2013-03

紫金山の清掃活動 / 13-03-30

サクラもコバノミツバツツジも八分咲きの紫金山公園で吹田自然観察会が
恒例の清掃活動をしました。
朝一番、打合せの背後は見ごろのソメイヨシノ
130330skk1.jpg

まさに“紫”金山 です。
130330skk2a.jpg   130330skk3a.jpg

全山が紫色に染まった園内からかなりの量のごみを回収しました。
130330skk4.jpg  130330skk5.jpg
ごみを集めながら、この季節に見られるめずらしいアミガサタケをみつけました。
130330skk8.jpg

近くではツクシとサクラが同時にみられました。遠景は紫金山公園です。

130330skk9.jpg
スポンサーサイト

マツグミを回収 / 13-03-13

マツグミは関東地方以西の本州・四国・九州に分布する常緑樹で、
アカマツ・モミ・ツガなどのマツ科の樹木に寄生する宿り木です。
130314matsugumi1.jpg 
国立循環器病研究センター正面玄関前に草原があります。
以前ここは北千里から箕面へと阪急電車が延伸する予定だった土地ですが、その計画が消えて現在は大阪府が管理しています。すいた市民環境会議はこの場所で草原の植物観察会を定期的におこなってきました。
130314matsugumi5.jpg 

その流れの中でここにあるアカマツにマツグミというヤドリギ(宿木)があることにきづきました。
いろいろ調べたところ
吹田市内で松に宿り木ができているのはこの木だけだとわかってきました。
毎年観察会の人気者でした。
130314matsugumi3.jpg  130314matsugumi4.jpg
マツグミが生える部分とマツグミの実(右端)


ところが最近になって
このアカマツを含めて3本の木が枯れかかってきたので倒木の危険性もあり大阪府が伐採することになりました。
貴重な宿り木(マツグミ)を標本にしたいので許可を得て3月14日伐採に立ちあいました。
130314matsugumi2.jpg

伐採されたアカマツの年輪は38~39年程度、地上20cmで幹回り1.7mほどの木でした。

復興支援チャリティイベント@JR吹田駅前

2013年03月10日
311の前日、JR吹田駅前で11時から復興支援チャリティイベントが始まりました。
すいた市民環境会議も参画しています。

開幕のあいさつをする(復興支援すいた市民会議の)谷川会長と井上市長です。
130310thanks1.jpg 130310thanks2.jpg
井上市長に「おのくん」のいわれを説明したら、よろこんで里親になってくださいました。その後も「おのくん」を知らない人が多く、説明すると必ず里親になってくださいました。午後1時までに用意した50体の「おのくん」はすべて里親に引き取られていきました。
130310thanks3.jpg
「おのくん」ブースではもちろん、ずんだ餅の入ったパン、手づくりクッキーなどのブースでも来場者との会話がはずんでいました。
すいた市民環境会議は「カブトムシの幼虫」を提供しました。

130310thanks4.jpg
特設ステージでは午後1時から東日本大震災復興支援「吹田の風プロジェクト」のみなさんの演奏がつづきました。

130310thanks5.jpg
社会福祉協議会所属の多くのボランティアが芋煮をふるまいました。ふだんはベンチになっている場所が非常時にかまどになります。防災訓練をかねてベンチで芋煮をたきました。ふだんは経験しない300人ぶんの芋煮をつくりました。とってもおいしかったです  \(^o^)/

チャリティイベントの準備 / 13-03-09

NPO法人・吹田まちづくり協議会の事務所をお借りして
明日の東日本大震災復興支援チャリティの準備をしました。
130309jumbi2.jpg  
吹田市内の多数のボランティア団体が参画しています。
300食の「いも煮」の仕込みはすごい量の野菜、お肉です。
ニンジンや里芋の皮むきもスゴイ量で8人のお母さん達が12時から16時まで
洗う! むく! 切る! ちぎる! 煮る!大奮闘でした。
130309jumbi1.jpg
横断幕や募金箱づくりも3時間かけて完成しました。

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する