2017-08

すいはくのウメが咲きはじめました / 16-02-19

博物館では「むかしのくらしと学校」をしています。
つぎつぎと小学生が見学に来ます。
そして野草園も見学しています。

160219hbk-ume1.jpg

160219hbk-ume11.jpg

160219hbk-ume2.jpg

160219hbk-ume4.jpg
スポンサーサイト

紫金山公園のナラ枯れ対処 / 2014-03-31

3月31日紫金山公園のコバノミツバツツジが満開です。
140331shikin1.jpg

一方
紫金山公園のカシ、シイ、ナラ類に住みついたカシノナガキクイムシによって
公園内で最大のコナラの大木が昨年枯れてきました。
最大のコナラはまだ伐採されていませんが、
ナラ枯れした木々が順次伐採されています。
140331shikin2.jpg 140331shikin3.jpg
赤丸は伐採後の切り株。黄丸は現地で燻蒸処置中。

伐採後の木は燻蒸して木の中にいるカシノナガキクイムシを殺虫しています。

140331shikin4.jpg 140331shikin5.jpg

紫金山公園コバノミツバツツジとサクラ / 11-04-09

8日、午後に紫金山公園に行きました。
コバノミツバツツジと桜が両方とも満開でした
110409shikinzan1.jpg  110409shikinzan2.jpg
両方が、見事に同時に見ることができる紫金山公園は、何と言ってもすばらしいです。
明日の日曜日は花見見物に最高でしょう。

「紫金山公園基本計画」竣工お披露目 / 11-04-08

すいた市民環境会議も入って市民参画で
平成13(2001)年1月に策定された「吹田風土記の丘・紫金山公園基本計画」が10年で完成しました。
4月8日午後、現地でそのお披露目の式典が開かれました。
雨にもかかわらず近隣の自治会の方々や
紫金山みどりの会会長、吹田自然観察会会長をはじめ、
この公園に深く係わりのある団体や会員など、多数の方が参列しました。
110408keikaku1.jpg

市長の挨拶に続き、コバノミツバツツジ、サクラなどの花を愛でながら園内を一巡する雨中の花見となりました。

110408keikaku2.jpg

紫金山公園の点描 / 11-04-05

2000年から始まった
吹田風土記の丘・紫金山公園基本計画は10年を経過して
昨年度末で完了しました。
年度末から4月にかけての紫金山公園の点描です。


左:小路新池端に出来たお遍路小屋  
右:小路新池のデッキ
1104koy2.jpg  1104koy3.jpg


下:完成間近い活動支援小屋
1104koy1.jpg

4月5日サクラの満開が近い岸部神社と紫金山公園です。

110405shikinzan.jpg

紫金山公園に特定外来生物のナルトサワギク / 10-12-11

2005年12月特定外来生物に指定された
ナルトサワギクが小路新池で繁茂
しているとの情報があり、
紫金山みどりの会の作業日の11日、すべての株を除去しました。
しかしすでに種(たね)が飛散しているので、今後も監視、除草が必要になります。
101211naruto1.jpg 101211naruto2.jpg

ナルトサワギクはかわいい花をつけますが、全草に肝毒性の強い物質を含み、家畜が牧草にまじったナルトサワギクを食べることによる中毒死がオーストラリアでは多く報告されているとのことです。
繁殖力がきわめて強い上、アレロパシー作用も持つため、在来植物を駆逐する危険性が大きく、茨木市から箕面市にかけての彩都地区ではすでにナルトサワギクがほぼ全域を支配しています。

特定外来生物は栽培、保管、運搬が禁止されています。

小路新池 / 09-03-23

吉志部神社鳥居の西にある小路新池の水が抜かれています。
shouji2.jpg
これは紫金山風土記の丘計画に基づき、
4月からの新年度にこの小路新池を親水性のある池に改修するための第一段階の工事です。

コバノミツバツツジ / 09-03-18

一気に春が来たような陽気の3月18日、紫金山公園のコバノミツバツツジが咲きはじめました。
kobami1a.jpg        kobami2a.jpg
                 コバノミツバツツジの特徴は・・・雄しべが10本

モニ1000里地調査・植物(第2回目2月分) / 09-02-11

2月11日午前中、紫金山公園でモニ1000里地調査・植物(第2回目2月分)を行いました。
調査参加者は7名が参加し、9:40から13:15までかかりました。
蕾か花か実をつけている植物を調べたところ
田圃(A地区)では、35種の植物が、
歴史公園(B地区)では、26種
ゲートボール場の広場(C地区)では、9種。
紫金山山の中、自然遷移に任すゾーン(D地区)3種。
里山管理ゾーン(E地区)8種
五月が丘公園(F地区)8種 計89種を記録することができました。
花も多く咲いていて、
セイヨウタンポポ、オオイヌノフグリ、ハハコグサ・トキワハゼ・ヒメオドリコウソウ、ノゲシ、タネツケバナなどが咲いていました。
木の枝にアオバトがとまっているのをみつけました。

monisea.jpg
次回(第3回)は、 3月20日(祝金)9:3016:00 吉志部神社横のトイレある広場
雨天の場合は、3/26(木)に実施。(時間・集合場所は同じ)です。

定点観測:吉志部神社の発掘調査 / 08-12-09

5月に全焼した吉志部神社では発掘調査がおこなわれています。
FI154_1E.jpg

11/28(金) 原町Oさん撮影


定点観測:吉志部神社と鎮守の杜 / 08-09-13

仮本殿への入口が作られています。背後の鎮守の森は悲しい色をしています。
FI126_1Ea.jpg

仮本殿の内部はできあがっています。
FI126_2Ea.jpg

背後の鎮守の杜(もり)にみどりが見えません。2本のシイノキの幹からごく僅かに葉がでていますが 大勢に影響するには及びません。
FI126_3Ea.jpg

仮本殿のうしろに焼失した本殿の基礎石が見えます。1610年に建てられたものですから約400年ぶりの光景です。本殿建設の前に、 この部分の発掘調査が予定されています。
FI126_4Ea.jpg      FI126_5Ea.jpg
吉志部神社が1610年に、ここにはじめて建てられたのか、 それ以前にも小さな神殿などが存在したのか・・・ 誰も知らないことがわかってくるかもしれません。



定点観測:吉志部神社再建 / 08-09-11

仮本殿への入口が作られています。
FI125_1Ea.jpg

(原町 Oさん提供)

吉志部神社焼け跡の取り壊し / 08-06-26

悪夢の5月23日から一ヶ月たちました。
6月24日(火)から
吉志部神社焼け跡の取り壊し作業が始まりました。



FI78_1Ea.jpg

FI78_2E.jpg



一日でも早い再建を期待しています。

コバノミツバツツジ@紫金山公園 /06-04-07

今、紫金山公園では
コバノミツバツツジとソメイヨシノが満開でとても美しいです。

コバミツの花を紫金山に咲かせようと取り組んだ、
紫金山の里山保全活動が本格的に実ってきました。

060407kobami.jpg

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する