2012-12

市役所玄関に門松 / 12-12-23

12月23日天皇誕生日の午後、千里竹の会のメンバーが札場造園の社長の指揮のもと、
市役所玄関に門松をかざりました。
午後1時から3時半まで2時間半の作業でした。
121223 6
作業は数日前から始まっていました。

121223 kado1
①鉢に竹で作った飾りを巻きつけ ②左の松は雄松と呼ばれクロマツ。その枝ぶりをみながら社長の正面を決めて ③さらに三本の竹の位置を決める
 121223 kado2
④この間に右の鉢をセット
121223 kado3
⑤松と竹の位置が決まると土嚢の砂を鉢に投入 ⑥重要な飾りつけは社長みずからが ⑦ナンテンの配置が絶妙
121223 kado4
⑨奥:手前が雄松、奥(向かって右)が雌松。これが本式の門松
121223 kado5
全員そろって、いい年がくることを祈りました。
スポンサーサイト

クラフト講座 / 12-12-22

12月22日 藤白台5丁目、千里北公園にある自然体験交流センター(わくわくの郷)で吹田こども・夢・未来協会主催の探検隊12月の行事で身近な材料を使ったリースづくりをしました。
すいた市民環境会議は材料提供と指導をしました。
千里北公園で、リースの輪となるクズを集めました。

121222craft1.jpg
お昼ごはんは子どもたちが持ってきた材料を使って
材料を洗って、切って、火をおこすことから始めました。
ヤミ鍋をしました。
食後は食器を洗いました。
121222craft2.jpg
食後は食器を洗いました。

午後、リースづくりの本番でした。
各自が自分のクリスマスリースを作って持ち帰りました。
121222craft3.jpg

木の実と野鳥 / 12-12-20

12月20日万博公園で木の実と野鳥の観察会をしました
121220ex-kurogane.jpg

冬は落葉樹の葉が落ちて見通しがよくなり木の実が見やすく、冬鳥が北国から渡来していて野鳥の種数、個体数が多いので木の実と野鳥との関係が観察しやすい季節です。

野鳥が木の実を食べるのは次の二つの理由のどちらかです。
液果=色のついた実:植物側が鳥に実を食べて運んでもらいたい。木が鳥を待っている。
乾果:種子分散の手段を持ってるので鳥に食べられては困る実
121220ex-fruits.jpg
木は種を分散させるため
1)風に運ばせる(翼をもつ、長い毛をもつ、軽くする)
2)鳥に食べて運んでもらう。そのため熟すまでは目立たない色をしている
3)鳥以外に運んでもらう(動物に食べられたる、毛にくっついて運んでもらう。水の流れに乗る)

121220ex-yusuri.jpg
動物性蛋白としてマンホールから出てくるユスリカをセキレイの仲間やカラスが食べています。

121220ex-all.jpg

第5回吹田くわい祭り / 12-12-09

12月9日am11時から泉殿宮で
第5回吹田くわい祭りが開かれました。
スイタクワイや野菜売り場には長蛇の列。スイタクワイはすぐに売り切れました。
FM千里が生レポートしていました。
121209kuwai1.jpg  
121209kuwai2.jpg  121209suiku.jpg

宮司の宮脇さんがすいたんと平野さんのツーショットを撮影していました。


産経新聞から2012.12.9
甘い吹田くわい20キロ 市民ら収穫 きょう朝市で販売 大阪
 正月のおせち料理に使われるなにわの伝統野菜「吹田くわい」の収穫作業が8日、吹田市江坂町の平野農園で行われ、ボランティアで参加した大阪学院大学(同市岸部南)の学生や市民ら20人が畑に入り、約20キロを掘り出した。
 吹田くわいは、こぶりでえぐみ(アク)が少なく、栗のような甘さが特徴で、古くから吹田で栽培。江戸時代には、京都御所にも献上されていたとされるが戦後、都市化が進み、すたれていた。この「幻の野菜」を復活させようと、平野紘一さん(72)ら市内の農業者や市民団体が市などの後押しで栽培を進めている。
 この日収穫された「吹田くわい」は9日午前11時から、阪急吹田駅東側の泉殿宮境内で開かれる第5回「吹田くわい祭り」の朝市で販売される。また、吹田くわい料理の披露や、落語、紙芝居などのイベントが行われる。


テントの中ではキオナさんの紙芝居と笑福亭呂好さん(写真上)と笑福亭瓶太さんの落語がありました。
121209kuwai3.jpg

これに先立ち、吹田くわい関係者が神社拝殿にのぼり、お祓いと祈祷をうけました。
121209kuwai4.jpg
すいたんも参列しました。


紫金山みどりの会12月作業日 / 12-12-08

≪12月紫金山みどりの会の里山管理作業≫
先月同様紫金山公園の南東部にある虫の森ゾーンで常緑樹の伐採をしました。
121208yama3.jpg
伐採した木を集積する場所も作りました。
121208yama2.jpg
お昼はブタ汁。何杯たべても100円!
121208yama4.jpg


一方、博物館近くのアカマツの木が枯れたので切除しました。

121208yama1.jpg





浜屋敷でもちつき / 12-12-08

12月8日、浜屋敷で餅つきがありました。
121208hamay1.jpg 121208hamay2.jpg
大勢が参加しました。



ヒメボタル生息地クリーン大作戦 / 12-12-01

12月1日(土)9:30から
吹田ヒメボタルの会・西山田ヒメボタルの会
・NPO法人吹田みどりの会の共催、
吹田市緑化公園室・西山田ふらっとサロン
・西山田地区公民館の協力で
ヒメボタル生息地クリーン大作戦をしました。


1980年ころ、この場所が開発される前から毎年多くの実をつけていた柿の木が
とうとう枯死しました(写真左下)。
121201seiso1.jpg


林内の百葉箱では通年で気温、湿度、地中温を計測しています。
きょうはそのデータを回収しました。
121201seiso2.jpg

年を追うごとにごみの量が減ってきています。

121201seiso.jpg

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する