2009-03

千里山探訪(詳細) / 09-03-31

公団の建替え事業が来年始まる千里山団地と
大正時代のニュータウン千里山西住宅街を探訪しました。

これを機会に千里山のことを紹介します。皆さんも訪れてみませんか。
今サクラが満開で散策には一番の季節です。

千里山西では、まちのシンボル「千里山第一噴水」(写真左)、と国登録文化財の「千里寺」、「千里山神社」、「千里山キリスト教会」、国登録文化財の「岡田家住宅」(写真右)を訪問しました。
senriyama331-1q.jpg    senriyama331-7-okaq.jpg

千里山西住宅の開発は大正9年(1920年)の「大阪住宅経営株式会社の設立から始まりました。後に関西大学学長になった大阪商工会議所会頭の山岡順太郎が会議所のメンバーなどに呼びかけ設立しました。来年は90周年にあたります。

千里山団地は昭和32年に入居が始まった、団地のさきがけです。丘陵の地形を生かし49棟1,049戸が建設されました。高度成長期の初めでした。緑に包まれた公園内にあるような居住区間は憧れの的でした。
senriyama331-S37danchiq.jpg
 団地内にはサクラが多く植えられ、特に虹ヶ丘のサクラは「大阪まちなみ百景」「吹田風物100選」「大阪ミュージアム」に選定されています。
 senriyama331-6q.jpg  senriyama331-3qaa_20090403201641.jpg
 団地内の分譲住宅は既に半数以上立替が済んでいます。来年から賃貸部分の立替工事が始まります。
 公団の立替を機会に千里山駅東のまちづくりを市民・事業者・行政が協働して検討しようと「千里山駅周辺まちづくり懇談会」が2005年7月スタートし、2007年2月「まちづくり提案書(駅前空間編)、2009年3月「千里山団地区域再生への提案―市民の想い―」が吹田市長へ提出されました。
 どんなまちになるか、どんなまちがしたいか、是非皆様も懇談会へ参加してください。
 「地形を生かした千里山らしいまちなみを」、「ポンプ広場は残したい」(写真左)、
 「千里山星が丘の星型住宅は残したい」(写真右)
  ―――懇談会参加者のこんな想いが提案書にこめられています。

senriyama331-5q.jpg senriyama331-4q.jpg
スポンサーサイト

千里山探訪(速報) / 09-03-31

再生事業が計画されている千里山団地や
千里山駅周辺のサクラの名所を訪ねました。


090331-2a.jpg
サクラはまだ三分咲きでしたが、花(ガク)ごと落下しているものが毎年増えてきているように感じます。
sakura2a.jpg
これは鳥が花の顎筒を横からついばむためだろうと考えられています。
sakura1.jpg
岡山理科大学 総合情報学部 生物地球システム学科のホームページでは
『このような行動は、昔からの習慣ではなく、都会にソメイヨシノがたくさん植栽されたことによって開発された新しい食習慣(文化)であるとすれば、おもしろい。』と書いてます。

紫金山の清掃活動とコバノミツバツツジの花見 / 09-03-28

吹田自然観察会主催で恒例の紫金山の清掃活動とコバノミツバツツジの花見がありました。
gomi1a.jpg

大人17人とこども5人が参加しました。
ごみを拾っていると、アミガサタケを発見しました。
 gomi2a_20090328133316.jpg

このキノコは春先に人家の庭や芝生などによく生えることもある。日本ではほとんど見向きもされないがフランスでは一流の食用キノコであり、乾燥品も売られている。食用で、肉質はもろいが、ゆでると弾力が出てしこしことした歯触りがある。バターを使ってじっくり煮込む料理に合う。日本産のものはフランス産のものと比べると香りが弱いと云われている。(Wikipedia)

コバミツがちらほら咲き始めていました。
gomi4a.jpg

緑化公園室主催の「ぶらっと吹田」の一行が吉志部神社から紫金山公園を通りかかりました。
gomi3a.jpg

山に捨てられていたごみの量は年々少なくなっているようです。
ただ、犬の糞が入った多量のレジ袋が捨ててありました。犬を飼う人の散歩のマナーが問われます。

gomi5a.jpg
(吹田自然観察会提供)

小路新池 / 09-03-23

吉志部神社鳥居の西にある小路新池の水が抜かれています。
shouji2.jpg
これは紫金山風土記の丘計画に基づき、
4月からの新年度にこの小路新池を親水性のある池に改修するための第一段階の工事です。

鉄道のまち吹田には電車の巣がたくさん

吹田市には
JR東海道線、
阪急京都線、
阪急千里線、
大阪市営地下鉄御堂筋線、
北大阪急行、
大阪高速鉄道モノレール線・彩都線の7路線があります。

そして市内には14の駅があり、
これは市域面積あたりでは全国平均の約16倍、大阪府平均の1.6倍になります。

                                  (吹田市第2次環境基本計画より)
ただ、電車が走っているだけでなく、電車の“ねぐら”もたくさんあるのです。
◎大阪モノレールの車庫(吹田市千里万博公園)
monorail-1.jpg

◎大阪市営地下鉄の車庫・東吹田検車場(吹田市南正雀)
subway-1.jpg

◎北大阪急行の桃山台車庫(吹田市桃山台)
kitaoosaka-1.jpg

◎阪急電車の車庫・阪急正雀工場(正雀駅/摂津市)
hankyu-1.jpg

◎JR吹田工場及び車両基地(吹田市目俵町)
JR1-1.jpg       JR2-1.jpg

さらに片山町にはJR研修所やJR訓練所もあります。
jrk1-1.jpg    jrk2-1.jpg    jrk3-1.jpg

紫金山みどりの会/2009年3月の作業 / 09-03-21

今年度最後の作業日でした。
1班は林床整備のひとつとして遊歩道の階段の補修作業。
0903shiki1a.jpg


2班は来年度に作られる岸部方面から博物館への遊歩道予定地の常緑樹を伐採して道を明るくする作業。
0903shiki2a.jpg

吉志部神社前を通る市道に交差する府道の工事が始まりました。遠い将来は博物館前を通過して五月が丘から佐井寺に通じる道です。
0903shiki3a.jpg

片山公園のミモザ / 09-03-21

片山公園のミモザが満開です。
090321mimoza1a.jpg
          090321mimoza2a.jpg
                    090321mimoza3a.jpg
                              090321mimoza4a.jpg

春の野草・ケーブル取材 / 09-03-18

3月18日(水)9時半から千里北公園で、「春の野草」をテーマとした吹田ケーブルテレビの取材があり、すいた市民環境会議が協力しました。
catv1a.jpg
もう、ツクシがたくさん出てます。

市民リポーターの山本貴恵さんと公園にある野草を観察しながら、食べられる野草を採りました。
catv2a.jpg

午後からは公民館に行き、採った野草を料理し試食していただきました。
天ぷらと、ノビルの酢味噌和えが好評でした。

3月27日(金)から一週間(9,12,15,18,21時の5回)吹田ケーブルテレビで放映されます

コバノミツバツツジ / 09-03-18

一気に春が来たような陽気の3月18日、紫金山公園のコバノミツバツツジが咲きはじめました。
kobami1a.jpg        kobami2a.jpg
                 コバノミツバツツジの特徴は・・・雄しべが10本

お知らせ ふたつ / 09-03-10

【1】千里山探訪の参加者を募集しています。
再生事業が計画されている千里山団地や千里山駅周辺のサクラの名所を訪ねます。
・日時:3月31日(火)9:30 千里山駅西改札前集合 (解散 12:00頃 同駅)
・参加費:会員 200円 非会員 300円(申込み:大越 TEL 090-7768-5423)

【2】まちなみ探検隊の参加者を募集しています。
まちなみ委員会が発足、まちなみ散策をスタートさせて10年、再度市内を隈なく歩き、市内の記録をとり、1年かけてあルック吹田や散策資料の見直しをおこないます。
そのための探検隊を発足させます。
FI170_2E.jpg

・企画・編集会議:月1回 第一火曜日13:30~ (第1回は2月3日(火)浜屋敷で実施)
・まちなみ探検:月2回 第一土曜日・第三火曜日9:30~ 
・参加希望者は岡村 TEL/FAX 06-6871-5216 まで

探検隊は浜屋敷まち案内人や
ぶらっと吹田のメンバーにも参加を呼びかけています。

まちづくり市民塾活動発表会/ 09-03-08

8日(日)午前10時半からメイシアターで
まちづくり市民塾の活動発表会があり
過去2年に採用された塾の活動が報告されました。


H19年と20年に採用されたおのおの4つの塾が発表しました。
里の竹やぶ文化塾≪塾長:神谷氏≫H19採用塾
水辺塾≪塾長:彦坂氏≫H19採用塾
juku6a.jpg

ピンクリボン塾≪塾長:御前(ごぜん)氏≫H19採用塾
みんなのまちづくり吹田塾≪塾長:鎌苅(かまかり)氏≫H19採用塾
juku3.jpg

エコおもちゃ作り市民塾≪塾長:小川氏≫H20採用塾
禁煙サポート隊養成塾≪塾長:内海氏≫H20採用塾
juku4.jpg

ノーマライズスポーツ塾≪塾長:鳥居氏≫H20採用塾
吹田イラストレーター育成塾≪塾長:玉置氏≫H20採用塾
juku5.jpg

運営委員会委員長の宗田好史さんは吹田の市民活動、市民参画は着実に成長していると評価しました。

juku1a.jpg

浜屋敷のおひなさま / 09-03-03

3月3日ひなまつり。
浜屋敷で和服姿でおひなさまを愛でつつ昼食をとる催しがありました。


hamahina1a.jpg
        hamahina2a.jpg
                hamahina3a.jpg
                        hamahina4a.jpg
 食事の会場にあるのは“つるし雛”といって、こどもの健やかな成長を祈り、節句飾りをより華やかに引き立てるものとして古くは江戸時代から作られていました。
 また、豪華な段飾りの代わりにと、祖母が着物のはぎれで孫の初節句にひと針ひと針願いを込めて作りました。つるされたはぎれのぬいぐるみには、一つ一つに子や孫を思う「親心」が込められています。


«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する