2010-09

毎日放送跡地・星が池の様子 / 10-09-29

9月29日の現場を見に行きました。
ここにマンション群ができます。太陽の塔の右むこうに循環器病研究センター、左に箕面市如意谷団地が見えてます。
100929mbs1.jpg

星が池の横に道ができるようです。双眼鏡で見るとシロバナサクラタデが咲いていました。
100929mbs2.jpg

ルネシーズンズとの交差点にあるこのアキニレは道路に歩道を作るため切られる予定です。
100929mbs3.jpg

星が池から毎日放送の正門に向かう左側の桜並木のうち、道路に覆いかぶさっている枝は(吹田市道路管理課の指導で)切る必要があるとのことでした。(今までは私道であったが今後は公道になるため。)

100929mbs4.jpg

スポンサーサイト

毎日放送跡地・星が池の様子 / 10-09-21

9月21日の現場を見に行きました。
残された自然環境の保全に細心の配慮を願いたいところです。

100921 ike2  100921 ike1

毎日放送跡地・星が池の様子 / 10-09-18

毎日放送千里丘放送センター跡地(吹田市千里丘北)が宅地化されています。
星が池の景色が一変しました。

今年7月と9月の景色↓
1009hosi2.jpg  1009hosi1.jpg

開発の場所 
(仮称)吹田千里丘計画に係る環境影響評価準備書に対する市長の準備意見書より
1009hosi4.jpg

上の赤線の場所をBingマップとGoogleマップでみると
1009hosi3.jpg
 
環境影響評価報告書にしたがって工事がおこなわれているか注視していきましょう。

第4回いきいき吹田みどりの基本計画改定市民懇談会 / 10-09-17

9月17日(金)18時半から千里市民センターで第4回いきいき吹田みどりの基本計画改定市民懇談会がありました。
100917mkk1.jpg

すいた市民環境会議は会長が提案をしました

100917mkk3.jpg  100917mkk2.jpg

浜屋敷・民博夜話 / 10-09-16

9月16日(木)午後6時半から国立民族学博物館民族文化研究部教授の
中牧弘允(なかまき ひろちか)教授と座敷で車座になって
「大阪万博と上海万博~都市文化の未来をさぐる~」のお話を聞きました。

100916mpy4.jpg  100916mpy1.jpg

上海万博の写真を見ながら、大阪万博をふりかえってみました。
上海万博の中国館は会場の中心にあり、マカオ・香港・台湾館を両脇にしたがえています。
大阪万博での日本館は会場のすみの方にひかえめに建てられていました。
100916mpy3.jpg  100916mpy2.jpg

上海万博では都市庭園はつくられていますが大阪万博で見られた日本庭園の考え方は見られません。


阪急電鉄正雀工場見学 / 10-09-09

吹田市は
JR、阪急、北大阪鉄道、大阪モノレール、大阪地下鉄が走り、
しかもそれぞれの車両基地(車庫・工場)もあるという鉄道のまち’でもあります

今回は阪急電鉄正雀工場を見学しました。
100909shako00.jpg  100909shako001.jpg


正雀駅に隣接した正雀車庫のほかに阪急電鉄には西宮車庫(西宮北口駅東)、平井車庫(雲雀丘花屋敷駅西)、桂車庫(桂駅北)の車庫がありますが、正雀車庫には工場もあります。
車庫と工場とで10万平米の敷地がありそのうち工場は6.1万平米だそうです。
都市交通本部技術部車両課管理係の田中さんと中野さんに工場内を案内していただきました。

阪急電車は京都線、神戸線、宝塚線と千里線などの支線をあわせると全長140.8kmを走っています。その間を走る1,319両の車両の検査、洗浄、塗装を正雀工場でおこなっています。
取りはずされた発電機や車輪は目の前にするとずいぶん大きなものです。
車輪は直径760mmのものと860mmのものがあり、最近の車両は860mmになっています。
100909shako03.jpg  100909shako01.jpg

車両は4年あるいは60万km走行すると重要検査がおこなわれます。
そのほか3か月ごと、10日ごとにも定期検査があります。
4日ごとに車両の薬剤洗浄もおこなわれています。
車体の塗装は全自動で約1時間で1両の外壁塗装ができるそうです。
100909shako04.jpg  100909shako05.jpg

余禄
---京都線と神戸・宝塚線---
京阪電気鉄道と箕面有馬電気軌道といった各々の沿革がちがうので京都線とそれ以外では車両の大きさが微妙に違っています。たとえば
9000系(神戸・宝塚線)の車体長:18400mm・車体幅:2730mm
9300系(京都線)の車体長:18300mm・車体幅:2780mm
京都線の車両は5cm広いので神戸線に乗り入れることはできません。(駅を削ってしまいます)
そのため次に書きますように車両番号も区別されています。

---電車の車両番号---
阪急電鉄の形式番号は1980年代に廃車された810系以後は全車4桁になっています。
4桁のうち
千の位は車両形式の系列を示し、1から9まであり、番号が大きいほど新しい形式車両です。
百の位が3・4・8・9は京都線の車両。0・1・2・5・6・7は神戸線、宝塚線用です。
  (ただし百の位の2・7は試作車や特別車両用で普段は見られません)
十の位が0から4はモーターがついてる電動車で、
      5から9はモーターがない付随車と呼ばれる車両です。
一の位は製造番号の順番でつけられ、0からはじまります。



カブトムシの幼虫 / 10-09-07

市内、山田在住のOさんから
「カブトムシの幼虫が増えて困ってる」との知らせを受け、
引き取って市内某所で越冬させます。70匹以上いました。
8日には台風の雨が期待できるということで7日に作業しました。

100907kabu.jpg

紫金山みどりの会/活動事前調査 / 10-09-04

来月、10月9日から今年度の活動がはじまります。
今年の作業が必要な場所を決るために現場を見てまわりました。

100904smkc4.jpg

陶芸の里(工房)ゾーンから虫の森ゾーンをみると常緑樹が増えてきて森が暗いです。
100904smkc1.jpg

吹田の里ゾーンの上池にはすでに砂がたまりはじめてます。いずれ底の掃除が必要になるでしょう。
100904smkc3.jpg

陶芸の里(工房)ゾーンのセンダンの木にツクツクボウシの抜け殻がありました。

100904smkc2.jpg

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する