FC2ブログ

2020-07

北千里の希少種観察会 / 20-06-08

北千里の希少種観察会がありました。
この地域には大阪府の絶滅危惧種がそろってます。
阪急電車の延伸予定地が民家になりましたがまだかろうじて豊かな自然が残ってます。
200608-1ainai.jpg 200608-1ainai2.jpg アイナエ(大阪府絶滅危惧Ⅰ類)

200608-2inuse.jpg 200608-2suzusa.jpg
イヌセンブリ(大阪府絶滅危惧Ⅱ類)        スズサイコ(大阪府絶滅危惧Ⅱ類)

200608-3utsubo.jpg
解体工事中の国立循環器病研究センターとウツボグサ(紫色)

200608-4yamasa.jpg 200608-4hito.jpg
ヤマサギソウ(大阪府絶滅危惧Ⅰ類)

スポンサーサイト



紫金山公園のコバノミツバツツジ / 20-03-15

紫金山公園のシンボル、コバノミツバツツジが咲きはじめています。
200314skzk-4.jpg 200314skzk-5.jpg
花芽が膨らんだ木、膨らんだ花芽が紫色になっている木などに混じって咲き始めた木がちらほら見られます。
      200314skzk-1.jpg

200314skzk-3.jpg 200314skzk-2.jpg
今月下旬には満開となって全山紫色になるでしょう。

千里ニュータウンの倒木特集 / 20-03-09

千里朝日新聞販売株式会社が発行しているミニコミ誌「千里あさひくらぶ」最新号 (2020年3月発行)に「千里ニュータウン内の倒木特集」が掲載されています。 
ash-club1.jpg ash-club2.jpg 


第4回大木観察会・千里北公園 / 19-12-25

快晴のクリスマスの日、千里北公園で大木観察会をしました。
191225大木観察1a
   青空に白いナンキンハゼの実が美しい季節です。
191225大木観察3a

191225大木観察2a
  苗圃外側の歩道でも観察会
191225大木観察4a
 苗圃には台風で倒れた大木の残骸が置かれています
191225大木観察5a
  越冬中のツマグロヒョウモンの幼虫がいました
191225大木観察6a
  水遠池(ずいおんいけ)では護岸工事がおこなわれています
191225大木観察7a






千里第6緑地沿いの道路改良工事 / 19-12-25

昨年4月2日にみごとな満開の景色を見せてくれた
saidera1.jpg saidera2.jpg
佐竹台3丁目の南側(千里第6緑地南側)で道路改良(拡幅)工事が始まって、
saidera4.jpg saidera3.jpg
大木がなくなりました。やむを得ないことですが、すこし寂しさを感じます。
saidera5map.jpg saidera6map22.jpg



大木調査パネル展示 / 19-11-26~19-12-08

ラコルタ(吹田市市民公益活動センター)のギャラリーで 
rako-1a.jpg rako-2a.jpg
大木調査のパネル展示をします。 
rako-3a.jpg rako-4a.jpg
会期は11月26日(火)から12月8日(日) までです。
 rako-5a.jpg  rako-6a.jpg
環境会議のメンバーが展示作業をしました。 
ぜひご覧ください。 

千里ぎんなん通りの今 / 19-11-18

南千里駅の西、桃山台に向かう道の南側斜面の
180820クロマツ松a
クロマツが枯れました。

008ぎんなん通りa
千里ぎんなん通りのイチョウが黄色くなってきました。

大阪自然史フェスティバル2019 / 19-11-16,17

関西文化の日の11月16日(土)、11月17日(日)の二日間、
大阪市立自然史博物館で大阪自然史フェスティバル2019がありました。
191116nagai-toi.jpg 191116nagai-test.jpg
すいた市民環境会議は大木調査結果とともに
「葉っぱで木を当てよう」というゲームをしました。
191116nagai-awase.jpg nagai8.jpg

191116nagai-1konz.jpg
ブースは終日大盛況でした。
191116nagai-all.jpg
二日間で、博物館全体での入場者は26,000人でした。

千里南公園の松林 / 19-08-26

昨年の台風21号で千里南公園では多くの倒木がありました。
千里南公園の松林の一部が台風で倒れて
saisei-2d.jpg
済生会千里病院の建物に当たりそうな木は
saisei-1d.jpg
健康な木も伐採されています。

観光講座で大木調査結果報告 / 2019-07-21

浜屋敷のまち案内人主催の観光講座で平(ひら)理事が
1997年から10年ごとの吹田の大木調査の結果を解説しました。
190721kakou-1.jpg 190721kakou-2.jpg 
2017年18年の台風21号による倒木の考察もしました。
第二部では「鳥の先祖は恐竜である」ことがほぼ証明されている話と、
190721kakou-3.jpg 190721kakou-4.jpg
「新幹線500系がフクロウやカワセミから学んだこと」をお話ししました。

大木冊子完成記念(第1回)大木観察会 / 2019-05-22

5/22(水)大木冊子完成記念第1回観察会を、関西大学構内で開催した。
観察会では、①関西大学に大木が多いこと、②関西大学が大木を大事にしていることなど、「吹田の古木・大木VOL.Ⅲ」の内容を中心に紹介した。
19-522-3gate.jpg 19-522-2.jpg 
残念だったこととして、1997年調査において、9本立ちクスノキ(No140)を吹田市No.1木として紹介したため、本来大木№1とすべき1本立ちクスノキ(No143)があまり注目しておらず、2007年調査時になくなっていたことを紹介した。

大木冊子P-54写真からわかるように、関大正門クスノキ(No144)の東側(左側)にあった緑陰の大きなクスノキ(No143)で、下表からわかるように、当時断面積法を採用していたならば、吹田市No1としていた9本立ちクスノキ(No140)がレベルダウンするため、幹周り 445 ㎝で吹田市No1となっていた筈であった。 
size-jun.jpg
この大木が無くなった経緯は、「腐朽菌に侵され徐々に枯れ、樹木医が対応したが回復せず2004 年に伐採した」とお聞きした。
              19-522-1all.jpg
これまで3回の大木調査で、調査結果を生かせなかったという思いが強く残る木の1本が、この「幻のNo.1のクスノキ」である。
もしNo1にランクされておれば、この木のウォッチを重ねている筈なので、木の変化を早めにキャッチしていたのでなかろうか。

吹田の古木・大木できました / 2019-05-20

2017年大木調査の本『吹田の古木・大木』ができました。
この調査は1997年から10年ごとに実施しているもので、2017年で3回目。
           sassi-front.jpg
今回は調査中と翌年に発生した台風による倒木の調査も加え、都市に生きる大木の課題が見えティました。全市の大木マップもついています。ぜひ、お手に取ってごらんください。
          map-front.jpg
冊子:A5版 120頁(うちカラー59頁)
マップ:A3版 (表:カラーマップ 裏:大木図鑑)
1冊 700円(マップつき) 送料200円
問合せ:k-kaigi@hotmail.co.jp
メールに返信がない場合、PCからの受信をOKにして再度メールを送ってください。
電話:事務局 090-8375-0647(中村)
郵便振替番号 00980-3-28845 すいた市民環境会議


イノベー ションパークにナルトサワギクが侵入 / 2019-05-09

岸辺駅西側に7月オープンする国立循環器病研究センターはこの付近で摂津市との市境です。
国循の北東の空き地は以前は吹田市の下水処理場でした。
ここを更地にしてイノベー ションパークと称して、研究開発系の企業や研究所が建設される予定です。
23sawagiku3.jpg 
その空き地に早々と特定外来生物のナルトサワギクが侵入して、みるみるうちに株が大きくなってきました。さらに、ところどころにアメリカオニアザミもあります。

この空地、連休中は工事がなかったので、4月上旬からいたケリは子育てを成功させたようです。 ケリの成鳥は5~6羽いて、近づくと声を上げて飛び回ります。
24keri3.jpg 
幼鳥は草の間に隠れ ていて撮影するのは無理ですが、成鳥は良く見えます。 
そこに昨日(8日)は、コアジサシが座っていました。
25koajisashi3.jpg 
工事が再開されるので、コアジサシが繁殖することはむつかしいでしょう。

市民公益活動補助金交付事業報告会 / 19-04-13

ラコルタで
   190413koueki-2.jpg
H30年度 市民公益活動補助金交付事業報告会がありました。
   190413koueki-1a.jpg
大木調査の結果を掲載した冊子を紹介しました。
   190413koueki-3.jpg   


«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する