2011-12

万博公園木の実と鳥の観察会 / 11-12-25

12月25日万博公園で木の実と鳥の観察会をしました。
時間的に多くの鳥には逢えなかったので
木の実中心の観察会となりました。


1.今日の資料は、今食べごろの木の実を中心とする写真集(70枚)でした。

参加者には大学教授のTさんご夫妻、O協会の樹木観察会リーダーN氏、S学習館のYさん、
そしてすいた市民環境会議メンバーも生きものには一家言ある人たち(T氏、K氏、A氏、Kさん)、
そして、まちなみ散策会常連のF氏など
参加者と担当リーダーをしてもらった方が良いと思われるような豪華メンバーに囲まれました。    
(集合写真をとらず残念)。   
111225万博観察会落ちていたエノキを拾う  111225色鮮やかなサンシュユの赤い実


2.といっても今日はリーダー役、とにかく木の実を食べて実感してもらうことにしました。  
そのために、リーダーが食べて毒のないことをお見せした後、皆さんに10種以上の木の実を食べてもらいました。   
111225ケヤキの実を味わう


3.今まで万博にあることを知らなかった植物2種が新しく確認できました。   
この季節、大阪近郊のハイキング道で枯れ葉のついている木に出会ったらヤマコウバシです。  
そのヤマコウバシが上津道の梅林近くの水路沿いに3本ほどあったので、植栽されたと推定されます。   
111225ヤマコウバシヤマコウバシ


4.もう一種は、前々回の9月に「万博の森づくり(ギャップ)観察会」の下見で見つけたものの、
種名がわからなかった木です。  
今回の下見でつぼみがついていたのでイズセンリョウと推定し、T教授に確認してもらいました。  
万博では植生を変えるためギャップに他所(多分彩都?)から里山の土壌を持ってきています。
その土の中に種子があって発芽したと思われます。   
20111225万博観察会イズセンリョウ (1)イズセンリョウ


5.寒かったものの日差しがあり、贅沢メンバーでメタセコイヤなど外国産針葉樹の紅葉を楽しみ、
降り積もった落ち葉を踏みしめるの観察会、あっという間の2時間半でした。
  
20111225万博観察会美しいメタセコイアとヌマスギの紅葉 (1)  111225枯葉を踏
 
スポンサーサイト

NPO法人市民ネットすいた 設立記念フォーラム / 11-12-11

山田の夢未来館で
NPO法人市民ネットすいた 設立記念フォーラムがあり
山崎亮さんが『地域をデザインする』という講演をしました。

111211chiiki.jpg
『地域をデザインする』=「コミュニティデザイン」という単語は千里ニュータウン建設の時代から登場した言葉。当時はハードづくりを意味する単語でした。1980年代からは「住民参加」しつつハードづくりという考え方でした。2000年ころからは「コミュニティデザイン」という単語はハードを作るという意味を含まなくなってきました。

地域といっても山崎さんの手がけた地域は5世帯9人という集落から、横浜市のように400万人レベルまでさまざま。
地域にいる「ただ≪無料≫でも踊りたい。歌いたい」という人々に舞台を提供するという手法で地域の活性化のおはなしでした。その仕掛け、仕組みをたっぷりお話してくださいました。

第二部
千里山元気!プロジェクト実行委員会代表の上田陽一氏、吹田市社会福祉協議会地域福祉課長の広田倫久氏、NPO法人市民ネット吹田副理事長の長谷川美津代さんがパネラーとなってパネルディスカッション。

第二部も同様の内容のお話がつづきました。中間支援組織の役割をたっぷりと聞かされた2時間でした。

第4回吹田くわい祭り / 11-12-11

第4回吹田くわい祭りが泉殿宮境内で開かれました
111210suku1.jpg

吹田慈姑保存会、野菜市、くわい料理のブース、音楽紙芝居などのテントがあります。
111210suku4.jpg   111210suku3.jpg
111210suku2.jpg
音楽紙芝居のテントでは午前11時から黄金バットが演じられてました。




午前11時からの音楽紙芝居では黄金バットが演じられてました。
吹田くわいの入った赤飯とコロッケで昼食なう。
吹田くわい祭りには欠かせない冨澤さん、鎌苅さん、平野さん、中江さんと一緒に写真撮影しました

クリスマスリースづくり / 11-12-10

千里北公園にある「わくわくの郷(自然体験交流センターの愛称)」で
リースづくりをしました。
111210sakuhin2.jpg

たくさんの子どもたちも熱心にクリスマスリースをつくりました。
111210sakuhin1.jpg

材料は身近な自然から集めてきたものばかりです。

111210sakuhin3.jpg

紫金山みどりの会 12月の活動 / 11-12-10

今シーズン3回目の紫金山みどりの会の作業日。
1班は松枯れしたアカマツの伐採、解体、運び出しの作業をしました。
111210yama.jpg
紫金山公園内で4本のアカマツが枯れていました。
(対象となった4本目は上の写真の範囲外にあります)
111210sagyo1.jpg 111210sagyo3.jpg
その4本を除去しました。断面に青っぽい色のシミが見えました。何を意味するのかわかりません。
最大のものは年輪が48本読めました。他のアカマツも40本以上の年輪を数えました。
111210sagyo2.jpg

2班は先月作業した野草園に隣接する竹林の竹を伐採をしました。

111210sagyo4.jpg

天然記念物の看板 / 11-12-05

写真は、高町池の千里高校側(高町池の奥の区域Eに入るところ)に建てられた看板です。
今年、緑化公園室が制作し、ヒメボタル調査期間中「区域E」に掲示したモノと同じ文面です。
今のところ緑地で一か所だけですが、天然記念物指定について、はじめて具体的な動きがありました。

1112kamb.jpg

NPO法人市民ネットすいた 設立記念フォーラム案内

今年9月にNPO法人となった
「市民ネットすいた」が
12月11日山田で設立フォーラムを開きます。
111211cns.jpg

この団体は吹田市内のボランティアや市民活動、自治会活動などの市民公益活動を専門的な立場から支援し、各団体の健全な発展を図り、結果として住みよい市民社会づくりをしようという目的でつくられたものです。

ヒメボタル生息地クリーン大作戦 / 11-12-03

12月3日(土)9:30から
吹田ヒメボタルの会・西山田ヒメボタルの会・NPO法人吹田みどりの会の共催、
吹田市緑化公園室・西山田ふらっとサロン・西山田地区公民館の協力で
ヒメボタル生息地クリーン大作戦がありました。

111203himebo2.jpg  111203himebo3.jpg

「終日雨」の予報はみごとに外れて雲間から青空もみえるいい天気になりました。
021123 ahagi
アレチヌスビトハギがいっぱいくっついてきました。
111203himebo4.jpg  111203himebo5.jpg
あつめたごみを前にして記念撮影です。そのあと西山田ヒメボタルの会の人がヒメボタルの一生を紹介する紙芝居の上演をしました。

991127az.jpg 021123az.jpg
左は1999年、右は2002年の記念写真です。1999年からはじめたこのクリーン大作戦のおかげでヒメボタル生息地に投棄されるごみの量は毎年減ってきています。
111203hime30.jpg

協力していただいた西山田公民館のキャラの名前が先日「ほっぽちゃん」と決まりました。「蛍のホ」「ホッとできるのホ」と西山田地域にぴったりのネーミング!のびのびと育てたいと思っておりますとのことです。


111203himekuri.jpg


«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する