の講師は
大阪市立自然史博物館学芸員の
横川昌史さん

141009rakuza1-01.jpg 
「半自然草原ってな~に?」というタイトルでした。
「草原はどういう気候帯にできるの?」という説明から始まりました。
141009rakuza1-03sekai.jpg 141009-sanshu.jpg
木が生えることのできない=草しか生えない気候として
シベリア北部など北極海沿岸のツンドラ、モンゴルのステップ、アフリカのサバンナ
などがありますが、日本のような暖かくて雨の多い地域では自然の草原はできません。

気候的に日本の植生は森林ですが日本には3種類の草原があります。
(1)高い山の頂上付近で風が強い場所や海岸近くの砂浜などの自然草原
(2)カヤ場、採草、野焼きなど半自然草地
(3)ゴルフ場や放牧地など人工的な草地。
141009rakuza1-04shokusei.jpg 141009rakuza1-05yamasagi.jpg
ところが都会の真ん中、吹田市内にもちっちゃな草原がありました。年に2回の草刈りをしている区域です。
141009rakuza1-06seitaka.jpg 141009-20.jpg
調べると1ヘクタールに満たない地区に104種類の植物が生え外来種が2割程度という信じられない状態の場所です。
ところが同じように草刈りをしている地域でもセイタカアワダチソウのような外来種が占有している場所があります。。

141009rakuza1-02.jpg

141009rakuza1-07tokuchou.jpg 141009rakuza1-08matome.jpg
北千里の草地はニュータウン建設以来40年以上毎年2回の草刈りが続けられた場所です。
このようなところでも、里地でさえ消えつつある草原の植物が生きていました。
全国的にもきわめて珍しいケースだということがわかりました。


詳しくはこちら


«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する