2018-06

関西大学博物館前のクスノキ / 18-06-14

吹田の保護樹木に指定されている博物館前のクスノキが枯れました。
kandaikusu1x.jpg 

kandaikusu2x.jpg 

kandaikusu3x.jpg 
さびしいかぎりです。

スポンサーサイト

関西大学博物館前のクスノキ / 18-04-13

関西大学博物館前のクスノキが枯れてきました。
180413-4w.jpg 
前回2007年大木調査時は健康そのものでした。
180413-3w.jpg 
昨年の調査時には葉が少ない感じがしました。
180413-1w.jpg 180413-2w.jpg
今年4月、新しい葉が出てきません。

 関西大学では昨年夏に学内から「弱っている」という指摘を受け、
関大管財局が造園業者と相談。水がいきわたっていないと判断。 
 今年2月根本の面積を広くする工事を実施 。
横に張る根がアスファルトにからんでいたのでそのまま盛り土した。根は生きていた。
 しかし落葉の時期の4月、葉が落ちたが新しい葉が出ない
 キャンパスにたくさんあるクスノキの中でこの木だけの現象なのか?しばし経過観察中。

大木調査2017 第70回 / 2018-02-20

調査回 第70回
日時 2018年2月20日(火)9:00~12:00 
調査場所 高野台1丁目、千里山月が丘、千里山東3(関大)、上山手町(民家)、原町3(民家) 
調査参加者 8人 
調査結果 調査11本 合格11本(内2007年大木5本、新規6本) 
コース内2007年大木7本、現存5本、2本見当たらず 
2007年大木No113、374、395~399、 実在せずNo397、398  
 
トピックス
①場所別 
高野台1丁目 2017年に新規住宅建設で入ることができず、調査し残していた場所 
    02高野台コナラの根元 
       高野台コナラの根元
    2007年大木5本の内3本現存、2本は実在せず。新規追加3本あり、5本→6本 
千里山月が丘 大阪学院大学セミナーハウス北側樹林に新規クスノキ1本。 
    前回(11/30)有刺鉄線で囲まれていて調査できなかったが、今回、幹周りを測定できた。 
千里山東3・関大千里山北広場の樹林のコナラ(2007年大木No374)、
    前回7/27調査時スズメバチがいたため調査できなかった。 
    隣にあったアベマキが新規大木となった。 
上山手町民家ヤマモモ(2007年No113)、調査コースから外れていたため、調査が遅れた。 
原町3・民家クロマツ、前回9/20有刺鉄線に囲まれ測定できなかった。今回測定できた。 
 
②樹種別大木数 
コナラ    2007年大木2本、現存2本。新規無し。 
アベマキ   2007年1本+新規1本=計2本 
エノキ    2007年1本+新規1本=計2本 
ヤマモモ   2007年1本、現存 
ポプラ・アラカシ・クスノキ・クロマツ 各新規1本 
  合計    11本 
 
③今日のトピックス 
1)高野台1-5高台(大和谷)根元が浮き上がっているコナラは元気でした。 
  コナラの北側のアベマキの前で、全員集合写真を撮った。 
     03高野台アベマキ前 
  2007年大木2本(アラカシ・アベマキ)が見つからなかった。
    (周辺の新規住宅開発の影響は不明
2)千里山月が丘クスノキ、原町クロマツは有刺鉄線の中にあったが、
  測定できた。新規大木であることを確認。 
3)関大でスズメバチのため測定できなかったコナラ(2007年大木)を測定、
  その横に新規アベマキが見つかった。 
4)その近くの草はらに、ナルトサワギクが群生していた。 
     09 ナルトサワギク群生  
4)上山手民家ヤマモモ、樹形の良い木の前で2回目の全員集合写真を撮った。 
      10上山手町民家ヤマモモ前
5)今日予定のコースは約8Km、当初予定の木をすべて調査することができました。 
 

大木調査2017 第69回 / 2018-02-19

1.千里山高塚31 民家裏のエノキ 
11月30日の調査時、No19のすぐ近くにあった木(2007年No324)ですが、地主の方が 不在で調査できませんでした。 
今日、前を通過したとき、地主の方が家におられたので測定をお願いしました。しかし、大木の位置が崖で、小屋のはずれにあり測定できないといわれたので、あきらめました。 
2007年210㎝(多分推定値)だったので、今回220㎝と仮の値にしました。 
   01-001 takatuka 
高さ20.0m  
No1118 北緯 34.46.57.15  東経 135.30.56.74 
 
2.泉町 モモの家 クスノキ 
 2月1日の調査時No1のクスノキ、当日どなたもおられなかったため、高さを測りましたが幹周りを測定できませんでした。 
今日、モモの家に人がおられたので、お願いし、幹周り測定し、根元の緯度経度を測りました。
     02-009 momohouse     
幹周り206㎝(写真の通り根元は太かったのですが、130㎝では206㎝でした) 
No1123 北緯 34.45.44.52  東経 135.30.50.56 


大木調査2017 第68回 / 2018-02-13

調査回 第68回
日時 2018年2月13日(火)9:00~12:00
調査場所 千里丘中(樹林)、山田東3丁目(別所墓地)、万博公園南側
調査参加者  5人
調査結果 調査20本 合格19本
               (枯れた木5本、主幹が切られているものの生きている木3本を含む)、不合格1本。
                 内2007年大木9本、完全枯れ木2本、
                 幹が切られて生きている木2本、元気な木3本、なくなった木2本
新規大木12本。完全枯れ木3本、幹が切られて生きている木1本、
         元気な木8本、他に不合格の木1本
         2007年大木No194~199、303~304、309、 実在せず、195、196 
トピックス
①場所別
千里丘中21(民有地・コナラ樹林) ナラ枯れで健康な大木が少ない。
  しかし、現在住宅地として改変改革が進んでおり早晩すべて消失するだろう。
  2007年大木6本 
     内元気な木なし、幹切断で生き残っているき2本、枯れ木2本、現存せず2本、
  新規大木 6本 内元気な木2本、幹切断で生き残っている木1本、枯れ木3本
千里万博公園3 2007年大木3本 すべて現存  新規大木 5本、不合格1本
山田東3-3 新規大木ソメイヨシノ1本
②樹種別大木数
コナラ 2007年大木5本、内元気な木無し、幹切断2本、枯れ木2本、現存せず1本
     新規大木6本、  内元気な木2本、幹切断1本、枯れ木3本
        計11本
クスノキ   2007年大木2本+新規3本=5本、不合格1本
エノキ    2007年1本+新規1本=計2本。2007年大木現存せず1本
プラタナス  新規1本
 合計      19本

今日のトピックス
1)千里丘中のコナラ林、大木のほとんどがナラ枯れの洗礼を受けていた。
       10x 078住宅開発計画 
       千里丘中樹林の開発計画
  しかも、現在住宅開発が進められていて、この林のすべての木がなくなると思われたので、
   墓碑銘のつもりで記録を残しておくこととした。
       01x 062全員集合 
       千里丘中樹林のナラ枯れの木の前で全員集合

  大木10本 元気な木2本、幹切断の木3本、枯れ木として残っている木5本。
       07x 045枯れ木4本組 
       ナラ枯れ被害にあった木4本組
       (右上No6は生きている木、それ以外3本は枯れ木)
  他に1007年大木でなくなった木2本(コナラ1本、エノキ1本)
2)千里万博公園3、南側スポーツ広場の名神近くで、
         クスノキ大木5本(内2007年大木2本、新規3本)、不合格1本
      19 127万博南側大木 
     千里丘中は枯れ木が多かったので、元気な木の事例として万博南側の元気な木 
3)千里万博公園3 万博日本庭園南口広場 大木3本(エノキ2本、プラタナス1本)
4)山田東3-3  別所地区墓地近くで、ソメイヨシノ1本
5)今回の調査で千里丘地区はすべて終了した。

万博公園は日本庭園・太陽の塔周辺・南口旧エキスポタワー周辺の調査し残しがあるが、3月初旬、太陽の塔の内部見学用工事終了後に未調査分を調査する予定。

次回2月20日調査予定は高野台1丁目5の高野台中学校西側の高台(2007年395~399)ほか
集合 9:00 南千里駅改札口付近



大木調査2017 第67回 / 2018-02-12

調査回 第67回
日時 2018年2月12日(月)11:45~12:45
調査場所 高野台5丁目 千里第4緑地
参加者  1人
調査結果 調査3本 合格3本、何れも新規
トピックス
①場所別
高野台5丁目千里第4緑地 高野台住宅地の東北角 送電線下ヒマラヤスギ 200㎝
      01xx 115ヒマラヤスギ切断後
       送電線柵内のヒマラヤスギが切断されていた
     高野台5丁目千里第4緑地 名無し池(西山田小学校裏の池)南側アカメヤナギ210㎝
    
       02xx 147アカメヤナギ池の南北より
      名無し池(西山田小裏の池)南側のアカメヤナギ
高野台5丁目千里第4緑地 名無し池(西山田小学校裏の池)西側コナラ208㎝
      03xx 151コナラ 
      名無し池(西山田小裏の池)西側のコナラ
②樹種別大木数
ヒマラヤスギ・アカメヤナギ・コナラ各1本


環境講座「吹田のみどりと自然保護活動」 / 2018-02-11

わくわくの郷主催行事
「吹田のみどりと自然保護活動」という環境講座に参加しました。
    wkwk-1w.jpg
メニュー
・吹田市第2次みどりの基本計画」について
    吹田市土木部公園みどり室
・千里ニュータウンの里山林の種多様性
    武田義明氏(神戸大学 名誉教授)
    wkwk-2w.jpg   
活動団体からの発表と意見交換
①吹田の大木調査からわかったこと
    小田忠文氏(NPOすいた市民環境会議 会長)
    wkwk-3w.jpg 
②竹林から雑木へ林へ
    前川光宏氏(NPOすいた環境学習協会 監事)
③紫金山公園のナラ枯れ
    金谷 薫氏(紫金山みどりの会 事務局)
    wkwk-4w.jpg
     全員で質疑応答がありました

大木調査2017 第66回 / 2018-02-06

調査回 第66回
日時 2018年2月6日(火)9:00~12:30
調査場所 泉町(モモの家)、南金田町(南吹田公園・南金田公園)、南吹田(吹田南小学校・下新田公園・上新田公園)、南清和園町(南清和公園・吹田第6小学校)、中の島町(神崎川河  川敷)、内本町(大幸薬品)、東御旅町(三明商店・三島製紙吹田寮)
調査参加者 4人
調査結果 調査22本 合格17本、
内2007年大木8本、新規大木9本。3本不合格、2本調査途中(再度測定予定)
2007年大木10本のうち現存8本、切株1本、実在せず1本
2007年大木No625~626、783、786~792 内切株のみNo788キリ、実在せずNo789クスノキ

トピックス
①場所別
泉町1丁目(モモの家)大木合格間違い無しと思われるクスノキがあったが不在で入場できず。
      01 momoxx 
       桃の家のクスノキ(幹周り測定できず)
                              隣の駐車場から高さは測定するも、幹周り調査は次回に持ち越し。
泉町3丁目(吹田第二小学校) 教頭先生から「生徒のいないとき、前もって連絡の上、来てほしい」
                                          とのことで、測定できず。(2007年大木2本)。次回調査。
南金田1丁目(南吹田公園)2007年大木783クスノキ+新規クスノキ1本
南金田2丁目(南金田公園)アラカシ不合格
南吹田5丁目(吹田南小学校)ソメイヨシノ不合格
      (下新田公園)木に輪を巻いたようなこぶのある珍木ナンキンハゼ(2007年No786)で全員集合写真。
    06allallyy.jpg 
      珍木ナンキンハゼの幹と一緒に全員集合(幹周り251㎝)          
                                    他に2007年大木クスノキNo787+新規クスノキ1本あり。
            (五反島公園)一巡するも大木無し
南吹田1丁目(上新田公園=JR東側)ケヤキ新規1本
南清和園町(南清和公園)2007年No790クスノキ+新規クスノキ1本
       (吹田第六小学校)2007年クスノキNo791、ポプラNo792、のほか、
                                       新規ポプラ2本、ソメイヨシノ1本で、合計5本。
中の島町(神崎川河川敷)新規エノキ1本
       17 kasenxx 
        神崎川河川敷で悠々と育つエノキ
       (幹周り236㎝=60㎝高、5本立ち238㎝-130㎝高)
内本町3丁目(大幸薬品)新規クスノキ1本
       18 taikoxx 
        大幸薬品のクスノキ(幹周り213㎝)
東御旅町(三明商店)2007年No625イチョウ健在。
       19 sammexx 
        三明商店のイチョウ(幹周り321㎝:今日の最大木)
    (三島製紙吹田寮)2007年No626ソメイヨシノ+新規ソメイヨシノ=計2本
東御旅町(日本触媒駐車場)大木レベルのクスノキと思われる木があるも、入場許可されず、次回に持ち越し。
西御旅町(日本触媒アメニティプラザ)ソメイヨシノ70㎝高で218㎝、130㎝では3本立ち197㎝で不合格1本あり。                            これらは今回は非公式。正式調査は入場許可を得て、実施する。
    (セントポーリア北大阪)ソメイヨシノ大木に到達していなかった。

②樹種別大木数
クスノキ   2007年大木4本+新規3本=7本
ポプラ    2007年1本+新規2本=計3本。
ソメイヨシノ 2007年1本+新規2本=3本
ナンキンハゼ・イチョウ 2007年大木各1本健在
ケヤキ・エノキ 2007年0本+新規各1本=計2本
  合計     17本

③今日のトピックス
1)地主の方が不在(モモの家)、正式調査に予約必要(吹田第二小学校、日本触媒)と言われ、すべてを消化できなかったが、ほぼ予定通りのコースを調査できた。
2)南清和園町の吹田第六小学校、2007年2本→5本と、ポプラ2本、ソメイヨシノ1本が追加された。
3)神崎川河川敷、大幸薬品など、伸び伸び育っている大木が新しく見つかった。

次回調査予定 千里丘残り~万博公園南側残り
2月13日(火)集合 9:00JR千里丘駅改札を出て西口
                    解散 12:00頃 万博公園南側周辺
内容 2月1日雨天のため調査できなかった千里丘中の樹林でのコナラ大木を探します。
     (2007年No194~199。樹林の中へ入ります。)
終了後、万博公園南側に移動して調査します。
       (2007年No303~304、309)


すいた環境教育フェスタ / 2018-02-03

すいた環境教育フェスタが(メイシアターが改修工事中なので)
くるくるプラザでありました。
        180203kkf1x.jpg 

        180203kkf2x.jpg 
大木調査の中間報告しました。段ボールで円周2mの木を体感してもらいました。
     180203kkf6x.jpg

   180203kkf5x.jpg 

   180203kkf3girlsx.jpg 
    隣のブースで吹田くわいを展示していた
    大阪ガールスカウト第21団のメンバーが見にきました。
   180203kkf4 Mayorx 
   後藤市長は熱心に説明を聞いてくださいました
  例年、来場者に配るプログラムは700~800部出ていきますが
  今年は400部ほどでした。

大木調査2017 第64回 / 2018-01-29

調査回 第64回 
日時 2018年1月29日(月)9:00~12:00 
調査場所 藤白台5丁目・千里北公園(旧農園)  
調査参加者 6人 
調査結果 調査30本 合格23本、内2007年大木5本、新規大木18本。不合格7本。 
2007年大木No684,699~702  すべて現存。 
   00 004ラジオ体操でスタートww
  寒い日なので、体のウォーミングアップとしてラジオ体操をしました
トピックス
①樹種別大木数 
クスノキ  2007年大木5本+新規15本=20本 
コナラ   新規2本  
アベマキ  新規1本 
 合計    2007年大木5本+新規18本=23本 
   20 113ネザサ群落内の大木を探すww  
    2mを越えるネザサ群落内で、大木を探す   
②今日のトピックス 
1)藤白台2丁目住宅に近い傾斜地のクスノキ、PartⅡでは4本でしたが、今回調査7本で、合格6本になりました。
  01 -07 094藤白台住宅東側クスノキ並木ww  
   調査開始はクスノキ並木、藤白台住宅側の斜面に列稙されており、7本中6本が合格  
2)その東側、全く樹林管理・竹林管理のされていない中央部高台では、背丈ほどあるネザサ群落の中を大木を探して歩く厳しいコースでしたが、コナラ2本、アベマキ1本、クスノキ1本と4本新規確認しました。 
   08 059高台(標高60m)で集合写真ww   
   北公園最南端近くの高台(標高60m)、ネザサの上から全員集合
3)その北側中央鞍部の竹林内クスノキ、5本調査し、合格は2本のみでした。 
4)東側水遠池側のクスノキ林、11本調査し9本合格、2本不合格でした。 
    27 144ブッシュの中の調査ww
     最後までブッシュの中でした
5)更に、前回1/25の調査で残っていた農道中央入り口付近で3本調査し、2本合格、1本不合格となりました。 
    26 138水遠池工事中ww  
     工事中の水遠池 バックは上山田のマンション「アーバンライフ」 
次回の調査予定地は場所変更です。 
千里北公園が終了しましたので千里丘の残り~時間があれば万博公園の南側の残りです。 
 集合 9:00第1地点 JR千里丘駅西口1F  
    9:15第2集合地点 新芦屋1 ルナコート入り口付近  
        (千里丘上35 ライオンズ千里丘遊園) 
   201mapww.jpg
  マップ参照してください。 

  

大木調査2017 第63回 / 2018-01-25


調査回 第63回
日時 2018年1月25日(日)9:00~12:00
調査場所 藤白台5丁目・千里北公園(旧農園) 
調査参加者 6人
調査結果 調査41本 合格39本、内2007年大木23本(の筈)、新規大木16本。
2007年大木No679~683,685~698、703~706すべて現存としたが、
ひょっとしたらなくなった木があるかもしれません。
①樹種別大木数
クスノキ  2007年大木22本+新規12本=34本
           02-01 6月5日pp クスノキ並木①

          09 -05 065大木並ppクスノキ並木②

エノキ   2007年大木1本+新規1本=2本
    11 082 多数pp
           多数本立ちのエノキに哺乳動物の糞?
コナラ   新規3本
合計    2007年大木23本+新規16本=39本

②今日のトピックス
1)6月5日の続きからスタート、最初の15本ほどは、今も管理されている所なので、作業量は多いもののスムーズでした。
       13 114ナルトサワpp 
            管理された明るい竹林にナルトサワギク群生 
2)6~7年前、田んぼ(米作り)となっていた所はその後放置され草原からブッシュに、更に最下段はトウネズミモチ・アオキなど鳥散布されたと思われる潅木の林になっていた。
       41 273全員pp 
クスノキの幹にツタが絡まり、シダ類・コケ類・地衣類の寄生している木があった。
      36 236いろんな寄生pp 
3)大木レベルに達していたコナラ、ナラ枯れで弱っていたが、今回合格とした。
4)エノキの枝分かれ部に、哺乳動物のフンと思われるイチョウの実などが混ざった残骸があった。
      41 265水遠池pp
         水遠池は工事中

次回 調査予定 千里北公園旧農園の続きです。
1月29日(月)9:00~12:00 
集合 9:00現地北公園旧農園入口(水遠池北側)
内容  今日でクスノキ群のメインは終わったので、
2007年大木の残りは5本程、あとは林の中の大木探しになります。
 

大木調査2017 第62回 / 2018-01-21

調査回 第62回
日時 2018年1月21日(日)9:00~12:30
調査場所 桃山台5丁目(北急車庫北側スポーツグランド)、
桃山台5丁目(北急車庫南側:千里第8緑地)、
春日3丁目(春日神社)、春日2丁目(西側竹林)
桃山台4丁目(千里第7緑地)、千里山西6丁目(南千里コーポラス)
調査参加者 4人
調査結果 調査13本 合格13本、内2007年大木2本、新規大木11本。
2007年大木4本のうち現存2本、形跡なし2本
2007年大木No102~105  内現存 No102、105
なくなった木No103(アラカシ:枯れたようです)、104(エノキ:住宅地に改変中)

トピックス
①場所別
桃山台5丁目北側(スポーツグランド) 新規4本
(クロマツ2本、いずれも桃山台駅南側の高台)
(クスノキ2本、いずれも、桃山台駅から春日への南下御堂筋沿い斜面)
桃山台5丁目南側(千里第8緑地竹林)新規1本(シラカシ)
        No5-sirakashi.jpg
春日3丁目(春日神社)2007年大木1本(アベマキ)+新規1本(アベマキ)=計2本 
 2007年大木1本なし(エノキ)。
春日2丁目(春日神社・豊中市境の竹林)
 2007年大木1本(キリ)+新規2本(キリ、アベマキ)=計3本
     No9-10 kiri        
 2007年大木1本(春日神社横アラカシなし)
桃山台4丁目(千里第7緑地)新規1本(アベマキ)
       No11abe.jpg  
千里山6丁目(南千里コーポラス)新規2本(ソメイヨシノ。1本C棟、1本A棟)
合計  13本

②樹種別大木数
アベマキ   2007年1本+新規3本=計4本。
キリ     2007年1本+新規1本=計2本(2本並んでいます)
クロマツ   新規2本
クスノキ   新規2本
ソメイヨシノ 新規2本(マンション敷地にあり2007年見逃していた可能性大)
シラカシ   新規1本(竹林内にひっそりと)
アラカシ   0本(2007年大木無し)
エノキ    0本(2007年大木無し)
 合計    2007年2本+新規11本=13本。2007年大木現存せず2本。

 今日のトピックス
1)桃山台5丁目桃山台駅南側すぐの千里第8緑地・スポーツグランド周辺で新規4本確認。
2)  〃  北急車庫南側の千里第8緑地・竹林でシラカシ1本確認。
   企業が竹林管理をしており、これまで入りにくかった場所がきれいになっていた。
3)春日3丁目(桃山台5丁目南側)~春日神社東側にかけての
     農地・竹林(地図上で東西130m・南北250m)が住宅地に改変中。
      N-kaihatsu.jpg
     2007年大木1本、なくなっていました。
4)春日神社で新規アベマキ1本確認。2007年大木アラカシ1本現存せず。
    神社社殿前で全員写真。
       春日神社
5)春日2丁目、春日墓地から上る竹林内でアベマキ1本確認。
   更にマンション(レジオンスクエア)西側から豊中市境への高台へ上がるも、大木なし。
   最高点(標高70m)は竹がすべて切られ、アベマキなど落葉樹が残してある林。
   ここで、2枚目の全員写真。
      N-高台樹林      
   レジオンスクエア南側竹林内で2007年大木キリに再会。その横にあったキリも大木合格。

6)南千里方面への帰りに、桃山台4丁目千里第7緑地の竹林内(イオン南千里店北東方向)で
   アベマキ1本新規大木確認
7)南千里第2コーポラス敷地内にあるソメイヨシノ、2本が新規に大木合格。

次回、次々回 調査予定 千里北公園旧農園(クスノキ林)
 1月25日(木)9:00~12:00 集合 9:00北千里駅改札
 1月29日(月)9:00~12:00 集合 9:00現地北公園旧農園入口
内容  2007年大木46本ほどまとまってあった場所です。
     既に昨年6月に20本程は調査済みです。
     測りやすい所もありますが、ブッシュの中もあると思われます。




大木調査2017 第61回 / 2018-01-16

調査回 第61回 
日時 2018年1月16日(火) 9:00~12:00  
調査場所 山田市場(山田中学校他)、尺谷(尺谷公園地)、長野東(民家)、
                  千里丘下・中・上五月が丘東(民家・紫金山公園) 
調査参加者 6人
調査結果 調査23本 合格22本、内2007年大木6本、新規大木16本、不合格1本。 
2007年大木12本のうち現存6本、形跡なし6本 
2007年大木No184~185、191~193、612~613、821~825 
     内現存 No184~185、613、823~825 

トピックス 
①場所別 
山田市場(山田中他) 2007年大木3本+新規6本=9本。1本不合格(エノキ) 
           2007年大木2本(山田川沿いポプラ)形跡なし。 
尺谷 (尺谷公園他) 2007年大木2本+新規1本=3本 
長野東(民家敷地)  2007年大木1本+新規4本=5本。
                            2007年大木アベマキは存在せず(社宅跡地がマンションに)。 
千里丘下(社宅敷地)新規2本 
千里丘中(民家敷地) 新規1本 
                     (千里丘中・千里丘マンション東南に広大な落葉樹林があり、
                        2007年に大木6本を確認しているが、時間の関係で、今回調査できず。) 
千里丘北(千里丘稲荷神社) 2007年大木0本+新規2本=2本。 
          2007年大木3本形跡なし
           (1本アベマキ千里丘稲荷神社、2本ミリカヒルズ(旧毎日放送敷地が住宅地)) 
 
②樹種別大木数 
ソメイヨシノ 新規5本=5本 
                  (住宅地などに2007年見逃していた大木が見つかりました。) 
      03 008サクラ4本zz 
     今回のコースでみつかったソメイヨシノ5本のうち4本を組み写真とした。 
      何れも老木ですが、No3を除き2007年に気付かなかった木です。 
エノキ    2007年1本+新規3本=計4本 
アベマキ   2007年1本+新規2本=計3本。2007年大木2本現存せず(形跡なし)。 
コナラ    2007年0本+新規3本=計3本。2007年大木2本現存せず(住宅地に改変) 
クスノキ   2007年1本+新規1本=2本 
キリ     2007年大木1本=計1本 
ムクノキ   2007年大木1本=計1本 
ユリノキ   2007年大木1本=計1本 
カロリナポプラ 新規1本=計1本。2007年大木2本現存せず(山田中学校・山田川沿い) 
メタセコイア 新規1本=計1本 
 合計    2007年6本+新規16本=22本。不合格1本。2007年大木現存せず6本。 

③今日のトピックス 
1)山田市場・山田川沿い(山田中学校周辺)では、2007年5本→2007年3本+新規6本=計9本と増加した。 
2)尺谷では2007年大木2本のほかに、2007年に大木と分かっていながら測定できなかった
東消防署東側(旧日生住宅西側)斜面のコナラ、新規道路ができて測定可能となり、新規に1本確認。 
     11 047エノキ2007年との比zz
     尺谷・東消防署前のエノキ、2007年の写真と比較。
     落葉していること、 枝切りされていることで、寂しく感じた。
3)長野東・旧日生社宅跡地はマンション・一戸立ちの住宅地となった。 
中央傾斜地の樹林は、当時キツネがいたことをきっかけに、
すいた市民環境会議がそのまま残してほしい吹田市の仲介で開発業者と交渉した場所である。 
樹林が残され、現在は「長野公園」となっているが、下見で大木が見つからなかったので、調査しなかった。 
4)長野東民家(N家)敷地、2007年大木ユリノキが現存しており、今回地主の方に案内していただき、広大な敷地内全域を調査した。 
   14 078大木ユリノキをzz  
    長野東民家(N家)敷地内の大木。上段は2007年大木ユリノキの前で全員写真 
      (地主の方にも入ってもらった。) 
3段になっている竹林内では、ユリノキ以外にアベマキ2本、エノキ1本が新規大木が見つかった。 
 当初、段々になった田んぼだったと思われ、その後雑木林となり、更に竹林に変化したものと推定される。 
 また、すぐ近くの民家(A家)の庭にソメイヨシノがあった。敷地内へ入れなかったので、200㎝以上ありと推定されたので大木とした。 
 5)千里丘下ではY社社宅敷地内にソメイヨシノ2本、千里丘中でも民家(F家)敷地内にソメイヨシノ1本が見つかり、新規大木となった。 
 6)千里丘中の東北部(千里丘マンション近く)に大きな雑木林が残っており、2007年に大木6本が記録されているが、時間の関係で今回調査できず、次の機会に調査することとした。 
  尚、下見では大規模住宅開発の看板が立っており、雑木林が消えるのは近日中と思われる。 
7)千里丘北・千里丘稲荷神社敷地内ではコナラの大木2本があった。2007年大木アベマキは見つからなかった。 
 旧毎日放送跡地はミリカヒルズと名付けられた住宅地になっており、敷地内にあった2007年コナラ大木は現存していない。 
また西側樹林は千里丘上公園として残されているが、時間の関係で、今回調査しなかった。 

①次回調査予定 1月21日(日)9:00~12:00
調査日時 1月21日(日)9時 桃山台西側バスターミナル付近集合 
調査場所 桃山台5丁目(千里第8緑地)~春日3丁目(春日神社)~春日2丁目 
終了地点 春日2丁目付近 
 
 

 

大木調査2017第61回の案内 / 2018-01-11

新年に入っての大木調査は、1月16日からです。 
調査場所 第61回 「尺谷~千里丘」 
調査日時 1月16日(火)9:00 
集合場所 阪急バス下山田バス停。
バスは山田駅→(新小川→樫切山)経由→下山田です。 
 
①阪急バス山田駅18番バス 8:40発JR岸辺行→下山田8:53着 
②  〃    12番バス 8:55発JR吹田行→下山田9:08着 
  集合場所~最初の調査地点周辺マップ
           1-16tree4.jpg
終了場所 千里丘周辺
(千里丘稲荷神社周辺が終点ですが、そこまで行けるでしょうか)

大木調査2017 第60回 / 2017-12-26

調査回 第60回 
日時 2017年12月26日(火)9:00~11:45 
調査場所 山田南(武田薬品)、岸辺北5丁目(名神傾斜地)、五月が丘東(民家・紫金山公園) 
調査参加者 7人
調査結果 調査23本 合格22本、
内2007年大木11本、新規大木11本、不合格1本、2007年大木はすべて現存 
2007年大木No180~183、868~874 
 
トピックス
①場所別 
山田南・武田薬品 2007年大木7本+新規4本=11本。2007年大木すべて現存  
岸部北5・名神傾斜地 新規1本 
五月が丘東・民家   新規4本、不合格1本。 
(1997年2007年とも調査していませんでした。) 
五月が丘東・紫金山公園 2007年大木4本+新規2本=6本。2007年大木すべて現存 
 
②樹種別大木数 
クスノキ   2007年4本+新規1本=5本 
アベマキ   2007年2本+新規2本=4本 
メタセコイア 2007年2本+新規1本=3本 
ソメイヨシノ 2007年1本+新規2本=3本、不合格1本 
コナラ    2007年1本  、エノキ    2007年1本 
ナンキンハゼ 新規1本   、ヒマラヤスギ 新規1本 
シラカシ   新規1本   、ケヤキ    新規1本 
ポプラ    新規1本 
 合計    2007年11本+新規11本=22本。不合格1本 
 
 今日のトピックス 
1)武田薬品は、この間に研修所が新設され、グランドや原っぱだった所に建物が林立するなど、環境は大幅に変化していた。 
         08 メタセコイア2007年比較zzaa
                  武田薬品・メタセコイア2007年との比較:
         枝切りされたこと、台風で葉が落ちたことで姿が大きく変化
そんな中、2007年大木がすべて現存しており、新しくナンキンハゼ・ヒマラヤスギ・シラカシ、そしてメタセコイア1本が大木となった。 メタセコイアはすべて枝切りされており、形が変わっていた。
2)岸部北5丁目、名神高速傾斜地にクスノキが1本、大木となっていた。 
3)五月が丘東の民家(Y氏邸)に初めて入り、調査をさせていただいた。 
                           14’ 先代の歌碑裏zza
                                  五月が丘東・Y家の歌碑
76年前に植えたといわれるソメイヨシノ2本、そしてケヤキ・アベマキと、大木4本が確認された。
         14 ャ<Cヨシノで全員集合zzaa 
ソメイヨシノの根元に先代の歌碑が建立されており、それをバックに集合写真を撮った。 
4)五月が丘東・紫金山公園内では、2007年大木4本のほかに、アベマキ・カロリナポプラが新規に確認された。
                   22 アベマキ大木2007年比zzaa
             紫金山公園・アベマキは10年前と変わらず(ナラ枯れに罹災せず)元気だった
今年3月以来のまとめ
調査参加者   466名(ガールスカウト対応を含むため、実際は443名) 
大木合格本数  1512本 
同一地域での2007年本数 802本(86%完了) 
2007年比大木増加 1.9倍 
最終大木数予想  1750本± 
 

来年度の予定 
調査は1月15日以降に再開します。 
今年一年、大木調査で大変お世話になりました。 
今後調査の大物は、千里北公園の旧農園と、垂水神社です。 
来年もよろしくお願いします。 
 

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する