2007-12

お世話になりました。 / 07-12-31

今年は
いままで環境には無関心だった人々の口から
「地球温暖化」「エコ」という単語が出てくるようになった年だったように感じます。

来年もすいた市民環境会議の活動に参加して吹田の環境を考え、行動してください。
071231a.jpgすいた市民環境会議の会員の自宅で、12月31日ロウバイが開花しました。

(すいた市民環境会議事務局)

[ 更新日時:2007/12/31 12:50 ]
スポンサーサイト

紫金山公園計画に関する要望書と回答 / 07-12-30

今年10月、すいた市民環境会議と吹田自然観察会、両会長名で
「紫金山公園計画に関する要望書」を市長に提出しました。
先日、それに対する回答が届きましたので掲載します。
========================= =========================
2007年10月1日     NPO法人すいた市民環境会議会長  吹田自然観察会会長
吹田市長 阪口 善雄 様
 ≪紫金山公園計画に関する要望書≫
 はじめに
 市長の思いをこめ市民参画で作られた「吹田風土記の丘・紫金山公園基本計画」-以下基本計画―は平成13年(2001年)から始まり、行政と市民団体などとの協働により計画が実施され、今年で7年目を迎えました。更に、この基本計画の進捗を見守り、効果的に遂行するための組織として、このたび2007年4月に紫金山公園運営協議会が立ち上がりました。この協議会は行政、地元自治会や環境団体、博物館を盛上げる会など幅広い委員で組織された協議会です。

 基本計画を見ますと、「吹田の里ゾーン」にビジターセンターをつくる計画が以下のように記載されています。
 「自然:・公園来訪者に里山や紫金山についての紹介・各種の情報提供、活動の場の提供・里山での遊び、作業、農業体験などの活動への基地(p.96)」
 「施設:・古民家を移築または復元して、ビジターセンターにする(p.96)」
 また、「ソフト計画」では「市民参画によるビジター(管理)センターの運営(p.119)」

 ビジターセンターはこの基本計画に従って設置、運営されていくでしょうが、計画の実施にあたっては、ぜひとも下記事項に十分な配慮をしていただきたく思い、この要望・提言書を提出する次第です。
ご検討の上、10月末を目途に両会にご回答いただくようにお願いいたします。

1.ビジターセンターは、吹田市の自然環境の保全、調査、研究、資料収集、環境教育の実践の中心となる場としての施設運営がなされることを要望します。

 吹田市では、今年で9年目になる環境基本計画を施行しています。しかしこの歳月の中で、2000年から2001年にかけての「自然環境調査」を除き、自然環境についての保存、調査、研究、資料収集などの施策が行われた形跡がありません。また、この「自然環境調査」についてもその後活用するなど、施策に反映されているようには見受けられませんし、自然環境についての施策を具現化する機関・施設は少ないのが現状です。
 更に、子供たちが身近な草花や昆虫などの生き物に出会える自然豊かな環境学習の場が吹田市には少ないのも現状です。
 そこで、このビジターセンターに、ぜひ上記の機能を持たせていただきたく提言いたします。吹田市内でもっとも自然が豊かとされる紫金山公園にあり、博物館にも近いビジターセンターこそ自然環境の学習、普及活動をする拠点となることが期待され、環境基本計画の具現化に寄与するものと思われます。そして地球温暖化対策が待ったなしの昨今、市民に対する環境教育の最前線にすることができるでしょう。

2.ビジターセンターの設置や運営については、紫金山公園運営協議会で協議検討してから計画を進めることを提案します。

 前述しましたが、平成19年(2007年)4月に「基本計画」に基づき歴史と自然を大切にした公園づくり目指すことを目的として、行政、地元自治会、環境団体、地元小中学校長、博物館を盛上げる会など幅広い方々が委員となって「紫金山公園運営協議会」が発足しました。
紫金山公園運営協議会では、紫金山に設置されるビジターセンターの目的や運営内容も協議対象として検討されるものと思います。
 広く関係者や市民と協議しながら、ビジターセンターの具体的な運営をしていくことでビジターセンターは市民の自然に係る活動の拠点として根付き、活用されるものになると確信しております。

3.吹田博物館に、自然系の学芸員を配置し、ビジターセンターと連携して自然環境の事業、環境教育の活動を担うことを要望します。

 吹田市立博物館は、歴史博物館としての位置づけのため、自然分野の調査研究や資料収集はなされていないと聞いています。市内では貴重な自然の宝庫である紫金山公園の中にある博物館が自然分野を扱うことができないということに多くの市民が疑問を感じているところです。
 これは、吹田市の博物館条例が市立博物館を歴史博物館として位置づけているためで、条例の一部変更、改正をすれば博物館も業務として自然系の保存、調査、研究、資料収集など幅広い活動を実施していくことが可能になると考えます。
 私たちは、速やかに条例を変更していただき、吹田市立博物館および紫金山公園ビジターセンターを活用して、吹田市に残された貴重な自然状態の記録や生き物の調査研究等をし、資料収集や市民への情報提供をする等の積極的な施策の展開をしていただきたいと切望しています。それによって、歴史博物館から「市民のための総合博物館」に生まれ変わることができると考えます。

========================= =========================
19吹教地博第436号 平成19年12月10日

紫金山公園計画に関する要望書について(回答) 吹田市長 阪口善雄

 時下、益々ご清栄のことと存じます。平素から本市の自然環境の保全や博物館の運用に対しまして、多大なご尽力を頂戴いたしており、ここにあつく御礼を申し上げます。
 さて、去る平成19年10月1日付け要望書において、ご要望いただきました件について、下記のとおり回答申し上げます。


1.今回のビジターセンターのご要望につきましては、従来の構想になかった部分が含まれており、その取り扱いについては、今後、「紫金山公園運営協議会」とも意見を交わしつつ、研究してまいります。

2.ビジターセンターの計画については、ご提案のとおり、今後、「紫金山公園運営協議会」の場で十分に意見を出していただき、それをもとに検討を進めてまいります。

3.吹田市立博物館に自然系学芸員を配置してほしいとのご要望につきましては、ビジターセンターの組織体制とも絡む課題であり、今後、ビジターセンターの計画の進捗をみつつ、研究してまいります。


[ 更新日時:2007/12/30 10:02 ]

年末にサクラが満開 / 07-12-23

12月23日天皇誕生日。この日は大木調査最終日。南高浜町の神崎川沿いでサクラが満開でした。
これはヒマラヤザクラです。
0712231a.jpg

ヒマラヤザクラは12月頃開花しお正月過ぎまで楽しめます。、その後、真冬に新葉が展開します。
0712232a.jpg

ヒマラヤザクラは40年前にネパ-ル皇太子から熱海市に種子が贈られたのが最初だそうですが、日本の環境にあってるのか論議のあるところです。
でも、年末に満開のサクラを見ると得した感じがしました。

[ 更新日時:2007/12/23 22:14 ]

吹田くわいネットワーク第7回会合と学習会+スイタクワイ掘り / 07-12-16

12月16日(日) 9:30から平野氏のくわい栽培地(江坂町3丁目)にあるビニールハウス内で第7回会合と学習会がありました。

平野さんから ? 土をどうしているのか ? どのように育てていけばよいのか、そのノウハウ ? 病気の発生状況とその対策 ? その他、もろもろ のお話を聞きました。
吹田クワイ保存会会長の北村さん、吹田市農業委員会会長の榎谷さんからもお話を聞きました。
0712161a.jpg

ひきつづき
吹田くわい掘りの実践(約2時間)
 ? くわいの掘り方 ? 保存方法 などを体験・学習しました。

吹田市産業労働室や関西大学から「スイタクワイを掘りたい」ボランティア応援団もかけつけ、田んぼは大にぎわい。
0712162a.jpg

吹田ケーブルテレビの取材もあり、冬眠をはじめたばかりのおケラやアメリカザリガニも出てきました。
0712163a.jpg

今年は収穫が多く、昨年の2~3倍になるとのことでした。
0712164a.jpg

(右の写真は今年9月のスイタクワイ田んぼの景色です)

[ 更新日時:2007/12/16 16:19 ]

[ コメント(1) ]
[ N ] [2007/12/30 01:08]
スイタクワイは小粒。
掘りあげたクワイはそのままで市場に出せません。
きれいに洗って、周りについているひげ状の皮をとって…。

これが寒い戸外でやると凍える。

でも、調理すると美味しい。

調理方法、知りたい人は教えてあげますよ。

イルミナイト万博 / 07-12-15

12月15日から万博公園の自然文化園・太陽の広場で万博記念公園で初めてとなるイルミネーションイベント、 「Illuminight Banpaku World Illumination Expo (イルミナイト万博 ワールドイルミネーションエキスポ)」が始まりました。

16日(日)、22日(土)、23日(日祝)、24日(月振)の夜、開かれています。

071215.jpg

(写真提供:岸部北Yさん)
[ 更新日時:2007/12/15 20:57 ]

関大生協・学生企画室主催でエコ・クッキング / 07-12-09

今日のエコクッキングの場所は
関西大学・凛風館(りんぷうかん)の食堂です。

食堂といっても、シンクが利用できません。利用できる水場は手洗い用の洗面台。火もカセットコンロ。
その中で、学生さんにエコクッキングを体験してもらわなければならないというものでした。
でも、やってしまうのが我われ、すいた市民環境会議のおばちゃんパワー。
メニューは
①蒸し鶏の変形で煮鶏の温野菜添え
②煮鶏の煮汁利用の中華風スープ
③ダイコンサラダ④ジャコご飯
の4品です。
すいた市民環境会議のエコクッキングは、人間の生活が環境であるとの考えを表すものです。

まず食品選びの話。安全なものを選ぶ話です。生産者のわかる肉、有機栽培あるいは減農薬野菜など、自然や人間の身体に負担をかけない野菜作りをしているもの、遺伝子組み換え食品等等、食に関する話題は沢山あります。
調理中は廃棄物のことを考えます。野菜くずを少なく、くずに出たものは水分を少し空気にさらすことで焼却の際の負担を少しでも減らします。調味料の容器はリユースできるものを選んで…etc。
FI8_1Ea.jpg

煮物は保温調理をします。保温調理によって調理にかかるエネルギーを減らすことで、地球温暖化の原因のひとつと言われているCO2の発生を減らします。保温している時間はものにより、季節にもよりますが30~50分。その間、「グリーンコンシューマー」と気長で楽しい取り組み姿勢の「キッチンアラカルタ」紹介をしました。そして「ライフスタイルチェック」をして、「これから自分自身と大学でどんなことができるか」を考えてもらいました。
FI8_2E.jpg

さて、できあがって試食をします。「いただきます」「ごちそうさまでした」。

食後は後片付け。このときはごみを減らす努力。なにより気を配るのは水を汚さないこと。洗剤を少なくするため、食器や調理器具の汚れは捨てるだけの運命にある紙や、使用済みのテレホンカードなどで拭い取ります。こうすることで洗剤を使用しなくても、あるいは少量の洗剤できれいに洗うことができます。
FI8_3E.jpg

さて、今日のエコクッキングを実施した目的は実は他にあります。関大の生協に加盟している学生さんたちが「環境問題に取り組みたい、そのためになにをしなければならないのかを考えるきっかけにしたい」との要望にこたえて実施したものです。
学生さんたちはどのようなことを考えられるか、私たちおばちゃん達は楽しみにしています。また、お手伝いできることがあれば馳せ参じます。
関西大学の学生さんたち、頑張れ!

FI8_4E.jpg

第32回「あルック吹田」散策会 安威川コース(番外) / 07-12-08

正雀川は真っ直ぐの川なので、奈良時代に条里制の線引きの基準とされ、「正尺川」と呼ばれました。平安京造営のために岸部地区で製造された瓦が、この川を経由して淀川から京都に運ばれました。現在、川にはユスリ蚊駆除のために放流されている鯉が見られます。

正雀駅から正雀川を下って安威川に出ました。
正雀川ではたくさんのヒゴイ、マゴイが私たちを追いかけてきます。
「えさを与えないでください」の看板がありますが・・・鯉は追いかけてきます。

正雀川の途中で府道・十三高槻線が工事中です。
0712081a.jpg

安威川に出るとそこから川下に向かって、南正雀ふれあい公園、南正雀スポーツグラウンド、南正雀わんぱく広場が整備されています。

現在の安威川から神崎川は、以前、三国川と呼ばれていました。
「三国(みくに)川」とは山城・丹波・摂津の三つの国からの水を集めた川とのこと。
奈良時代末期の延暦4年(785)に三国川と淀川を結ぶ運河が開削され、瀬戸内海から京都に通じる船便が吹田を経由するようになり、吹田の津(港町)が栄えました。

安威川には冬鳥が来ています。

写真の手前はオナガガモのペア、左奥はヒドリガモです。
ここでも野生のカモのはずなのに、人なつっこく私たちを追いかけてきます。
0712082a.jpg

済生会吹田病院から西にむかって味舌(ました)水路の遊歩道が整備されています。
この地下は排水路が暗渠となっています。江戸時代に上流の各地区から発した何本もの排水路が平行して流れていた名残です。
0712083a.jpg

左は川園町の隆国寺の本堂。
手前の松は面白い形に育てられています。

右は内本町3丁目の大雄院。
クスノキの大木が目を引きます。
0712084a.jpg

大阪から京都方面に向かう「亀岡街道」と西国に通じる「吹田街道」の分岐点にある江戸時代からの道標前の地面には平成版道標が埋め込まれています。

さらに、浜屋敷近くの歩道には「長寿」「文化」「健康」「歴史」「平和」の文字が埋め込まれています。これらのプレートを捜しながらあるくのもたのしい散策です。

0712085a.jpg

[ 更新日時:2007/12/08 20:42 ]

CO2ダイエット(環境家計簿)情報交換会 / 07-12-02

アジェンダ21・エネルギー部会主催のCO2ダイエット(環境家計簿)情報交換会がありました。

今日は家庭の廃油を利用してロウソクを作りました。
0712021.jpg

方法は至って簡単。
廃油を固化して捨てる際の固化剤を熱い油に入れます。

まだ固まらないうちに不用な容器に入れて固まるのを待ちます。
0712022.jpg
おっと、固まる前に、芯になる綿の糸を入れましょうね。
0712023.jpg
芯が寝ないように割り箸で支えておきます。

今の気温では80度くらいの油は10分もすれば固まり始めます。
0712024.jpg

油が固まるのを待っている間に、7月から取り組んだCO2ダイエットについて、感想などを話し合いました。

[ 更新日時:2007/12/02 22:08 ]

三色彩道の風景 / 07-12-01

すいた市民環境会議会員Tさん(山田西)からの投稿です。

12月1日
三色街道において、北千里公民館主催でスケッチ大会が行われていました。
偶然通りかかったので、撮影しました。

071201a.jpg

[ 更新日時:2007/12/01 23:21 ]

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する