2008-12

2009年6月20日(土)「第12回 ヒメボタルサミットin天王山」開催のお知らせ / 08-12-29

ヒメボタルサミット関係の皆様
 年の瀬を迎え、寒さも厳しくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。乙訓の自然を守る会の丹下です。 さて、このたびサミットを主催いたします実行委員会事務局より正式にご案内申し上げます。開催日は2009年6月20日(土)です。ほぼ半年先となりましたが、皆様にはご予定いただき、多数のご参加をお待ちしてます。
■「第12回 ヒメボタルサミットin天王山」開催のお知らせ
 第12回ヒメボタルサミットの開催地は、大阪府と京都府の境にある天王山のふもとです。
この地域には、平地型と山地型のヒメボタルがわずかに1.8kmといった近さに生息していたり(島本町)、7千を超える大規模生息地の桂川河畔林(大山崎町)があります。そこで今回のサミットは天王山を挟んで、大阪側の「島本・緑と水を守る会」と、京都側の「乙訓の自然を守る会」の共催で開催します。
FI163_1E.jpg

サミット開催で各地の取り組みなどについての交流を深めるとともに、ヒメボタルの生息地の保全や保護につながればと願っています。詳細は添付の写真をご覧ください。
今回のサミットは、観察会と室内サミットの2回構成になっています。それぞれ申込制としますが、申込み受付開始は春に改めてご案内いたします。

■発表団体の募集 室内サミットの第2部「ヒメボタルの保護と市民活動」の団体発表(約5団体程度、発表時間各約12分)と、ポスターセッション(B1判4枚以内)を募集いたします。
「ヒメボタルの保護と市民活動」は、生息地の保全や保護について、地権者や行政との関わり、また地域住民への啓蒙や観察会の取り組みなどについて発表をおねがいします。

団体発表の受付は2月末日までとしますが、応募が予定に達しない場合には、こちらからお願いすることもあります。 
ポスターセッションの申し込み締め切りは4月末としますが、研究発表や調査結果報告等でも結構です。早めのお申し込みをお願いします。
申し込みは、下記申込みフォームでお願いします。葉書、FAXのお申込みでも結構です。 このご案内は、過去にサミットに参加されました団体の代表の方にお送りしました。それぞれの会の会員の方々にもお知らせいただければ幸いです。以上、よろしくお願い申し上げます。

◆「ヒメボタルの保護と市民活動」申込 
団体名: 代表者名: 連絡先:(TEL) 、(mail) タイトル: (タイトルは決まっていれば、または仮題でも結構です)
◆「ポスターセッション」申込団体(個人)名:代表者名(団体のみ): 連絡先:(TEL) 、(mail)タイトル: (タイトルは決まっていれば、または仮題でも結構です)
申込先:「第12回 ヒメボタルサミットin天王山」事務局
   丹下研也 mail:tange_ken★yahoo.co.jp (★を半角@に変えて下さい)
---------------
(申込先の住所・FAXはすいた市民環境会議事務局にお尋ねください)
スポンサーサイト

吹田市環境基本計画・第二次計画(案)説明会 / 08-12-25

暮もおしせまった12月25日クリスマスの日、男女共同参画センターで
吹田市環境基本計画・第二次計画(案)の説明会がありました。

                FI161_1E.jpg

今から10年前の1998年に策定された「吹田市環境基本計画」が見直しの時期に来ているので、まもなく第二次計画が策定されるに当たって、その案の説明会でした。この10年で「市民・事業者との協働」とか「目標を立て、進行を管理する」というような手法が生まれてきていますので、それらを取り入れた案になっています。概略は市報1月1日号に掲載されるとのことです。そして1月いっぱい市民からの意見を募り今年度中に策定するそうです。


CO2ダイエット情報交換会・地産地消エコツアー「アグリかわちながの」訪問 / 08-12-22

アジェンダ21すいたエネルギー部会が「暮らしのCO2ダイエット」の参加者対象の情報交換会イベントとして地産地消を学習するエコツアーを企画し、「アグリかわちながの」を訪問しました。
吹田市民環境会議は生活環境委員会が中心になりアジェンダ21すいたエネルギー部会の活動を支えています。
地産地消は運搬によるCO2の削減対策として大変有効なものです。しかも消費者としては新鮮なものが確保できるのでとても嬉しいものです。今回の参加者は男女ほぼ同数、女性の応募者が多いと予想していただけに驚いています。

今回訪問した「アグリかわちながの」はJA河内長野に加入している70余名の生産者が提供する野菜、果物、米、花、味噌などを販売しています。
FI160_1E.jpg

JA河内長野会長の梶谷さんから
「関わっている生産者は専農は僅か数件、あとは兼業で高齢者が多いです」
「あまり大規模に耕作していないのでほとんどが無農薬です」
「同じ屋根の下、隣では夫人部が学校給食で使う味噌を作っているが注文受けて作っている。」などの説明を受けました。
FI160_2E.jpg  FI160_3E.jpg


その後お買い物をして、昼食のイタリアンレストランへ。レストランの名はZUCCA。
このレストランは地産地消を実行し、アグリかわちながのから新鮮で安全な食材やなにわの伝統野菜を調達してると店長からのお話がありました。
FI160_4E.jpg
きょうのメニューでも田辺大根、なんばねぎを、パスタには和歌山で獲れたゴマサバを煮込んだものが使われているとのこと。とてもおしゃれで美味しいレストランでした。

食後は全員に感想を伺いました。
男性から「買い物なんてしたことなかったが今回来て良かった」。
中には「地産地消って何か知らなかった」から「孫たちのために良いものを作ってもらえるように頑張ります」など実施してよかったと思いました。

もちろん、行きのバスの中ではしっかりと学習しました。
「なぜ地産地消なのか」「フードマイレージってなに?」などなど。


関西大学でエコクッキング講座 / 08-12-19

12月19日、生活環境委員会は
関大生協主催のエコクッキングを担当しました。

経済学部良永(よしなが)ゼミの学生さん中心に総勢25名の方々に凛風館の食堂の一角でエコクッキングの体験をしてもらいました。

用意した食材の安全性(食の安全)から調理中の消費エネルギー削減のための保温調理(省エネ=CO2削減)、水を汚さない後始末の仕方を学んでもらいました。
FI159_1E.jpg

メニューは「具沢山のブタ汁、菜飯、ウインナーソーセージとたくあん」
今回は、前回の食品の食べ比べに参加していない学生さんがほとんどなため、たくあんとウインナーソーセージを、一般に販売されている食品とより安全性の高い食品で食べ比べてもらうのも加えました。
  FI159_2E.jpg

アミノ酸、発色剤(亜硝酸ナトリウム)、酸化防止剤などは一切使っていないポークウインナーの色は茶色です。一方、市販の発色剤などいろいろな添加物の入ったウインナーは、「ピンクに近い美味しそうな色。やはり添加物が入っているほうが「いつもの食べなれた味が美味しいと感じる!」でした。
    FI159_3E.jpg

「素材の味を感じる!」と添加物のない方の感想もありました。 たくあんは塩と糠だけでつけたものと着色料やアミノ酸などが入っているものを比べました。塩と糠だけのものは「塩辛い」のですが、漬物は元来、保存食です。糠漬は、糠と塩だけで半年間腐敗を防ぎ食べ続けるものです。当然塩分は多くなります。市販のものは塩分を控えると保存料が必要になってきます。
      FI159_4E.jpg

さあ、これから学生さんたちはどちらを選ぶようになるのでしょう。 私たちスタッフは今回の事業で食べ比べの必要性を学びました。今後、私たちのエコクッキングには食べ比べのメニューが加わることが多くなります。ご期待ください。

        FI159_5E.jpg

東山田地区公民館講座/リース作りを楽しもう / 08-12-13

12月13日東山田公民館で公民館講座『リース作りを楽しもう』を担当しました。
リース作りを通して地球温暖化やヒートアイランドについてお話しました。
FI157_1E.jpg

クリスマスが近いので、参加者はリース作りに熱中しました。 世界に一つのみごとな作品ができました。
FI157_2E.jpg   FI157_3E.jpg


==============

FI157_4E.jpg

昨年11月、すいた市民環境会議のブログができて1年あまり、今夜、アクセス数が5万を突破しました。
またのお越しをお待ちしています。(事務局)

浜屋敷5周年記念植樹祭/おもちつき / 08-12-13

2003年4月にオープンした浜屋敷(吹田歴史文化まちづくりセンター)
今年で5周年になり、
12月13日記念植樹がおこなわれました。

FI156_1E.jpg

石橋理事長の挨拶につづき阪口市長、野村議長の祝辞がありました。市長と理事長がしだれ紅梅の植樹(砂と水掛け)を議長と小川副理事長が霧島つつじの植樹をしました。
FI156_2E.jpg   FI156_3E.jpg

中庭では恒例のおもちつきが開かれ、大勢の人々でにぎわいました。
FI156_4E.jpg

浜屋敷のボランティアが餅づくりに精を出しました。 市長もお雑煮を召し上がっていました。

FI156_5E.jpg

関大「食と環境」の講座が終わって / 08-12-12

関大「食と環境」の講座が12/12で終了しました。
講座の中で紹介された食物で添加物の少ないものやフェアートレードの食物の実物を食べてみよう、比較してみようという懇談会が関大生協の主催でおこなわれました。
すいた市民環境会議のメンバーが食品の調達を担当し、それらの食品と一般に販売されている食品の違いを説明しました。
用意した食品は
?フェアートレードの輸入食品数点と
?(みかんの薄皮を溶かす薬品の違いによる作り方の違うみかんの缶詰や
?原材料が国産のもの、
?リユースビンを使っているジュース、などなどさまざまなものを用意しました。
FI155_1E.jpg

フェアートレードの輸入食品はバランゴンバナナ、マスコバド糖(黒砂糖)、コーヒー、チョコレート(今回は有機栽培のもの)です。

みかんの缶詰は
?薄皮を溶かす為に希塩酸を使用してあり、シロップにつけてあるもの
?希塩酸は使っているがシロップにみかん果汁を加えてあるもの
?希塩酸の代わりにクエン酸を使用しているシロップは果汁(薄皮が溶けきらずに一部残っている)の3種類を食べ比べました。

ハムは添加物の違うものを2種類用意しました。
FI155_2E.jpg

参加者は味の違いと添加物の違いに感心していました。
「フェアートレードのバランゴンバナナは美味しい!」と学生さんはもちろん、授業をされた教授も「おいしぃ~。何十年ぶりか…」。 
そして、感想は
「原材料の表示は今まで見たことがなかったがこれからは見るようにする」
「ハムは食べ比べてみて味の違いがわかった。小さいときから慣れた味が身体に良くないものが入っているとは…」
「でも、身体にいいものは高いので貧乏学生では…」など。フェアートレードのものは大企業が提供するものよりは少し高額にはなるけれどブランド物の高価な服飾品に比べれば…との意見もあり、身体にいいものは高いとは限らない、食品を選ぶ時には表示を良く見て、環境に身体に良いものを買うようにしていただきたいものです。それは食べる人本人だけでなく、未来の子どもたちにも影響してくるものでもあります。フェアートレードの食品についてはオルタートレードジャパン(バランゴンバナナの輸入会社)を参照してください。


定点観測:吉志部神社の発掘調査 / 08-12-09

5月に全焼した吉志部神社では発掘調査がおこなわれています。
FI154_1E.jpg

11/28(金) 原町Oさん撮影


紫金山みどりの会/12月の作業 / 08-12-07

ベランダの水が凍ってた7日、
紫金山公園で12月の作業がありました

1班は遊歩道境界に杭打ち
2班は公園内の枯れ枝の整理
3班は(緑化公園室の協力を得て)博物館前にエノキ4本を植樹しました。
FI153_1E.jpg

国の蝶に指定されているオオムラサキの幼虫がエノキを必要とします。
吹田でオオムラサキが見られるようになるといいですね。
公園内にたくさん設置した土嚢にコナラ、アベマキなどのどんぐりを埋め込みました。

FI153_2E.jpg

あルック吹田 新コース検討会 / 08-12-06

 好評の「あルック吹田」に新コースを検討中のまちなみ委員会委員が快晴に恵まれた12月6日、JR岸辺駅から大阪学院大学経由で安威川、済生会吹田病院と歩いてみました。
 岸辺駅から西へ約300mに岸部南2丁目から岸部中3丁目に抜ける(JRをくぐる)トンネルがあります。最近自動車とバイクの通行が禁止されました。トンネルの中は落書きでいっぱいです。
FI152_1E.jpg
 このトンネルから南西に100mあまりのところに小さな神社があります。
 天津神社といって境内に「難波吉師霊灯」と刻まれた灯篭があります。「難波の吉師一族がここ岸部を支配した」との考えがあるからのようです。

 大阪学院大学から大阪学院高校へ行くとき、多くの人は阪急電車京都線踏切を渡りますが、その踏切と平行して歩道橋があります。歩道橋からは阪急電車と大阪地下鉄の車庫がよく見えます。
FI152_2E.jpg

  いまの安威川では冬の鳥のみごろです。きょうはオナガガモ、ヒドリガモに合えました。ユリカモメもたくさん見られます。
FI152_3E.jpg

 川園町にある隆国寺(りゅうこくじ)の境内にはツバキ、モクレンソメイヨシノ、ヒラドツツジ、サンシュユなど季節に応じた花があります。イチョウの黄葉は終わってました。本堂正面で手入れされたマツはみごとです。本堂の裏には昭和12年に建てられた「関西風水害慰霊供養塔」があります。
FI152_4E.jpg

 済生会吹田病院の玄関には大きなオブジェがありました。
FI152_5E.jpg

 川園町から高浜町にかけての味舌(ました)水路で4本のヒマラヤザクラが咲いてました。あと一週間くらいがみごろでしょう。


月 金 木 / 08-12-01

師走初日の夕方、快晴の南西の空で見事な天体ショーがありました。

月の上左が金星、右上が木星です。
17:20ころ
FI151_2E.jpg

18:30ころ
FI151_3E.jpg

19:00ころ
FI151_4E.jpg

次回、月・木・金が寄り添うのは3年半後の2012年3月26日夕方です。おたのしみに・・・

FI151_5E.jpg

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する