FC2ブログ

2019-02

バス運行実証実験 / 2019-02-16

阪急千里山駅西側地域(千里山・春日・佐井寺地区)に公共交通導入に向けた運行実証実験がきょうから始まりました。午前8時~午後7時 無料 3月1日までの14日間です
216-bus1z.jpg 

216-bus3z.jpg 

216-bus2z.jpg 

bustime.jpg 
市役所のホームページ


スポンサーサイト

すいた環境教育フェスタ / 2019-02-02

今年のすいた環境教育フェスタは
202kkfb5.jpg 190202skf-1a.jpg 
3年ぶりにメイシアターで開かれました。
190202skf-2a.jpg kkfkkf5.jpg

 190202skf-3a.jpg
大木調査をテーマにして、実物大の大木の模型を展示しました。
190201--kkf-6s.jpg 
レセプションホールでは第20回環境学習発表会も開かれました。

オオキンケイギクの駆除活動 / 19-01-19

特定外来植物から吹田の自然を守る会の有志10人が
府道豊中摂津線沿いと阪急南千里駅近くの
ガソリンスタンド北側(吹田市管理地)のオオキンケイギクを駆除しました。
190119ookinkei-0a.jpg 190119ookinkei-21a.jpg

190119ookinkei-41a.jpg 190119ookinkei-31a.jpg
昨年4月に府道豊中摂津線の南千里駅~バス停桃山台 2 丁目・南側歩道のオオキンケイギクの駆除をしましたが、こぼれ落ちた種や取りこぼしから成長した株が見られたので再度駆除をしました。
190119ookinkei-51a.jpg 190119ookinkei-61a.jpg
オオキンケイギクの花期は5月初旬~7月頃で、冬はロゼット状態。他にもロゼットで冬越しをしている植物もあり オオキンケイギクを葉のみで見分ける練習にもなりました。



紫金山みどりの会1月作業日 / 19-01-12

午前中は、神社の背後(裏側)の林内の倒木整理に精を出しました。
 0112smk2a.jpg 0112smk3a.jpg 
           
 0112smk4a.jpg 0112smk6b.jpg

0112smk1a.jpg 
今年も無事故で、楽しくやりましょう! 
0112smk5a.jpg
午後は、参集殿で新年会、かんぱ~い!! 
次回は、2月9日(土)豚汁はお休み

新春の春日大池 / 2019-01-09

kasuga.jpg
   春日大池(桃山台駅の東)
kinkuro.jpg yshigamo.jpg
 キンクロハジロ           ヨシガモ

ooban.jpg onaga.jpg
  オオバン           オナガガモ

hidori.jpg ahiru.jpg
  ヒドリガモ                                   アヒル
usahidori.jpg 
  アメリカヒドリ

新春の海老池 / 2019-01-03

海老池(山田西)にオシドリが来ました。
osidori5.jpg 

吉志部神社初詣 / 2019-01-01

吉志部神社の鳥居は
昨年6月18日7時58分に起きた大阪府北部地震で倒壊しました。
kisibe1a.jpg kisibe2a.jpg
わずか半年で復元しました。
kisibe3a.jpg 

kisibe4a.jpg kisibe5a.jpg
階段の上の門も解体して復元されました。

倒木の後始末 紫金山公園 / 2018-12-24

平成最後の天皇誕生日の振り替え休日の月曜日
倒木の数が多いので臨時の作業日を設けて作業しました。
1224smk1a.jpg 

1224smk2a.jpg 1224smk3a.jpg

1224smk4a.jpg 1224smk5a.jpg
今回の作業場所は吉志部神社山門の西側に隣接する林

中の島公園 クワ倒木調査 / 2018-12-15

9月の台風21号で倒れた吹田で唯一最大のクワの大木。
kuwatou1a.jpg 
12月に入って役所が倒木処理しました。
kuwatou12a.jpg kuwatou13a.jpg 
  上の写真で、左の切株、     ↑右の切株です。
年輪を測ったら38年でした。1980年生まれのクワでした。

桃山台~佐竹台~高野台で倒木調査 / 2018-11-26

桃山台のスポーツグラウンドに向かう林から調査しました。
181126-01a倒木 181126-02a倒木

181126-03a桃山 181126-04a桃山

181126-05a.jpg 181126-06a幹折れ

181126-07a第四幹折れ 181126-08a第四倒木

181126-09aフサアカシア97 181126-10aフサアカシア2007

181126-11aフサアカシア2017 181126-12all.jpg

①倒木 7本 (内メタセコイア1本は2017台風21号で発生分)
  クロマツ1本、クスノキ1本、ヒマラヤスギ2本、ポプラ2本、メタセコイア1本
②幹折れ木 3本(根元近くで分岐した幹の1本or 2本が折れた場合を表現。
        幹折れにより、幹周りは大木レベルを下回っている。)
  シイノキ1本、アベマキ1本、サクラ1本
③主幹折れ木 1本(1本立ちの木が、1.3mより高い所の折れた木を表現。大木として生き残っている。) 
  メタセコイア1本
④枝折れ木 幹周り測定高さ1.3mより高い所で、分岐した枝が折れている場合、枝折れと表現したい。この場合も大木として生きているので、今回記録していない。
⑤再生していた木 最後から2枚目の写真の通り、1997年大木フサアカシアの根から出てきている可能性があり、木が切られてから10年以上のブランク状態を経て、根が生き残っていたことになる。


中の島公園~旧吹田村で倒木調査 / 2018-11-20

中の島公園も倒木でいっぱいでした。


181120nsk1q.jpg 181120nsk2q.jpg

181120nsk3q.jpg 181120nsk4q.jpg

181120nsk5q.jpg 181120nsk6q.jpg

181120nsk7q.jpg 181120nsk8q.jpg

daiyuuji3.jpg 
 11/21 中の島公園から旧吹田村の倒木・GPS 値チェック
 中の島公園は昨年台風 21 号等でも被災したが、本年台風 21 号では更に多く被災し、大木40 本の内倒木 10 本を確認、しかも、吹田市に 1 本しかないクワの大木も倒れていた。クワ以外はすべてヒマラヤスギであったが、本調査後一年余りで 1/4 相当の大木が無くなるという、大木の生きる厳しさを再確認した。

 中の島公園の東隣、第三中学校でも大木 4 本の中のポプラ 2 本が無くなっていたが、神崎川を渡って南側から吹く台風の風速が強かったことを示していた。

 旧吹田村に入って、弘誓寺・浜屋敷・高浜神社御旅所・高浜神社などで、大木 20 本を確認した結果、主幹切断(弘誓寺クスノキ)、枝切り(高浜神社クスノキ、御旅所エノキ)などいろいろ被災していたが、倒木はなかった。

今回の倒木・GPS 調査で気づいたことは
①倒木の大部分は、ポプラ・ユーカリ・ヒマラヤスギなど外来種
②大雄院で大きく枝を広げたクスノキが、4 月枝切りされていて「メドゥーサの頭?」とびっくりしたが、今回の台風にはやむを得ない処置であること
③GPS 値の再チェックは、測定精度が上がったが、本調査結果との一致が難しいことなどである。 


大阪自然史フェスティバル2018 / 2018-11-17・18

11月18,19両日、大阪自然史博物館で  

恒例の自然史フェスティバルがありました。
 181117-7-fes1w.jpg   181117-7-fes2w.jpg
事務局の発表では2日間で過去最高、24,000人の来場者数でした。
すいた市民環境会議は大木調査途中経過を発表しました。
181117-7-fes3w.jpg   181117-7-fes4w.jpg
会場に幹周り200cmの段ボール大木を用意しました。
181117-7-fes5w.jpg   181117-7-fes6w.jpg
さらに葉っぱを見て樹種を当てるクイズをしました。大好評でした。


千里南公園&北公園で倒木調査 / 2018-11-12

昨年(2017)10月の台風21号、今年9月の台風21号で公園でたくさんの樹木が倒れました。2017年の調査で大木として記録に残した木がどうなったかを調査しています。
 17-21d.jpg  18-21d.jpg
千里南公園では大木 70 本の内、倒木は 6 本で、ユーカリ3 本、ポプラ 3 本でした。
 181112-6d.jpg  181112-2d.jpg

 181112-1d.jpg  181112-5.jpg
千里北公園では大木 30 本の内、ポプラ 5 本が倒れていました。
181112-3d.jpg 181112-4d.jpg

   181112-7d.jpg

SES・学習研修委員会主催 講演&見学会 / 18-10-27

SES(自然エネルギーすいた)と学習研修委員会が担当して
funt9w.jpg funt8w.jpg
高槻バイオマス粉炭研究所の島田所長に午前中に講演していただき、
午後は現地を見学しました。
  炭は病んでる日本の森林を救う新たな技術
  炭は資源・エネルギーもんだいの有効な解決策
  炭には創造力の数だけ多様な用途の可能性がある
funt2w.jpg funt3w.jpg

以下、講演内容概略です
島田さんは大阪芸大卒で住宅メーカー、企画デザイン会社、工業環境デザイン会社のあと
2003年に独立して有限会社設立。
2011年地域への社会貢献を目指して大阪市立大学都市経済政策分野に入学。
入学2か月後に中山間地域産業振興調査のゼミ旅行で島根県の山本粉炭工業の山本社長と出会う。
2012年高槻市環境審議委員に就任
2013年3月大阪市立大学都市経済政策分野修士修了。
2013年高槻バイオマス粉炭研究所を設立
2017年バイナリー発電に気づく

日本での炭の生産量は昭和40年ころの1/10以下になっていて
年間使用量17万tの6分80%を輸入している。
炭の利用は1)土地改良2)燃料 3)飼料 4)浄化などがある
1)土地改良:酸性雨で酸性に傾いた土壌を中和に向ける
2)ボイラー、ストーブ、飲食店、災害用備蓄燃料
3)鶏、豚の整腸剤として。炭を与えた鶏糞は臭いが少ない。鶏舎がにおわない。
funt4w.jpg 
炭の材料:未利用資源
◆街路樹・公園剪定材、荒廃した森林・竹林材、
農業・食品残渣、果樹の剪定材・残渣、
ゴルフ場の剪定材・刈り芝などが資源として使われていない。
農業・食品残渣とは枝豆、トマト、ナス、キュウリ、トウモロコシを取った後の茎や葉、
梨やイチジクなど果実を取った後の剪定枝、もみ殻、
ワイン造りで出るブドウの皮、芋類の地上部、
さらに、大手メーカーから出るコーヒーの豆、お茶の葉、
これらすべてが炭にすることでエネルギーに転化できます。
funt5w.jpg 
炭づくり
5m×4m×高さ2mのプールのような天井のない炉でつくります。
この方法は大正時代から存在する製炭法で全国に15か所ある。
夜間の照明や、フォークリフトのエネルギーは必要だが製炭にはエネルギーは不要
着火して4~7日間保ち、その後冷却・乾燥に7日をかけます。
製炭温度は800~1000℃で、約2~5tの炭ができる
funt7w.jpg 
炭の使いみち
1)消臭剤、土壌改良
2)農業ハウスの暖房、ゴルフ場や高齢者施設の風呂
3)バイナリー発電 企業内、地域の電力
4)燃料 BBQ、ストーブ、焼き肉、焼き鳥など
5)災害用備蓄燃料

最近日本で導入された木質バイオマス発電所の大部分が燃料を輸入する大規模発電だが、燃料輸送で余分なエネルギーをつかっています。持続可能とは思えません。
昨年、東京に行く新幹線の中で「80℃で発電できる」バイナリー発電の新聞記事を読んだ。
さっそく発電装置を導入して実証実験中です。

ここでできた炭を使って15kw/hrの発電ができる。
製炭炉をゴルフ場、防災公園、キャンプ場に作れば、剪定材などからエネルギーの自給自足も夢ではない。炭で沸かす温水器を持ち込めば、炭だけを輸送するだけで学校、役所、道の駅などの電力は炭で作ることができるだろう。
役所などでは昼間は明かりに使い、夜間に公用車の充電に使えるだろう。
ホテルの風呂は朝と夜にしか使わないのに昼間も温度を保っている。その熱で発電できます。
今後はこの熱で冷房も可能だと考えている。さらに海水から真水を作ることも視野に入ってきています。
SDGsの17の目標のうち7番:と13番の達成をテーマにして企業と活動を進めていこうと考えています。近日、服部緑地公園で実証実験を計画している。


江坂大池地区公民館でクラフト講座 / 18-10-25

昨年は12月でした。今年は10月にクラフト講座を開きました
181025-esaka1.jpg 181025-esaka2.jpg
20181025_kana1w.jpg 
材料のほとんどは市内の公園などで集めたものです
181025-esaka3.jpg 181025-esaka4.jpg
20181025_kana2w.jpg 20181025_kana3w.jpg
181025-esaka5.jpg 181025-esaka6.jpg

       20181025_kana4w.jpg     
                    世界に一つの作品ができました

«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する