2017-10

百葉箱と切られたケーブル /2017-01-15

ヒメボタルが生息する場所の気温・湿度・地中温度を2004年から記録しています。
hota2004aa.jpg
昨年12月17日にデータの取り出しを行ったところ
hota4.jpg
12月13日以降の記録がなく機器の不具合を疑い、翌18日に百葉箱を空けてみると
ケーブルがナニモノかによって 切断されていることが分りました。
hota3.jpg
急ぎケーブルを購入し、肉厚のビニールチューブにケーブルを通し、
12月30日に設置しました。1月12日に 再度、データの取り出しを試みたところ
6日以降の記録がなく、噛み切られていることが、分りました。
(注:写真は1月6日です)
今度は塩ビ管の中を通し、保護することにしたのですが、「ナニモノ」かは、不明です。
hota1.jpg

hota2.jpg
1回目は、腐敗して壊れた百葉箱の底からネズミが入ったのではないかと思いましたが、
肉厚のビニールチューブの噛み傷から「タヌキ」「アライグマ」などの仕業とも思われます。


スポンサーサイト

ヒメボタル生息地クリーン大作戦 / 15-11-23

11月23日(月)勤労感謝の日9:30から
吹田ヒメボタルの会・西山田ヒメボタルの会・NPO法人吹田みどりの会の共催、
吹田市緑化公園室・西山田ふらっとサロン・西山田地区公民館の協力で
ヒメボタル生息地クリーン大作戦がありました。
151129hotaru1.jpg

学校の校庭からのホームランボールがたくさん見つかりました。

151129hotaru2.jpg
昨年の作業は雨で流れたので2年ぶんのごみが出ました。

151129hotaru3.jpg
作業後、西山田ヒメボタルの会の有志が紙芝居でヒメボタルを教えてくれました。

151129hotaru4.jpg
ユリノキが私たちの活動を見守っていました。

ヒメボタル / 2014-06-15

昨夜(6月14日)ヒメボタルの発光がゼロになりました。
今年のヒメボタルシーズンがおわりました。
hotaru-kambam.jpg
今年および過去のデータです。
hotaru-kotoshi.jpg hotaru-tokei.jpg
2011年から発光数が増えてきたように見えます。
千里第4緑地の竹やぶ管理や植樹作業をしているNPO法人吹田みどりの会の成果かもしれません。

ヒメボタル / 2014-05-29

千里第4緑地で今年もヒメボタルがたくさん光りました。
hime529-1.jpg hime529-2.jpg
吹田市の天然記念物に指定されて3年目のかがやきです。


今年のデータ

ヒメボタル発光数調査がはじまりました / 2014-05-02

今年も5月1日からヒメボタルの発光数調査が始まりました。
hotaru1.jpg
蛍光が目立つようにとの思いから、今年も緑地にある園路の街灯を消灯しました。

吹田ヒメボタルの会員の皆様ご参加ください。お待ちしています。

①集合場所:西山田公民館前
②日  時:6月中旬まで毎日20時00分
③持ち物 :あれば懐中電灯
④服  装:藪歩きできるような服装(長袖)と履物(雨の日、その翌日は長ぐつ)


1998年から始めた調査は今年で17年目になります。
今年のデータはこちら
 



ヒメボタル生息地クリーン大作戦 / 13-12-01

12月1日(日)9:30から
吹田ヒメボタルの会・西山田ヒメボタルの会
・NPO法人吹田みどりの会の共催、
吹田市緑化公園室・西山田ふらっとサロン
・西山田地区公民館の協力で
ヒメボタル生息地クリーン大作戦をしました。

hime1201-3.jpg

1998年にこの活動を始めてから16年目になります。
年々ごみの種類、量ともに減ってきています。
hime1201-2.jpg hime1201-1.jpg
作業が終わってみんなでヒメボタルの紙芝居を見ました。

千里緑地のヒメボタル / 13-06-04

今年も約7,000匹のヒメボタルの光りを計測することができました。
そろそろヒメボタルの季節は終わります。
008hime.jpg

今年のデータはこちら

過去のデータもどうぞ

関西大学生がヒメボタル調査に参加 / 13-05-22

関西大学で「共通教養科目・環境と社会」という講座の受講生11人
生協の学生企画室から10人、あわせて21人がヒメボタル発光数調査に参加しました。
130522hota2.jpg  130522hota1.jpg
7時半から西山田公民館で吹田ヒメボタルの会会長の塩田さんの説明を聞き、紙芝居でヒメボタルの生態や、地域の活動を勉強しました。
130522hota4.jpg  130522hota3.jpg
8時から調査にまわりました。この日の発光数は前日よりも減ってしまいました。
それでも目の前で点滅して飛ぶヒメボタルをみて調査してるのか感動してるのか・・・の状態でした。
130522hota5nana.jpg
調査中にナナフシを発見しました。このように自然観察会も兼ねています。
130522hota6all.jpg
最後に全員集合写真です。


調査データはこちら

天然記念物指定地域の看板 /13-05-08

5月8日ヒメボタルの天然記念物指定にかかわる告知の看板が立てられました。

看板は吹田市教育委員会(吹田市立博物館)の名で
千里第4緑地の「高野台3丁目」から「高町池」への通路入口付近に立ちました。

1998年5月、組織的なヒメボタルの調査を開始。
翌1999年11月、吹田市に天然記念物指定を要望

12年が経過して2011年4月に吹田市の天然記念物に指定されました。

130508kamban1.jpg  130508kamban2.jpg
そして、今日(2013年5月8日)指定告知の看板が立ちました。

思えば長い道のりでしたが、道行く方々に一層のご理解が得られるものと期待しています。
これからも、多くの方々にヒメボタルの大切さをご理解いただき、次世代に残し伝えていきたいと願っています。


ヒメボタル調査始まってます /13-05-06

今年も5月1日からヒメボタル発光数の調査が始まりました。
午後8時に西山田公民館前に集合して調査に参加してください。


連休最後の6日、今年の最初の光りをみつけました。
130506hota2.jpg  130506hota1.jpg

130506hota3.jpg
今年はヘビ年だからでしょうか、アオダイショウも通りがかりました。


今年の発光数はこちら

ヒメボタル調査のおしらせ /13-04-24

新緑の季節となりました。
今年もヒメボタルの調査を始めます。
会員の皆さん、ご多忙とは思いますが御参加下さい。


①開始日時と集合場所:5月1日(水)20時00分・西山田公民館前。
②調査は、例年のように所定の調査方法に従って実施します。


201304no4RT.jpg

上の写真はコバノミツバツツジ(左)シロバナタンポポ(右)で、
千里山田第4緑地でこの時期にしか見ることのできない花です。
ヒメボタルと共に生息地である緑地も天然記念物に指定されており大切に見守っていきたいものです。

ヒメボタル生息地クリーン大作戦 / 12-12-01

12月1日(土)9:30から
吹田ヒメボタルの会・西山田ヒメボタルの会
・NPO法人吹田みどりの会の共催、
吹田市緑化公園室・西山田ふらっとサロン
・西山田地区公民館の協力で
ヒメボタル生息地クリーン大作戦をしました。


1980年ころ、この場所が開発される前から毎年多くの実をつけていた柿の木が
とうとう枯死しました(写真左下)。
121201seiso1.jpg


林内の百葉箱では通年で気温、湿度、地中温を計測しています。
きょうはそのデータを回収しました。
121201seiso2.jpg

年を追うごとにごみの量が減ってきています。

121201seiso.jpg

今年のヒメボタルをふりかえる / 12-06-28

今年のヒメボタル調査を終えて、28日夜、西山田集会所でデータの考察会を開きました。
2012_hime-kaigi.jpg
今年は8,000匹を超え、過去最高の発光数を記録しました。
2012_hime-data.jpg
NPO法人吹田みどりの会がヒメボタルの生息する地区の竹やぶ管理やエノキ、コナラなどの落葉樹の植樹をしてきた効果がでてきたのかもしれません。

ヒメボタルは下火になってきました / 12-06-03

千里第4緑地で今年も光ってくれたヒメボタル。
5月30日(水)の991匹が最高で31日(木)は454匹
6月1日(金)497匹、2日(土)206匹
そして今夜3日(日)は293匹と下火になってきました。
シーズン最後の日曜とあって高野台側の道路には
見物にこられた方々の車の列が・・・これは今年最高でした。

120603park.jpg

5月31日:22時36分のヒメボタル / 12-06-01

昨夜のヒメボタル調査終了後
区域Bでヒメボタルを撮影しました。
5月31日:22時36分。区域”B”ISO3200・F5.6、露出30秒
1205312336shio.jpg


写真提供:塩田さん

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する