2017-10

第7回吹田くわい祭り / 14-12-07

第7回吹田くわい祭りが快晴の泉殿宮でひらかれました。
大阪学院大学吹奏楽部が開会のファンファーレにつづいて数曲演奏してくれました。
141207kuwai1.jpg 141207kuwai2.jpg

すいたんをはじめ関係者が拝殿でお払いを受けました。
宮脇宮司さんが持つスイタクワイを入れた藁苞(わらづと)は宮司さんが作ったものです。
141207kuwai3.jpg


スポンサーサイト

北村英一吹田くわい保存会会長をしのぶ会 / 14-02-15

高度経済成長期に絶滅寸前にまでに至った“吹田くわい”の保存活動を始められて30年ちかく。
昨年11月その主役の北村英一さんが逝去されました。
kitamura-09.jpg

吹田くわい交流会、吹田くわい保存会および北村英一さんとゆかりのあった人たち30余人が集まって
しのぶ会がありました
思い出話の二時間をすごしました。そしてまた新たな人の出会いがありました。
kitamura-05iei.jpg
遺影には市内の和菓子屋(象屋)さんがつくった吹田くわいが入った
「くわいの里」が供えられていました。

kitamura-04hirano.jpg  kitamura-03.jpg
吹田くわいネットワーク第7回会合07-12-16    第1回吹田くわいシンポジウム08-02-23

kitamura-02 20090208-1306  kitamura01a.jpg
吹田くわい試食会09-02-08   北村さんにとって最後の公式行事となった昨年の吹田祭りでの記念撮影です






第5回吹田くわい祭り / 12-12-09

12月9日am11時から泉殿宮で
第5回吹田くわい祭りが開かれました。
スイタクワイや野菜売り場には長蛇の列。スイタクワイはすぐに売り切れました。
FM千里が生レポートしていました。
121209kuwai1.jpg  
121209kuwai2.jpg  121209suiku.jpg

宮司の宮脇さんがすいたんと平野さんのツーショットを撮影していました。


産経新聞から2012.12.9
甘い吹田くわい20キロ 市民ら収穫 きょう朝市で販売 大阪
 正月のおせち料理に使われるなにわの伝統野菜「吹田くわい」の収穫作業が8日、吹田市江坂町の平野農園で行われ、ボランティアで参加した大阪学院大学(同市岸部南)の学生や市民ら20人が畑に入り、約20キロを掘り出した。
 吹田くわいは、こぶりでえぐみ(アク)が少なく、栗のような甘さが特徴で、古くから吹田で栽培。江戸時代には、京都御所にも献上されていたとされるが戦後、都市化が進み、すたれていた。この「幻の野菜」を復活させようと、平野紘一さん(72)ら市内の農業者や市民団体が市などの後押しで栽培を進めている。
 この日収穫された「吹田くわい」は9日午前11時から、阪急吹田駅東側の泉殿宮境内で開かれる第5回「吹田くわい祭り」の朝市で販売される。また、吹田くわい料理の披露や、落語、紙芝居などのイベントが行われる。


テントの中ではキオナさんの紙芝居と笑福亭呂好さん(写真上)と笑福亭瓶太さんの落語がありました。
121209kuwai3.jpg

これに先立ち、吹田くわい関係者が神社拝殿にのぼり、お祓いと祈祷をうけました。
121209kuwai4.jpg
すいたんも参列しました。


吹田くわい発表会 / 12-02-04

2月4日11時から吹田高校のくわいホールで
校長先生の挨拶、家庭科部顧問の先生の解説につづいて
家庭科部の生徒が4年間の活動報告や紙芝居をしました。
stkkkw0.jpg

活動報告はよ吹田クワイをめぐる最近の動きをよくまとめていました。
stkkkw11.jpg  stkkkw8sibai.jpg


そのあと吹田くわい入り炊き込みご飯の試食をしました。とってもおいしかったです。
stkkkw4.jpg  stkkkw5.jpg
階段教室のくわいホールの後ろの壁では、ここ数年間の『吹田高校くわいプロジェクト』の写真が見られました。

今回の発表は今年8月に奈良市で開かれる第60回全国高等学校家庭クラブ研究発表大会で近畿代表で発表する予行演習も兼ねていました。
stkkkw6.jpg


吹田高校のホームページにも掲載されています。

第3回吹田くわい祭り / 10-12-05

今年で三回目になる吹田くわい祭りが泉殿宮で開かれました。
101205kuwai1.jpg
午後1時開園(正午に、吹田くわい整理券配布)
平野農園の吹田産のうまい新鮮野菜の販売や
野菜でシェフがうまいもんでロハス屋台(12時半頃より)が出ました。
・ 旬屋 じょう崎      和食  
・ プリマヴェーラ      イタリア
・ レストラン サンスーシ フランス

テントのステージでは長野たかしさんのフォークが、
101205kuwai5.jpg  
つづいて、らっきょむ(本名:荒木喜勇)さんの紙芝居
4コマ紙芝居という短くて子どもにもわかりやすい新しいジャンルの紙芝居でした。
101205kuwai6.jpg
浪花のあにわの伝統野菜応援団の店も出ました。スイタクワイのはいったすいたまんも大好評。
101205kuwai2.jpg 
社務所では関西大学の人気女子大生‘花の家かぼす’さんのアシスタント&司会で
平野農園の平野さんと笑福亭瓶太さんのトーク。
そして野菜落語としておなじみの「青菜」が演じられ大爆笑をさそっていました。
101205kuwai7.jpg

ボランティアスタッフのみなさん、お疲れさまでした。また来年も・・・・

101205kuwai-staff.jpg

ご案内  12月5日/第3回吹田くわい祭り

101205kuwai.jpg 三回目の今年も泉殿宮で開催されます。
12月5日(日)午後1時から野菜市、野菜寄席があります。

これに先立って
世話役をなさってる大阪学院大学の鎌苅(かまかり)宏司教授が
12月3日(金)FM千里13:00-14:00 サテスタ放送の
『寺谷一紀 の千里の道も一歩一歩』に出演
して
第3回吹田くわい祭りを広報します。

第2回 吹田くわい祭り /09-12-06

泉殿宮で。
「安心・安全な地元野菜を地元で楽しむ」というコンセプトで
第2回 吹田くわい祭りがありました。
091206-kuwai1.jpg


大阪府エコ野菜の認定を受けた江坂3丁目の平野農園の新鮮な地元野菜の直販
吹田野菜を用いてお料理を提供しているレストラン2店と自然派パン屋さんが出店
そして地元ボランティアさんによる平野家のお雑煮
091206-kuwai2.jpg

午後からは社務所二階で笑福亭瓶太さんの「野菜落語」があり大いに笑いました。

091206-kuwai3.jpg

12月6日(日) 「第2回 吹田くわい祭り」の御案内

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
     12月6日(日) 第2回 吹田くわい祭りの御案内
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
日時:12月6日(日)10時~ (11時開会式:石井博章実行委員長)

場所:泉殿宮(宮脇一彦宮司)境内にて
           (阪急電車千里線「吹田駅」下車2分)


コンセプト:「安心・安全な地元野菜を地元で楽しむ」


内容:大阪府エコ野菜の認定を受けた江坂3丁目の平野農園
   (平野紘一さん)の新鮮な「吹田くわい」をはじめと
   する地元野菜の直販(やさい朝市11時~

   吹田野菜を用いてお料理を提供しているレストラン
   2店と自然派パン屋さん、そして地元ボランティア
   さんによる出店販売(ロハス屋台11時~

   笑福亭瓶太さんの落語(やさい落語13時~入場無料)

   携帯ストラップなど(グッズ販売10時~

   なにわの伝統野菜案内コーナーほか(10時~


注意:小雨決行。大雨のときは「やさい落語」のみの開催。
   売上の一部は、泉殿宮の霊泉復活と吹田くわい保存会
   の活動費に充てます。

追記:「ロハス屋台」出店者

 フレンチのサンスーシ(江坂)50食
 イタリアンのプリマヴェーラ(吹田旧市街)50食
 自然派ベーカリーミル・ヴィラージュ(山田)
               吹田くわいパン100カット
 市民グループ(高津さん)吹田くわいお雑煮 100膳 
  
  なお、駐車スペースが大変限られておりますので、関係
 者のみと致します。お客様は電車かバスを御利用下さい。


  宮司さんとじゃんけんで勝ったらもれなく景品が当たる
 企画もあります。

      いずれも楽しい地元のお祭りを目指しています。
             どうかお楽しみに


■お問い合わせ:06-6537-0111 鎌苅宏司まで 

2008年度 吹田くわい試食会 / 09-02-08  千里金蘭大学

吹田くわい保存会会長・北村さん(左)、千里金蘭大学学長・多胡さん(中)のあいさつにつづいて安田先生(右)が市販のクワイとスイタクワイの食べ比べの説明をしました。

kinr1a.jpg

お皿にクワイの煮物がTとSと名づけられて出てきて、これを食べ比べました。
苦味、甘味、歯ざわり、栗ににてる?などの項目にチェックをいれるのです

kinr2a.jpg

部屋(教室)を変えて試食会の本番です。
?煮物(煮染め):食べ比べ:官能評価をおこなう
?揚げ物:くわいチップサラダ :油で揚げ、チップにしてレタスサラダのトッピングとする
?茹で物:関西風雑煮:白味噌仕立ての関西風雑煮に入れる
?蒸し物:吹田くわい雛(おびな):吹田くわい雛(男雛)の顔に見立てる(胴体はおにぎり)
?砂糖(シロップ煮):吹田くわい雛(めびな):吹田くわい雛(女雛)の顔に見立てる(胴体は桜餅風)
?素焼き:素焼きのくわい

kinr3a.jpg

すべて食べ終わったとき、?の食べ比べは
Tがスイタクワイで、Sが市販のクワイだったと教えてもらいました

kinr4a.jpg

メイシアターで吹田高校生がスイタクワイプロジェクトを発表 / 09-02-07

吹田高校はここ数年、家庭科の授業の一環としてスイタクワイを取り上げています。すいた市民環境会議など“スイタクワイ・ネットワーク”はその支援をしています。
 2月7日(土)メイシアターで吹田高校の生徒による『スイタクワイプロジェクト発表会』がありました。
FI174_2E.jpg

 なにわの伝統野菜を紙芝居で紹介。生徒の割り台詞がよかったです。つづいてパネルで学校でのスイタクワイに関した活動を説明してくれました。

 会場にはスイタクワイで作ったクッキーが振舞われました。
  ポスター展示もわかりやすいものでした。
FI174_3E.jpg

 吹田くわいネットワークにも入っておられるガールスカウト大阪21団の立木靖子(ついきのぶこ)さんが作曲なさった『吹田くわいを知ってる?』の歌が会場に流れました。歌ってたのはガールスカウト大阪21団のみなさんでした。
FI174_4E.jpg

 この歌は昨年末の「吹田くわい祭り」のために立木さんが作曲なさったものです。歌詞は16番まであるそうです・・・

京都大学名誉教授の阪本寧男先生お宅訪問 / 08-11-24

 去る10月4日に第10回吹田くわいネットワーク学習会にお招きした阪本寧男先生の講義がとても興味深かったので、吹田くわいネットワークのメンバーが阪本先生のお宅を訪問して、さらに詳しくお話を伺いました。

FI149_1E.jpg

 1974年10月吹田市民生部産業課課長のYさんから南吹田のKさん(74=1900年生まれ)を紹介され話を聞いた。民生部産業課農務係長のOさんが同行した。
 (大正9年)Kさんの二十歳ころにはスイタクワイはたくさんあった。
 南清和園町町から泉殿神社付近にたくさんあった。
 栽培はしてなかった。
 稲刈りしたあと、誰でも掘ってよかった。
 除草剤を使うようになった昭和5年ころには絶滅した。
 昭和30年ころから40坪ほどで栽培を始めた。
 オケグツをはいて田に入った。
 掘ったスイタクワイは高浜神社の近くにあった店に出した。
 「芽が吹く」といってお正月に食べた。

 このほか元町のBさん、内本町2丁目のTさんからも話を聞いた。
 翌年1975年5月に再度、南吹田のKさんを訪ね、話を聞いた。
 スイタクワイがたくさんあったところは泉町、穂波町、南吹田、清和園町、南清和園町、川岸町、寿町1,2丁目、中の島町だった。
 1975年に万博日本庭園に分けた。
 隣人のKmさん(72歳)が所蔵していたクワイ掘り農具1丁とオケグツ一足をもらった。
 井地(いじ=泥田)で用いた舟=足で踏んで水を追い出すもの=は吹田第三小学校にある。
FI149_2E.jpg    FI149_3E.jpg

 さらに1975年6月には役所のOさんも同行して岸部南のスイタクワイ畑を見に行った。
 (この写真は上映されたスライドを写したものです。 後方は大阪学院大学と思われます)
FI149_4E.jpg


 このようにして約3時間にわたって、阪本先生が京都大学助教授時代に精力的にスイタクワイを調査したお話を伺いました。先生はこれらの調査記録を克明にフィールドノートに記載なさってましたし、しかも写真もあるので、私たちが1975年の吹田を調査している気分になりました。


吹田高校でスイタクワイ料理方法の講義 / 08-11-21

11月18(火) 10:40~10:50
11月20(木) 10:20~10:30
11月21(金) 13:15~13:25の三回にわたり、
すいた市民環境会議は
吹田高校2年生の高校家庭科授業のはじめ、10分間で
スイタクワイの調理方法、活用例などお話しました。

FI162_1E_20091111220158.jpg

第10回吹田くわいネットワークの会合と学習会 / 08-10-04

10月4日(土)午前9時半から吹田男女共同参画センター(デュオ)会議室で
吹田くわいネットワーク第10回の会合と学習会がありました。

今回は元京都大学大学教授の阪本寧男先生に「半栽培植物と吹田くわい」~植物と人間の共生関係の成立過程(植物のドメスティケーション)~という講義をしていただきました。
≪ドメスティケーションとは栽培化という意味です≫

朝から25名の参加がありました。
その中には府立園芸高校の谷本先生や神戸大学農学部の伊藤一幸教授など専門家の姿もありました。
吹田くわい保存会の北村会長の挨拶の後、阪本先生の講義が始まりました。
FI130_1Ea.jpg
レジメと資料に沿った形で、大学の講義のようにお話が進みました。
現在は、ほとんどの食物が栽培化あるいは家畜化されたものを食料にしている。
祖先野生植物(オモダカ)が栽培植物(クワイ)になる途中に半栽培植物として(スイタクワイ)がある との位置づけを説明されました。
(1) ドメスティケーションの過程は、植物とそれを利用する人間の間に成立した共生関係の発展過程として把握できる。
(2) 極めて長期間続いた採集・狩猟生活の中で、人間の生活活動による環境攪乱に適応した植物群が群生するようになり、それを利用する過程で、半栽培の段階が出てきた。
(3) その中の有用なものから人間は栽培植物を創り出し、農耕を始めた。
(4) この過程の中で人間は栽培植物に依存する度合の高い生活様式(農耕)をとるようになった。

その結果、スイタクワイをめぐる人間の働きかけ(文化)として、次の8点にまとめておられました。(坂本・1995)
1.高湿田の雑草であったが、除草の際残しておく。栽培はしていなかった。
2.稲刈りのあと誰でも掘ることができた。3.収穫用の“クワイ掘り”と“桶沓”があった。
4.年末に“鴨”という藁づとに入れて贈った。(写真)
FI130_2Ea.jpg
5.高浜橋のたもとにスイタクワイを売る店があった。
6.正月の祝膳や京都では雛祭りに甘煮して供えた。
7.京都御所に献上するための献上籠があった。
8.明治時代には約10石(1800リットル)の収穫量があった。


■質疑応答■
Q1:スイタクワイは、なぜ、栽培植物とならなかったのか?
A:吹田地区に生産が限られていたこと。

Q2: オモダカは苦くて、どんな料理法でも食べることはできない。それに比べるとスイタクワイは苦みがない。人の選択で苦みがないものがつくられたのではなく、元々、苦みがなかった種類ではないのか?
A:そうとは言えない。

Q3:スイタクワイの交配をしているが大きさに変異はない。オモダカとスイタクワイの掛け合わせをしたが、連続性がなく、スイタクワイは常に大きいものができる。ふしぎである。

Q4:スイタクワイの栽培化を続けると、品種改良が起こり、別の形質を持つようにならないか?
A4:量産されると、全く別のものになる可能性がある。

Q5:土壌成分によって、スイタクワイの表面の色が変わることがあるのか?
A5:栽培して変化したものとそうでないものがあらわれた。
FI130_3Ea.jpg
==============
印象深かったこと
スイタクワイを半栽培植物の例として注目し、研究対象とされたこと。
スイタクワイ採集の話。
吹田の農家で誰が採集してもよい状態で植えられていたが、専門の掘る道具などの文化があったこと。
さらに、
木下ミチさん、金馬ヨシエさんとの出会いを正確に覚えておられ、その話しを聞くことができたこと。
==============
阪本先生はとてもお元気で、受講生の方が圧倒されるくらいでした。
おかげで、たくさんのことをを学習できました。ありがとうございました。


第9回吹田くわいネットワークの会合と学習会/ 08-07-31

解体の方向が決まった吹田市民会館で7月31日夜、
第9回吹田くわいネットワークの会合と学習会が開かれました。


FI96_1Ea.jpg

【1】学習講演会は農水省で水田雑草の研究をつづけられ、平成14年から神戸大学農学部教授をなさってます伊藤一幸さんに『吹田クワイなどの、オモダカ科の生活史』について講演していただきました。

FI96_2Ea.jpg

・スイタクワイの植え時は(昼間の長さがだんだん短くなっていく)6月の夏至以後がベターであろう。

・スイタクワイは除草剤の影響を最も受けやすい(除草剤に弱い)植物。
 実験では100分の1の濃度で葉っぱに奇形が現われます。
FI96_3Ea.jpg


【2】講演のあと、一時間にわたって質疑応答や今年の吹田くわいの生育状況、意見交換がありました。

田んぼのようにかんかん照りの場所では花はよく咲くが根塊は成長しない・・・
4月に発芽したスイタクワイをそのまま育てると、夏に力が尽きてしまい、収穫は少なくなる・・・
などなど、いやはや活発でした。

FI96_4Ea.jpg

第8回吹田くわいネットワーク学習会/ 08-05-22

5月22日夜、市民会館で
第8回吹田くわいネットワーク学習会がありました。

今夜は天王寺蕪(かぶら)の会事務局長の難波りんごさんを講師にお招きして
『なにわ伝統野菜・天王寺かぶらの保存と普及活動』のお話をうかがいました。

みなさんご存知でしたか?野沢菜のルーツは天王寺蕪だったということを!!

ほとんどの大阪の人は「天王寺かぶら」というものを知りません。しかし信州のほとんどの人は「天王寺かぶら」を知ってます。「野沢菜の親」として。
たしかに野沢菜の入った袋には「野沢菜のルーツは天王寺蕪です」と記載されています。また野沢温泉村のパンフレットにも「天王寺蕪」と「野沢菜」の歴史が紹介されています。野沢温泉観光公式ページの「野沢菜の歴史/野沢菜発祥の秘密」の項にも書かれています。
FI62_1E.jpg

天王寺蕪の会ではその普及活動として絵本、のど飴、焼酎、ワッペンなど多くのグッズをつくっています。さらに驚きは歌までつくって小学生から高校生までが歌っているとのことでした。

≪かぶらのうた≫
1 わてはてんのうじの かぶらです
つけもの にもの ほしかぶら
おいしすぎて すんまへん
おおさか きたら こうてって

2 しんしゅう ながのへ つれられて
きたんは ええけど さむすぎる
みは ちぢまる はっぱは のびる
ながのの のざわな たんじょうや
FI62_2E.jpg

さらに≪なにわ伝統野菜の歌≫というのもできています。

きみは知ってるかい
天王寺かぶらと いう名の・・・・・※①
ふるさと なにわ 味わい自慢の 野菜を
遠い昔に 思い寄せて
よにがえれ 伝統の香り 食卓に


※②は 勝間(こつま)なんきんと
※③は 毛馬(けま)きゅうりと
※④は 田辺だいこんと
そして今夜※⑤に スイタクワイと を追加しました。

FI62_3E.jpg

===========
スイタクワイに関してもグッズがありました。
泉殿宮(いずどのぐう)の絵馬にスイタクワイが書かれたものがあります。

吹田でもスイタクワイの食べ物グッズは開発中ですが
そのほかのグッズや歌をつくりましょう・・・と盛り上がって会はお開きになりました。

次回は7月31日(木)19時から市民会館5階NPO室です。
神戸大学の伊藤一幸教授に「クワイやオモダカの生態」を語っていただく予定です。

FI62_4E.jpg

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する