2008-04

2008 紫金山子ども自然教室 / 08-04-29

今年で4年目になる吹田自然観察会とジャスコ南千里店の共催による
『2008 紫金山子ども自然教室』(全5回)の第一回目の教室が開かれました

0804291a.jpg

今回のテーマは「竹」
午前中は竹の工作で紙鉄砲を作りました。

ノコギリや和式ナイフ(肥後守:ひごのかみ)を使って工作です。
0804292a.jpg

完成して紙鉄砲(紙竹砲?)で的(まと)をねらいました。
0804293a.jpg

午後は肥後守やサンドペーパーを使って竹とんぼ(タケコプター)を作りました。
0804294a.jpg

最後に、
田んぼに生えている春の野草を採取して押し花をつくりました。
この押し花は次回(6月)に「しおり」作成に使用します。
0804295a.jpg

(吹田自然観察会提供)

[ 更新日時:2008/04/29 22:06 ]
スポンサーサイト

大阪学院大学でゲストティーチャー / 08-04-26

大阪学院大学では、全学部1年次を対象とした(前期)総合科目講座(テーマ:都市における環境創造の担い手)に市内のNPO、任意団体、企業や行政から講師を招いて授業をしています。
0804261a.jpg

そのトップバッターとしてすいた市民環境会議が4月26日の講座を担当しました。
すいた市民環境会議の活動内容を紹介しつつ、環境に対するNPOや市民のあり方を講義しました。

大阪学院大学のキャンパスは春いっぱいでした。

ハクウンボクは五分咲き、
0804262a.jpg

トチノキのつぼみが大きくなってきていました。

     0804263a.jpg

[ 更新日時:2008/04/26 23:46 ]

大木調査が吹田ケーブルテレビで / 08-04-25

吹田ケーブルテレビ
  「お元気ですか!市民のみなさん」が紫金山公園で
       大木調査の風景を取材しました。

放映は5月2日(金)から一週間です。
080425a.jpg

「お元気ですか!市民のみなさん」の放送時間は
・9:00~・12:00~・15:00~
・18:00~・21:00~
(土日は7:00~も放送) 30分番組です。

[ 更新日時:2008/04/25 22:27 ]

カスミザクラが満開 / 08-04-24

昔、吹田に多くあったカスミザクラを市内で見かけることが
めっきり少なくなってきました。


カスミザクラの花はソメイヨシノに遅れて咲き、葉と花が同時にでます。その葉柄や花柄に毛があることでソメイヨシノやヤマザクラと区別できます。紫金山には数本あります。
                  080424a.jpg

この写真は山三公民館の裏で咲いていたものです。
(4月22日撮影)

吹田自然観察会は昨年から3年かけて市内のカスミザクラを調査しています。
(吹田自然観察会提供)

[ 更新日時:2008/04/23 03:43 ]

釣り糸が絡んだハト Part2 / 08-04-23

4月23日、
はぎのき公園で昨日とは異なるドバトがみつかりました。


【はぎのき公園K&K特派員報告】

今朝10時過ぎに「はぎのき池」に行きました。

問題の個体(左足拘縮肥大型)とは別のドバトがいました(写真)。
右足に釣り糸が食い込んでいて右足が拘縮しているうえに、左足にも垂れた糸が絡むので歩くことはできません。ぴょんぴょん跳んで移動しています。
       pigion1.jpg

 パンで誘い込むと手元に来て、手のひらから餌を採りますが、さすがに押さえ込もうとするとうまくゆきません。ばたばた暴れるのを二人掛かりで押さえ込もうとしましたが、一瞬早く逃げられてしまいました。
 その後しばらくして再チャレンジしたところ、手のひらから餌を食べるものの、押さえ込める距離までは来てくれませんでした。

 何か鳥獣保護法で問題にならない程度の道具は必要なようです。

 行けるようなら夕方にもう一度チャレンジしてみますが、当初の個体になるかどうかも定かではありません。
 なにしろ3羽来た中の1羽がすでに釣り糸がらみです。
 この調子ではどれほどの被害が出ていることやら。

[ 更新日時:2008/04/23 12:46 ]

釣り糸が絡んだハト / 08-04-23

4月20日箕面市のHさんからすいた市民環境会議に下記メールが届きました。

***********
私の友人が今日、北千里の池でハトに釣り糸が絡まり、片足だけでぴょんぴょん歩いているので、仲間と助けようとしたが、エサをやるとすぐ近くまで来るが、どうしても捕まえることが出来ず、帰って来たが、あまりにかわいそうなので、どうにか出来ないかと相談を受けました。
日本野鳥の会などを検索していたら、すいた市民環境会議が見つかったので、救助できそうな方にお願いをしていただけたらとメールしました。
場所は古江台にある池だ、と話していました。まことに勝手なお願いで恐縮しますがよろしく。
***********
すいた市民環境会議の会員の一人が22日に見に行きました。
その報告です。
************
はぎのき公園の池のほとりでうろうろしていると、餌付けと思ったのか11羽のドバトが降りてきました。(すずめも4羽)歩行の様子を見ていると、話題のドバトがいました。かなり人に慣れているみたいで、逃げようともしません。足元を見ると、足首が白く腫れてるようで痛そうでした。
0804221a.jpg

ずっと立っているのがしんどいのか、すぐにしゃがんでしまいます。飛ぶことはどうもないようです。
捕獲はできると思ったのですが、肉にくい込んでおり道具もないので写真だけ撮り、帰ってきました。
                  0804222a.jpg

************   ************  ************   ************  ************  

すいた市民環境会議のある理事の意見(私見)です。

私は鳥獣保護員ですが、対策は取れませんので、役所へ言わざるを得ません。吹田市に頼むとすれば担当部署は地球環境課です。
ドバトには可愛そうですが、野生鳥として認められていない飼い鳥と、人間(釣り人)の無責任からおきたことに、市職員を動員すること(=市民税を使うこと)に疑問を感じます。できれば、市民がみずから(公費を使わず)このハトを救っていただきたいと考えます。

[ 更新日時:2008/04/23 00:27 ]


[ コメントを見る・書く(1) ]
[ noriyan ] [2008/04/23 11:36] [URL]
私は釣りが好きでよく出かけました、以前神戸須磨海岸で釣り糸に絡まれた多くのハトを見ました、もう釣りは止めました、糸を放置しなくても釣りをしていると間接的には糸の放置につながります、若いときは気にならなかったようなことが、といってもハトたちには重大事ですが、最近では相手の気持ちを考える余裕が少し出てきたように思えます。


吹田「みどりのカーテン」講座 / 08-04-20

4月20日午後2時からメイシアター集会室で
吹田「みどりのカーテン」講座がありました。

≪プログラム≫
14:00~開会のあいさつ(アジェンダ21すいた副代表)
14:05~地球環境問題やヒートアイランド現象の説明(エネルギー部会)
14:20~昨年の参加者体験談(二人)

14:40~家庭におけるつる性植物の育て方説明(株・グリーンスタジオ寺西信昭氏)
15:50~閉会・ゴーヤの苗プレゼント
0804201a.jpg
会場には予定の70人を超え、90人近くが集まりました。


地球環境問題やヒートアイランド現象の説明

昨年の参加者体験談

つる性植物の育て方の説明
では実際にプランターに苗の植え方実演がありました。
夏場(留守するときの)の水のやり方のひとつとしてペットボトルからヒモを垂らす方法が紹介されました。

最後にゴーヤの苗プレゼントがありました。
0804202a.jpg

昨年の参加者、Kさん宅の夏の様子です。
0804203a.jpg
みごとな緑のカーテンになっています。
参加者一同、この景色を目に焼きつけたことでしょう。

[ 更新日時:2008/04/20 17:23 ]

もうすぐ吹田のヒメボタルが見られます / 08-04-16

いよいよ、今年もヒメボタルに逢える時期が近づいて参りました

つきましては、下記の要領で調査・観察についての説明および
打ち合わせ会議を開催しますので、ご参加をお願いいたします。

日時:4月17日(木)19時00分より
場所:西山田地区集会所(西山田小学校の隣)

下記の事項について、ご意見、ご検討を戴く予定をしています。
1、今年の調査について。
2、今年やってみたいこと。
3、今年のシンポジュウムについて
4、その他
0804161a.jpg
以上です。よろしくお願いいたします。

==============
ヒメボタルの発光数調査は今年も5月1日からはじめます。
過去10年間のデータを見ながら今年の数を予想するのも楽しみです。
0804162a.jpg
過去10年のデータを見ますと99年、02年、05年の3年毎に発光数の山があります。
このデータからは「今年は吹田のヒメボタルの当たり年」が予想されます…が・・・さて?

はじめて参加なさる方も大歓迎です。
17日(木)19時 西山田地区集会所の説明会にお越しください。
===============

[ 更新日時:2008/04/16 00:50 ]

4月13日のピアノ池情報 / 08-04-13

サクラの花も終わりに近づき、ピアノ池ではカイツブリのエレレレという声が響いています。
相変わらずハトやスズメやバンやカルガモは近所の人からの餌を期待して土手にやってきています。どうも近所の人たちは、これを生き甲斐とまでは言わないにしても、かなり楽しみにしてにしているようです。時間帯ごとに来る人がほぼ決まっていて、お互い情報交換もなさそうですから、代わる代わるもらう餌は相当な分量になることでしょう。

そんな中で、余水吐(よすいばけ=池のオーバーフロー)の塩ビパイプになにやら工事が進んでいます。従来有ったパイプ立ち上がり部の途中に、池の中央側約1メートル内外のところから塩ビパイプがやってきて、接続されました。
このパイプには途中にゲートバルブが付いていて、開け閉めできるようになっています。

写真は、この仕掛けがセメントで覆われた状態のものです。
ほぼ完成らしく思われます。
080413p.jpg

ということはこのバルブを開け閉めしようとしたら、池の中に入って、水面下にあるだろうセメントの上に立ち、長いバルブ回しのレバーでよいしょと回すことになるのでしょうか。
そして、もっと水位を下げるときは、もう一本沖に同じ仕掛けをつなぐ??

今年の冬は一回このレベルまで水が無くなり、岸のビオトープ部分がすっかり露出していました。原因は水導入口のゴミ詰まりです。掃除したらしくやがてまた水が入ったのですが、この工事でまたポンプアップして水が減りました。まあ、またすぐに増えるだろうとは思いますが、増えたり減ったり忙しいことです。
 (藤白台 Kさんから)

[ 更新日時:2008/04/13 23:11 ]

平成19年度 市民公益活動促進補助金交付事業報告会 / 08-04-12

4月12日午後、市役所で平成19年度
市民公益活動促進補助金交付事業報告会がありました。


坪田市民文化部長の挨拶に続いて補助金の交付を受けた9団体が事業を報告しました。
080412n1z.jpg

すいた市民環境会議はすいたの古木・大木の10年後調査のマップを配布して報告しました。
080412n2z.jpg

補助金を使っての感想
・公益事業のなかでも環境調査のように受益者が市民全体(不特定多数)である場合、半額補助は(あるにこしたことはないが)負担が大きい。
・市内の交通費が巨額になることがわかっていたので(補助対象にはならないと考え)申請しなかった。→負担は大きかった。
080412n3z.jpg
事業をしての自己評価
この10年間、吹田市には自然環境調査のデータがほとんどない。
・基礎資料として吹田市環境行政の補完の役割を果たすと考える。
・今後、環境教育の資料として用いられると考える。
9団体の発表のあと、
吹田市市民公益活動審議会会長の早瀬昇さんがNPO活動と資金についてミニ講義をしてくださいました。
080412n4z.jpg

===========
平成19年度 吹田市市民公益活動促進補助金交付団体と実施した事業
1 SAグループ18 出前ボランティア派遣事業スタート支援 100,000

2(特活)すいた市民活動を活発にする会 わかるパンフレットコンテスト 76,250

3(特活)吹田市民NPOグループホーム「あ い」 認知症高齢者と地域高齢者とのふれあい活動(地域ふれあいサロン・ほのぼの)地域ふれあいサロンは週1回、古民家を改装した浜屋敷(吹田歴史文化まちづくりセンター)で開催しています。井戸端会議的な雰囲気を大切にし、認知症高齢者と地域の高齢者がゆったりとつどい、交流する場です。(この事業は、介護保険制度以外のものです。) 300,000

4吹田に障害者の豊かなくらしの場をつくる会 「体験の家」障害児者の宿泊訓練事業

5Rua Fel z2007実行委員会 Rua Fel z2007千里山平和カーニバル 200,000

6(特活)すいた環境学習協会 高齢者、障害者、子ども達にやさしい「すいた・グリーン・マップの調査研究」 125,000

7(特活)吹田市音楽療法推進会おんがく・さ~くる・コスモス 懐かしのグループサウンズフェスティバル 325,000

8(特活)すいた市民環境会議 すいたの古木・大木の10年後調査 304,250

9(特活)模型と画像で歴史を語る研究会 吹田地域の自然環境の発達史や歴史について模型・画像などの資料を使って解説する事業(講演会・展示会など)に役立つ資料集(仮称「吹田学」資料集)の編 100,000

[ 更新日時:2008/04/12 20:11 ]

====================================
[ コメントを見る・書く(2) ]
[ 担当者 ] [2008/04/12 22:29]
「わずか30万円でこんなにまでするのぉ?」と驚かれたのか、何のリアクションもありませんでした。早瀬会長も「市内をここまで歩いて探しますか・・・!!」と驚嘆なさっていました。
質問があれば「この事業は本来行政が委託してくるべき内容でしょう」と回答する予定でした。市内の環境調査は大気・騒音・水質調査でコト足れリの考えがいつまでつづくのでしょうか。
歴代部長の在籍期間の業績を評価するNPOが必要です。


[ Gさん ] [2008/04/12 22:02]
行けなくて残念でした。
参加者は何名くらいでその反応、特に申請時のプレゼンで厳しく詰問された介護系の人は、どうだったでしょうか。

4月12日の紫金山公園 / 08-04-12

ソメイヨシノに葉が出はじめてますが、コバノミツバツツジは満開です。
080412g1e.jpg

これぞ“紫”金山
080412g2e.jpg

博物館が埋蔵物の発掘調査をしていました。
「紫金山の下には瓦を焼いた窯(かま)がある」とは聞いていましたが、本当にありました。
平安時代の瓦がザクザク出てきていました。
080412g3e.jpg

(それにしても、どのようにしたらこんなにキレイな穴が掘れるのでしょう?)

・アラカシに新芽が一斉に出てきています。
・ユリノキにかわいい半纏(はんてん≒Tシャツ)のような葉が出てきました。
・五月が丘側に整備された公園ではセイヨウザイフリボクの花が終わりかけてます。
・ソメイヨシノと同じころ満開だったモミジの花は実をつけはじめています。

080412g4e.jpg

[ 更新日時:2008/04/12 16:25 ]

人生節目の記念植樹 / 08-04-05

4月5日(土)阪急電車の南千里と山田駅との間にある(仮称)あやめ橋緑地(高野台2丁目)の整備計画の一環として市民参加により桜(ソメイヨシノ)を植樹する『人生節目の記念植樹』がありました
この記念植樹は入学、卒業、結婚、出産、還暦など人生の節目となる記念に桜を植樹してもらおうと市の呼びかけで組織された実行委員会が昨年12月から市民に呼びかけていた事業です。
すいた市民環境会議も実行委員会に参加していました。
080405m1c.jpg

植栽費、管理費、記念品などを含み1口35,000円で26口が集まり、26本の桜が植樹されました。参加資格は市内在住・在学・在勤の個人または団体(1人または1団体につき1本まで)で植樹した桜は、吹田市に帰属し、維持管理されます。
080405m2c.jpg

実行委員長(高野台自治会・清水氏)、市長、議長の挨拶につづいて参加者も記念植樹の土入れをしました。
080405m3c.jpg

参加者や市民にとってよい想い出になることでしょう。
このあやめ橋緑地が市民に親しまれる緑地になってほしいです。


[ 更新日時:2008/04/05 23:35 ]

2008年環境学習バスツアー / 08-04-05

絶好の行楽日和の4月5日(土)
2008年イオン(ジャスコ南千里店)・すいた市民環境会議共催環境学習バスツアーがありました。


橿原(かしはら)市昆虫館では大人もこどもも楽しく見学できました。
蝶々がいっぱいの放蝶温室で亜熱帯地方の植物や乱舞する蝶を楽しみました。
080405k1z.jpg

明日香村の石舞台ではその巨大さに感激しました。
080405k2z.jpg

最後に櫻井市グリーンパークを見学。土曜日なのでごみの収集がなく、パッカー車からのごみの投入は見られませんでしたが、焼却炉は稼動していました。
粗大ごみから再生された自転車がたくさん並んでいました。
080405k3z.jpg
グリーンパークの外でツクシをみつけました。
============
橿原昆虫館前の広場でもソメイヨシノが満開でした。
ところで最近、花吹雪になる前に花(ガク)ごと落下しているのをよく見かけるようになっています。
080405k4z.jpg

岡山理科大学 総合情報学部 生物地球システム学科のホームページがこのことについて記載していますので紹介します。

http://had0.big.ous.ac.jp/thema/sakuratori/sakuratori.htm
ソメイヨシノとスズメ(?)
今年の春、ソメイヨシノの花弁が一枚ずつ散らずに萼に付いたままクルクルと回りながら落ちているのは何故か? との質問が相次いだ。クルクルと回りながら落ちてくる花の出発点を注意してみると、鳥が花をついばんでいる。萼筒の中に分泌されている蜜を鳥が食べているのである。
 サクラの花は萼の奥深くに蜜を蓄えている。小さな昆虫か、チョウチョのように長い口器を持っている昆虫に蜜を与え、花粉を媒介してもらおうという戦略である。スズメのようなくちばしでは、この蜜を吸うことはできない。そこでスズメは、蜜の貯まっている萼筒を横から食いちぎることによって、蜜を食べているわけである。サクラの咲く春のはじめ、毛虫などの餌は多くはない。サクラが分泌している蜜は鳥にとっては大変魅力的な食材である。

 このような鳥がソメイヨシノの花を横から食いちぎって蜜を吸う行動は、昔からあったのかもしれないが、報告され始めたのはここ20年ほどの事ではないかと思う。古いことなので定かな記憶ではないが、最初にこのような行動が観察されたのは関東地方であったように思う。鳥がたくさんのソメイヨシノの花を落としてしまい、話題となった。その後、数年たって理大の中でもわずかに観察されるようになった。当初はかなり注意してみないと、鳥が落とす花を観察できなかったが、年を経るにしたがって頻度が高くなり、ここ数年はかなりの頻度になってきたように感じる。しかし、花見に差し支える程ではないし、ソメイヨシノにとってはどちらにしても果実を作るわけではないので、実質的な被害はない。


[ 更新日時:2008/04/05 23:31 ]

中の島公園も春らんまん / 08-04-04

中の島公園の神崎川に面したサクラも満開です。
0804041f.jpg

4月なのにまだ神崎川にはヒドリガモが残っていました。

0804042f.jpg

[ 更新日時:2008/04/04 22:20 ]

万博公園 春らんまん / 08-04-02

4月2日のサクラは8分咲き。
0804021w.jpg

これからがみごろです。
0804022w.jpg

エキスポランドではジェットコースターの解体作業が始まってます。
0804023w.jpg

(大阪モノレール車内から4月2日撮影)

[ 更新日時:2008/04/02 14:06 ]

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する