FC2ブログ

2020-07

すいた環境教育フェスタ / 2020-02-01

 今年の「すいた環境教育フエスタ」は、メイシアターが工事のため、一昨年以来のくるくるプラザが会場となりました。すいた市民環境会議のブースは5階でコープ神戸と同室でした。
kkfff1.jpg
*体験展示は
●「電気を作ろう」 手回し発電機で、模型電車を運転しよう。
kkff3.jpg
●模型による、幹回り2mの大木を抱える体験。

*パネル展示は
●吹田の希少種・大木調査の活動報告、調査実績、「吹田の古木・大木」調査本の説明等
長年の活動紹介パネル。
●温暖化「適応塾」の取り組み.カマキリ先生こと「渡辺宏先生」の講座、活動等紹介パネル
●海洋プラスチックごみへのアクッション
神崎川河畔での、プラごみゼロアクッションの活動紹介パネル
kkff2.jpg
●市民共同発電所 設置の仕組み。実績紹介では、「吹田ぷくぷく市民共同発電所の紹介、発電量実績グラフ。
*大木模型による、木の周りの長さ測定体験


スポンサーサイト



三色彩道の今 / 19-11-20

今年も三色彩道の晴れ姿、始まりました。
sansiki-1a.jpg sansiki-6a.jpg

sansiki-5a.jpg sansiki-4a.jpg

sansiki-3a.jpg sansiki-2@.jpg
(↑写真は北山田のTさんの提供です)
191121san.jpg
(↑写真は高野台のOさんの提供です)

温暖化対策 1026適応塾のおしらせ / 19-10-07

地球の温暖化は止めなければならないのですが、止める努力とともに、温暖化に適応していくことも考えなければならない時代になってきました。
191026tekiou.jpg
次の世代を担う子どもたちにこそ学習してもらいたいのです。
191026tekiou2.jpg
10月26日午前中、子どもたちと遊びながら学ぶ場を考えました。
    案内ちらしPDF(1.2Mb)



温暖化対策 適応塾(3) / 19-09-18

8月27日に吹田(南千里)で開かれた「温暖化に適応するには」
をテーマとした勉強会の三回目が18日、
大阪市中央区北浜東のエル・おおさかで開かれました。
tekitekioo.jpg
大阪管区気象台 地球環境・海洋課 地球温暖化情報官の
楠田雅紀さんが温暖化を起床記録から解説し、
台風、洪水などの適応方法を講義しました。
つづいて
紙芝居師 ふじい はじめ さんが
「クイズで考える『災害への備え』」をしました。

温暖化に適応する とは / 19-08-27

「適応」身近な言葉ですが、これからの日本人にとって大切な言葉になるのかもしれません。 
teki1.jpg
最近目まぐるしくなった気候変動が地球温暖化による可能性があります。
teki6.jpg
 大阪の気温上昇は世界平均や全国平均よりも早いのです ↓↓  
 teki2.jpg

その気候変動や温暖化そのものが生きものに与える影響を考え、人間として、どのような対応していかなければならないかを考えるきっかけにしましょうと開催しました。 
主催は大阪府、企画はイービーイングというNPO法人、実施がすいた市民環境会議という平常のすいた市民環境会議の事業としてはやや複雑です。 

小学生時代から大のカマキリ好きな「カマキリ先生」こと渡部宏さんが困っているのは、地球の気温が上がってくるとカマキリ君の食べ物が減る可能性があること。
kamakama33.jpg teki3.jpg
高いところにいる虫が主な食べ物のハラビロカマキリとオオカマキリが大好きな夏の食べ物はアブラゼミであり、クマゼミを食べているのを見たことがないそうです。今吹田の南あたりではアブラゼミが少なくなってきました。ほとんどがクマゼミです。それだけでなく、中国原産で南方系の「ムネアカハラビロカマキリ」が生息範囲を広げているそうです。
teki5.jpg
ムネアカハラビロカマキリは在来のハラビロカマキリより大きくて強いので、カマキリの生息地図が変化してしまいそうだとカマキリ先生は困っています。カマキリ先生は自宅で飼育しているカマキリを見せてくださいました。
目の前で見ているカマキリがこれからどうなるのか話だけを聞いているより切実にああ、この子がこれから生きていきにくくなるのかも、と
思ってしまいます。 
 teki7.jpg
こんなふうに身近な昆虫に変化が起きつつある今、私たちは何をしなければならないのか。昆虫博士の久留飛克明さんは人間は社会性をもって生き延びてきた、他者にに対する思
いやりをもっている、その強みをどのようにすればいいのか考えていくでしょう、とミウラ折り(※)を披露しながらおっしゃいました。 
 (※)ミウラ折り:テントウムシやクワガタなど甲虫の羽、木の芽の中の若葉のたたみ方はミウラ折りだと言われています。一瞬で開き、一瞬で閉じることができる折り方です。
10月26日(土)には親子対象に
渡部カマキリ先生と久留飛昆虫博士がお話をしてくれます。

朝日新聞に大木調査が掲載されました / 2019-07-01

1997年、2007年、2017年の大木調査について
190701asah.jpg
朝日新聞が取り上げてくれました。

市長選 立候補予定者 公開討論会 / 19-04-12

公益社団法人 吹田青年会議所主催で
市長選挙立候補予定者3人による公開討論会がありました。
   190412touron1.jpg 
メイシアター中ホール500人の会場に約半分くらいの聴衆でした。
   190412touron2.jpg
会場からのヤジや声援などはなく、聞きやすい公開討論会でした。

市長選挙 立候補予定者から回答  / 2019-04-03

すいた市民環境会議のほか
紫金山みどりの会、
吹田みどりの会、
吹田自然観察会、
吹田野鳥の会、
吹田ヒメボタルの会などの役員や
大阪府自然環境保全指導員などが2015年に
吹田・生物多様性保全の会を結成しました。
4月後半におこなわれる吹田市長選挙に立候補を表明された
3人の方々に公開アンケートをお送りしました。
その質問と各立候補予定者からの回答を掲載します。(50音順)

えのき内さとしさんの回答(PDF)

後藤圭二さんの回答(PDF)

阪口善雄さんの回答(PDF)

質問本文(PDF)

吹田市の生物多様性保全について

吹田市第2次環境基本計画(改定版)で、望ましい環境像として「みどりと水 光と風 地域からはぐくむ 環境先進都市すいた」があげられ、生物多様性を保全するとあります。 また、吹田市第2次みどりの基本計画(改定版)の基本方針3では「生物多様性を保全し、人と生き物に配慮したみどりのネットワークの形成を進める」とあり、現在あるみどりのネットワーク形成を進めていくとされています。

 しかし、生物多様性の保全に関して、吹田市はこれまで具体的な対策をとってきていません。希少種であるアイナエやヤマサギソウの生育地に近接した草原(国立循環器センター前)が開発され、これらの生育が脅かされています。昨年はアイナエの生育が確認されませんでした。市の保護条例や規制が無いため、これらの保全も市民団体任せになっています。

 以上のような背景の下、下記の質問事項にご回答、よろしくお願いします。

 

1吹田市の生物多様性戦略の策定について、いかがお考えでしょうか?

 吹田市はほとんど開発され、昔からの自然が残っていないと言われていますが、実際にはわずかながら、公園、緑地、水田などとして残存しています。そこで、生物多様性地域戦略を策定し、きめ細かな対策をとらないと本当に無くなってしまいます。

 そこで、この生物多様性地域戦略について、どのようにお考えでしょうか。

 

.吹田市内の特定外来生物について、いかがお考えでしょうか?

吹田市内において特定外来生物であるオオキンケイギク,ナルトサワギク,オオカワヂシャなどが繁茂しています。これに関して、どのような施策をお考えですか?特定外来生物の現状に対するお考えをお聞きします。

 

. 吹田市の緑被率30%を確保するには、どのような手立てをお考えでしょうか?

「吹田市第2次みどりの基本計画」でも、『多くの市民が「気軽に触れ合える自然」を感じる緑被率は30%』と述べられています。

    しかし、吹田市の緑被率は、2004年(26.7%)➡2013年(26.1%)と減少傾向です。

    また、千里ニュータウン・万博・阪大地域の46.6%に比べてJR以南地域8.0%、片山・岸辺地域13.3%とアンバランスな状況です。

このような状態に対し、どのような施策により、緑被率30%を目指そうかとお考えでしょうか。

 

.生産緑地の確保については、どのようにお考えでしょうか?

田圃の存続がピンチです。「生産緑地の2022年問題」が目前に迫っています。しかし、これに関してはすでに国が「特定生産緑地制度」を打ち出したので当面はしのげるようです。その上に立って、

    都市における田圃などの役割をどのようにお考えでしょうか。

    都市での農業を継続するためにどのような施策をお考えでしょうか。

                              以上


吉志部神社初詣 / 2019-01-01

吉志部神社の鳥居は
昨年6月18日7時58分に起きた大阪府北部地震で倒壊しました。
kisibe1a.jpg kisibe2a.jpg
わずか半年で復元しました。
kisibe3a.jpg 

kisibe4a.jpg kisibe5a.jpg
階段の上の門も解体して復元されました。

会報誌10月号発送作業 / 18-10-03

9月30日にする予定だった会報誌の印刷、封入作業は台風のため中止。
    kaiho2s.jpg 
10月3日に東佐井寺公民館でおこないました。
    kaiho1s.jpg 
いつもよりは遅れて届きます。

大きな木と遊んでまなぶ / 18-08-10

千里南公園で、大きな木の説明を聞きながら見て歩きました
公園の中で一番太いのはユーカリです。 
ユーカリの葉はとてもいい匂いがしましたが実はもっと強くていい匂いでした。 
クスノキの葉もいい匂いがしましたが、ダニ袋があるそうです。今は匂いのある防虫剤が少ないんですね。
810-01ww.jpg 810-02ww.jpg
吹田の大木(胸高円周200㎝)は、 今日のおばちゃんリーダー3人分の太さだよ。 これを目安に大木を探してみよう。 
20180810-ax.jpg 
「下の方はこんなに太いけど、上の方は細くなってる」 
「測る場所によって太さが違う」 
「だから調査では下から130㎝の所で測ることに決めているんだよ」 

810-03ww.jpg 
昨年秋の台風で大木が倒れました。倒れた木の根っこはみんな横に伸びているのばかりでした。 
20180810-bx.jpg 
「ユーカリの大木が倒れてるね。どうしてだろう」 
「昨年10月の台風で傾いたので、安全のために伐られたんだよ。 
大きな台風が多くなっているね。地球温暖化の影響かもしれないといわれているよ」 
ユーカリの所では葉っぱの香りを嗅いだり、不思議な形の実を集めたりしました。 
810-06.jpg 
このあとラコルタに戻って夏休みの宿題を作ります
810-05ww.jpg 810-04ww.jpg
吹田市内で集めた木の枝や実、草のつるなどでクラフトを作りました。
いろんな木の実や貝があって楽しそうでした。


大阪府北部地震 / 18-06-19

6月18日7時58分ごろ、大阪府北部を震源とした地震がありました。 
地震の規模はM6.1で、震源の深さは13 km
180618-3eq.jpg 
近畿圏すべての鉄道が止まりました。
180618-1kishibe.jpg 180618-2jr.jpg
吉志部神社の鳥居が倒壊    JRは線路で下車
180618-4.jpg 180618-5sta.jpg

(追伸)大阪モノレールは月末まで運休や減便が続きました。

市民公益活動補助金交付事業パネル展 / 2017-10-03

千里ニュータウンプラザ2階エントランスで
市民公益活動補助金交付事業パネル展が
171004-hjk-1a.jpg 
始まりました。10月13日(金)までです。
171004-hjk-7a.jpg 

すいた市民環境会議の市民公益活動補助金交付事業は大木調査です
171004-hjk-8acc.jpg 
追伸)10日(火)から衆院選挙期日前投票が始まったので
171010ろび 
10日から展示レイアウトが少し変わりました。




«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する