2008-05

ピアノ池ヒメガマ刈り大作戦 今年は7月12日(土)です / 08-05-29

2002年からはじめた恒例の『ピアノ池ヒメガマ刈り大作戦』
今年は7月12日(土)午前10時からおこないます。

繁茂しすぎたヒメガマを根絶やしにするのではなく、
生態学の視点から、生き物にやさしい水辺環境の維持管理方法として、
ヒメガマの手刈り作業を行ってきたものです。

雨天の場合7月13日(日)、19日(土)を予定しています。
見学だけでもいいです。参加してください。
(池に入れるのは高校生以上です)

写真は昨年の様子です。2006年はこちら
なお、ローカルだった「ピアノ池」という呼称は
国土地理院の(2万分の一の)地図に書かれるようになりました。
FI68_1E.jpg

スポンサーサイト

火災にあった吉志部神社の大木 / 08-05-29

08年5月23日早朝に
吉志部(きしべ)神社の本殿が火災で焼失しました。
本殿の周りは吹田市で唯一、
100年以上伐採されていない本物の鎮守の森で
シイノキの大木がありました。

本殿とともに大木も焼け、一面褐色に染まっていますが、
今後、必ず息を吹き返し新緑がでてくると信じています。
080528kishibe.jpg

大木調査ブログで5月28日時点の悲しい現状を報告しています。


写真は火災の丁度一ヶ月前、4月25日吉志部神社本殿背後の鎮守の森で吹田ケーブルテレビが取材している風景です。
FI67_1E.jpg

市長がヒメボタルをご来観 / 08-05-27

今が最盛期のヒメボタルの乱舞。
今夜は阪口市長がホタルの光を楽しまれました。


この千里第4緑地にヒメボタルがいつまでも光っていてほしいものです。

FI66_1E.jpg

吹田操車場跡地まちづくりコンペ作品展示会 / 08-05-26

メイシアターで 5月26(月)~5月29日(木)の間、
吹田操車場跡地まちづくりコンペの作品展示会が開かれています。

展示時間 10:00~21:30 
(但し、5月26日は13:00から、5月29日は15:00まで)

このあと摂津市でも開かれます。
<摂津市> 展示場所 フォルテ摂津(千里丘駅前) 213会議室
展示期間 6月1日(日)~6月3日(火)
展示時間 10:00~20:00

<注意>初日と最終日の展示時間は用意と後片付けのため若干の変更があります。

FI65_1E.jpg

みどりのカーテン講座・東山田公民館 / 08-05-25

5月25日午後、(任意団体)エコアクションの企画で
東山田公民館講座「みどりのカーテン講座」がありました。

エコアクションが地球温暖化の解説をしました。
FI64_1E.jpg

(株)グリーンスタジオの寺西さんがゴーヤの植え方、育て方の実演をしました。
FI64_2E.jpg
(エコアクション提供)


国の重要文化財 吉志部神社が全焼・・・・/ 08-05-23

今朝(5月23日)、6時半頃のNHKニュースで
吉志部神社全焼のニュースを知りました。

吉志部神社本殿は慶長15年(1610年)に建てられた桃山様式の装飾性豊かな建物で、
93年に国の重要文化財に指定されました。

悲しいできごとです。
FI63_1Ea.jpg

**************:

夕方の姿です。
FI63_2E.jpg

**************:


FI63_3E.jpg

**************:

紫金山に穴があきました。

FI63_4E.jpg

第8回吹田くわいネットワーク学習会/ 08-05-22

5月22日夜、市民会館で
第8回吹田くわいネットワーク学習会がありました。

今夜は天王寺蕪(かぶら)の会事務局長の難波りんごさんを講師にお招きして
『なにわ伝統野菜・天王寺かぶらの保存と普及活動』のお話をうかがいました。

みなさんご存知でしたか?野沢菜のルーツは天王寺蕪だったということを!!

ほとんどの大阪の人は「天王寺かぶら」というものを知りません。しかし信州のほとんどの人は「天王寺かぶら」を知ってます。「野沢菜の親」として。
たしかに野沢菜の入った袋には「野沢菜のルーツは天王寺蕪です」と記載されています。また野沢温泉村のパンフレットにも「天王寺蕪」と「野沢菜」の歴史が紹介されています。野沢温泉観光公式ページの「野沢菜の歴史/野沢菜発祥の秘密」の項にも書かれています。
FI62_1E.jpg

天王寺蕪の会ではその普及活動として絵本、のど飴、焼酎、ワッペンなど多くのグッズをつくっています。さらに驚きは歌までつくって小学生から高校生までが歌っているとのことでした。

≪かぶらのうた≫
1 わてはてんのうじの かぶらです
つけもの にもの ほしかぶら
おいしすぎて すんまへん
おおさか きたら こうてって

2 しんしゅう ながのへ つれられて
きたんは ええけど さむすぎる
みは ちぢまる はっぱは のびる
ながのの のざわな たんじょうや
FI62_2E.jpg

さらに≪なにわ伝統野菜の歌≫というのもできています。

きみは知ってるかい
天王寺かぶらと いう名の・・・・・※①
ふるさと なにわ 味わい自慢の 野菜を
遠い昔に 思い寄せて
よにがえれ 伝統の香り 食卓に


※②は 勝間(こつま)なんきんと
※③は 毛馬(けま)きゅうりと
※④は 田辺だいこんと
そして今夜※⑤に スイタクワイと を追加しました。

FI62_3E.jpg

===========
スイタクワイに関してもグッズがありました。
泉殿宮(いずどのぐう)の絵馬にスイタクワイが書かれたものがあります。

吹田でもスイタクワイの食べ物グッズは開発中ですが
そのほかのグッズや歌をつくりましょう・・・と盛り上がって会はお開きになりました。

次回は7月31日(木)19時から市民会館5階NPO室です。
神戸大学の伊藤一幸教授に「クワイやオモダカの生態」を語っていただく予定です。

FI62_4E.jpg

浜屋敷5周年/ 08-05-18

((特))吹田歴史文化まちづくり協会の第二回総会と
浜屋敷(吹田歴史文化まちづくりセンター)の
開館五周年記念式典がありました。


2003年4月開館した吹田歴史文化まちづくりセンター
翌年04年から「浜屋敷」と名づけられ今年で5年目を迎えました。
FI61_1E.jpg

記念式典は吹田市出身の歌枕直美さんの「みやびうた コンサート」で始まりました。

言葉には力がある、その様な和歌、万葉集に日本人の心の原点を感じ、それを西洋音楽と融合させたCD「みやびうた~音楽で綴る万葉集」シリーズを、1997年より10年に渡って発表なさっています。
万葉集を音楽にして現代に活かす先駆者。さらに音楽と画像を駆使した新しい舞台芸術「和歌劇~和歌と映像で語る歴史物語」を創作し、国内外で公演。
ヨーロッパ公演では、”日本の心を感じた”との評価を得、同じく歌枕さんもポーランド人に“古き良き日本人の心と言葉を感じた”とおっしゃっていました。
本日のコンサートで歌われた曲は次の5曲。透きとおったソプラノに浜屋敷は醉いました。

1)明日香風(あすかぜ)
2)萌え出づる春
3)山田の澤に
4)船出の歌
5)風月同天
FI61_2E.jpg

阪口市長は「もし吹田市(行政)が浜屋敷を運営していたら、従来通り来館者が館内を見学しておしまいという館の運営しか、してなかっただろう。ここまで先を読んだ活動ができたのは運営を担当してくださった、まちづくり協会のおかげです。感謝感激しています」と挨拶。
市長とまちづくり協会理事長は浜屋敷の活動を支えて下さっている80余人のボランティアに感謝状と図書券を贈りました。
FI61_3E.jpg

4時から中庭で懇親会が開かれました。
カフェたんぽぽも全面協力していました。

FI61_4Ea.jpg

COMMENT:DATE: 05/18/2008 22:51:57
環境会議はこの浜屋敷が市に寄付されたときからずっとかかわってきました。
環境会議にとって、景観は美しく、安らぎのあるものであってほしいのです。
それはまちなみ委員会の想いでもあります。
そして、まちなみ委員会が中心になり、吹田市の出している「あルックすいた」をつくりました。
自分達のまちを知ろう、自分のまちで潤いを感じよう、そして潤いを感じられるようなまちをつくろう、それがまちなみ委員会の想いで、環境会議の想いです。
それが、今浜屋敷で「まち案内人」の事業に引き継がれつつあります。
この想いをみなさまも是非考えてみてください。

吹田操車場跡地のまちづくりについて / 08-05-17

すいた市民環境会議は吹操跡地に
「21世紀 すいたの森 命を守り育む森」を目指して
「森の創生」を提案します。


地球温暖化の危機、少子高齢化社会がすすんでいる。
市街地に残されたこの貴重な土地に森を創ろう。

森は、
人々を癒し、
身近な自然として
子どもたちの成長にかかせないもの。

市民の健康を創造し、
災害時には市民の命を守る。
地球温暖化防止のために
木を植えよう。
森を創ろう。
FI60_1Ea.jpg
>
目の前の利益は最小限に、
五十年先、百年先の子孫が
自由に作図できる土地を残しておこう。

ナショナル・トラスト方式で
土地を取得しよう。

地域の多様な主体が参加して、
環境先進都市を目指す
「森の創生」を提案します。


============
詳細はこちら
============


FI60_2E.jpg

巻積雲 / 08-05-11

5月11日夕方は秋のような空が見えました。
それまではほぼ快晴でしたが午後5時すぎから西から巻積雲が急激にひろがってきました。
「秋のようだね」と空をながめていたら、その一角に急に雲が下りてくるような光景がみられました。
そこにはおおきな穴が現われました。
常識的には下降気流では雲はできないはずなのですが、どうみても下降気流に沿って雲が見えました。
この現象は約30分間見られ、6時10分ころにはくずれていきました。

FI58_1E.jpg

大阪学院大学でゲストティーチャー ~2~ / 08-05-10

4月26日につづいて、5月10日大阪学院大学の総合科目(テーマ:都市における環境創造の担い手)の講座で地球温暖化とエコクッキングの講座を担当しました。
0805101.jpg

地球温暖化の説明と保温調理を平行しておこないました。
お昼前の講義室にはカレーのいい匂いがただよっていました。

保温調理はカレーの具が沸騰したら、ルーを入れてすぐに新聞紙と布(冬は毛布)で覆います。
そのまま30~40分置いておけば(グツグツ煮たのと同じ、あるいはそれ以上の)おいしいカレーができあがります。
この間の燃料(電気orガス)が節約できることになります。おでん、肉じゃがなどの煮物なら何にでも応用できます。
0805102.jpg

地球温暖化の講義が終わるとお昼。
沸騰してから熱は与えていないのに、ジャガイモもニンジンもやわらかくなっていて美味しいカレーができあがっています。
あらかじめ食器を持参した出席者は(食器を忘れた出席者も)できたてのカレーを味わいました。
総合科目(テーマ:都市における環境創造の担い手)の講座でしたが、まるで家庭科の授業のようでした。
0805103.jpg

食べ終わったら、食器についたカレーを紙でふき取ってもらいました。
0805104.jpg

そのまま水洗すると下水処理に膨大なエネルギーを使うからです。燃焼ごみとしたほうがエネルギーの使用は少なくてすみます。

[ 更新日時:2008/05/10 16:24 ]

ヒメボタルが光りはじめました / 08-05-04

5月4日夜、吹田千里緑地でヒメボタルが光りはじめました。
0805041a.jpg

今夜の調査で♂1、♀1の発光と個体を確認しました。
なんと溝の中で光っていました。
0805042a.jpg

                  調査結果はこちら。

[ 更新日時:2008/05/04 23:09 ]

ヒメボタル調査が始まりました / 08-05-01

5月1日から千里第4緑地で恒例のヒメボタル調査が始まりました。
1998年からはじめて、今年で11回目になります。



6月中ごろまで毎晩8時に西山田公民館で集合して調査をしています。
はじめての方も大歓迎です。
小中学生には保護者が付き添ってください。
       080501s.jpg
写真は昨年5月26日に動物写真家・小原玲さんが撮影したものです

[ 更新日時:2008/05/01 23:59 ]

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する