2017-04

ヤマサギソウ周辺の春(2) / 2017-04-27

国立循環器病研究センター前の住宅工事は急ピッチで進んでいます。
170427-ks-1a.jpg

170427-ks-2a.jpg

前日の雨で、八重ザクラの花が散りました。
開発をのがれた場所でヤマサギソウは順調に生育しています。
170427-ks-4a.jpg
 

スポンサーサイト

大大木調査2017 第8回 / 2017-04-19

今日は自然文化園で残っている部分の調査でした。
調査回 第8回
日時 2017年4月19日(日) 9:30~12:30
170419-exp5map.jpg
場所 自然文化園水すましの池周辺
           ~ひょうたん池北側及び西側樹林
調査参加者 4名 
170419-exp1all.jpg
調査数19本(他に195~199㎝の木が数本あるも記録せず)
大木数19本

170419-exp2yab.jpg
トピックス
・添付マップ(170419万博調査場所マップ)の紫点線が今日の概略調査個所です。

①今日の調査地はクスノキ中心(19本中12本)、ケヤキ4本、アキニレ2本、 ソメイヨシノ1本であった。
②2007年大木2本は、4月16日調査を見逃した、No265クスノキ(アジサイの 森)、279クスノキ(北口付近)である。
170419-exp4kusu.jpg
③それ以外17本は落穂ひろい、今回、暗い樹林の中も調査したので2007年に見逃し たと思われる木も何本かあった。
170419-exp3many.jpg
④今日調査予定の木で数本(2007年大木3本)残ったが、機会を見て実施することに し、自然文化園内の調査はひとまず終了にします。

大大木調査2017 第7回 / 2017-04-16

調査回 第7回
日時 2017年4月16日(日) 9:30~12:30
場所 自然学習の森+自然文化園外周路(西口~北口)+アジサイの森
調査参加者 5名
調査数 24本(他に195~199㎝の木が数本あるも記録せず)
大木数 24本(第1回~7回計214本)
同一場所で2007年の大木数 11本


トピックス
170416-exp-6mapxxvv.jpg
・添付マップは今日の概略調査個所です。

①今日の調査地はクスノキ中心でしたが、2007年になかったギンドロ(吹田市の大木としては初の)1本、ハルニレ2本、ラクウショウ2本が見つかりました。
170416-exp-2.jpg
②今日の調査地にある筈の2007年大木、No265クスノキ(アジサイの森)、279クスノキ(北口付近)については所在を確認しなかった。次回の落穂ひろい調査の中で確認する予定。
170416-exp-1.jpg
③13本立ちの木があり、大木の風格が??であった。2007年も14本立ちとして確認していました。

・大木ではないが、シマヘビとムラサキケマンを観察した。
①シマヘビが自然学習の森の田んぼ近くの草むらにとぐろを巻いていた。
170416-exp-3.jpg
②吹田市では珍しいと思われる野草ムラサキケマンが、20~30株咲いていた。 
(吹田の自然2011では、山田西と万博公園で確認されている。万博公園の所在地が今日観察した場所かどうか?)

170416-exp-4.jpg

170416-exp-5.jpg

大大木調査2017 第6回 / 2017-04-12

調査回 第6回
日時 2017年4月12日(水) 9:30~13:00
場所 万博公園外周道路の外側(西~北)
170412-外周1a
調査参加者 3名
調査数  22本 (他に195~199㎝の木が数本あるも記録せず)
大木数  21本 (第1回~6回計190本) 
同一場所で2007年の大木数  5本 

トピックス
 ・添付マップは今日の概略調査個所です。
①今日も少数精鋭部隊となった ②大木が多かった ③多数本立ちの木が多かった
などから、行程目標の半分がやっとでした。(したがって予定していた内、万博公園東口周辺(旧サッカー場)~南口周辺 (新サッカー場・野球場)は調査できませんでした。) ・添付マップ②日本庭園北側の茨木市との境界近くに、大木合格ラインかな、と思われる多数本立ちのアラカシがあるも、2本ほどパスしました。(疲れも影響しています。)

 ・多数本立ちの場合、主幹が○○cm以上という見直しが必要かもしれません。
 環境省は1本立ち3m以上を巨木、多数本立ちの主幹2m以上としています。
(それに合わせると、1本立ち2m以上を大木 多数本立ちの主幹1.3m以上か)
 ・2007年調査結果、大木5本はすべて現存していました。

調査No7 13本立ちの2007年の写真 ↓
170412-外周32a
170412-外周31a
調査No7 今日の写真。↑

10年前は 幹周216㎝ 50㎝高で測定
(当時は樹林の中にあった)
170412-外周22a
170412-外周21a
今回調査No14 幹周273㎝ 50㎝高での測定
(道路に近かったため、枝切りされ、哀れな状態)

大大木調査2017 第5回 / 2017-04-09

調査回 第5回
日時 2017年4月9日(日) 9:30~12:45
場所 万博公園自然文化園
170405-big1.jpg
調査参加者 3名 
調査数 18本(他に195~199㎝の木が数本あるも記録せず)
170405-big2.jpg
大木数 18本(第1回~4回計169本) 
同一場所で2007年の大木数 7本

トピックス
 ・添付マップは第1回から第5回(今日)までの調査範囲です。
 ・今回調査を予定していた内、自然文化園西口より北側のクスノキは調査できませんでした。
170405-big31.jpg
 ・樹高計(レーザー測定器)は、1本目のみ旧式と比較し,OKだったので、あとはスムーズに計測できました。
 ・GPS測定器、若干ずれがありそうですが、家に帰ってグーグルマップに入れてみると、まずまずかな、でした。
 ・今日のメイン調査地は万博公園自然文化園内の外周の業務用車道沿いでしたが、中央環状線(中国道)側の日当たりが良いためか、ソメイヨシノ・クスノキが新規大木となりました。
 ・2007年調査結果7本をすべて確認できました。ただ、枝分かれしていても記録に1本立ちとなっている場合があり、要注意です。

あルック吹田・佐井寺散策② / 2017-04-06

4月6日はあたたかい春の日差しを受けて、心地よい散策会となりました。
1)阪急千里山駅前の風景
 ・Bivi千里山・・・駅前開発のシンボル的な建物でした。↓
170406look01BiVia.jpg

170406look01団地a
 ・千里山団地・・・再開発でカナリーヤシ(フェニックス)を
シンボルとした綺麗な団地に変身していた。↑

2)千里山・佐井寺図書館
   無電柱化が進んでおらず、折角の建物が
   電柱で隠れる写真しか撮れなかった。(写真なし)
3)千里山の尾根道
病み上がりの身にはきついアップダウンの道が続いたが、良いリハビリになった。
 茅葺きの民家が少なくなり、現代建築で建替えている新しい家が目に付いた。
愛宕社の桜もまだ五分咲程度だが、春の爽やかな空気を感じさせてくれた。
170406look04kayabukia.jpg
170406look05愛宕a
4)佐井の清水碑~佐井寺伊射奈岐神社~佐井寺(山田寺)~くり抜き水路跡
   佐井寺では水が豊富であった痕跡をたどるような散策となった。170406look06佐井清水a  170406look07伊射奈岐神社a

170406look08山田寺a
5)桜を愛でながら千里山駅へ



あルック吹田・佐井寺散策 / 2017-04-06

4月6日佐井寺を中心に散策しました。
170406sai3a.jpg
 こんなに広い土地が
 宅地化が迫る千里高塚地区に広い畑地が残っている。
170406sai2a.jpg
古い集落の面影
 狭い曲り道、畑、柿の木、茅葺(トタン)家・・・。

170406sai1a.jpg
記念碑に迫る造成
 「佐井の清水湧出の碑」の背後が重機でごっそり削り取られています。
170406sai4.jpg
↑↓ カナリーヤシ(フェニックス)に宿借りする若桜---千里山団地
sder1aa.jpg

170406sai5a.jpg
伊射奈岐神社の桜
saidera55555.jpg
 社殿前の枝垂れ桜は数日で開花するでしょう。
170406saiokuroof5555.jpg
奥家住宅の大屋根が茅葺き替え工事中です。
sai11oda23.jpg
小田家の茅葺屋根 -- 健在でした。


ヤマサギソウ周辺の春 / 2017-04-06

70年ぶりに発見された大阪府の絶滅危惧種
yamasa1.jpg
ヤマサギソウが今年も芽をだしました。
yamasa2.jpg
しかし、周囲の状況は一変しています。
yamasa00aa.jpg

yamasa3.jpg
国立循環器病研究センターの移築が決まったので草原は宅地になります。

170406-5fude2.jpg
フデリンドウ↑、ツリガネニンジン↓ も芽を出しています。
170406-6turig2.jpg

大阪府新入職員がぷくぷく市民共同発電所を見学 / 2017-04-05

4月5日(水)
大阪府の環境関係部署の新人9人が
吹田ぷくぷく市民共同発電所を見学、
170405-2a.jpg
環境会議の活動について 浜屋敷の会議室で
17-4aa.jpg
レクチャーを受けました。
170405-1a.jpg
浜屋敷の桜がきれいでした。
170405-3a.jpg
浜屋敷についても説明をうけました。

大大木調査2017 / 2017-04-04

調査回 第4回
日時 2017年4月4日(火) 9:30~12:30
場所 万博公園自然文化園
調査参加者 9名
170404-1.jpg

調査数 42本(他に195~199㎝の木が数本あるも記録せず)
大木数 42本(第1回~4回計151本) 

同一場所で2007年の大木数  16本 
同一場所で今年第1~4回計 76本
西大路のプラタナスは
前回8本だったところに23本もあり、
今回増加の主因となりました。


ソメイヨシノが咲き始めた万博公園
170404expo4ab.jpg

170404-2.jpg

きょうは西半分(図の緑色)の調査です。

170404-map.jpg

170404expo1ab.jpg

170404expo2ab.jpg


大大木調査2017 / 2017-03-30

調査回 第3回
日時 2017年3月30日(木) 8:00~11:30
場所 万博公園エキスポシティ管理地・自然文化園
調査参加者 12名
170330-02.jpg
調査数 45本(他に195~199㎝の木が数本あるも記録せず)
大木数 45本  (第1回~3回計109本) 
同一場所で2007年に大木数は20本だった。
今年の第1回~3回の合計は60本になった。
トピックス
170330-045o.jpg
 ・添付マップは、第1回から第3回までの調査範囲です。
   万博であと3日調査日が必要になりそうです。
 ・樹高計は、一部旧方式を併用するも、大部分はレーザー測定器を使用しました
 ・朝一番にエキスポシティ管理地に入りました。
170330-0456o.jpg
   2007年6本あったところで今回は7本見つかりましたが、対応はとれませんでした。
170330-04.jpg
 ・太陽の塔前の太陽の広場は前回メタセコイア1本の所にメタセコイア5本が大木(大木でないのは1本だけ)ラインに到達していました。
170330-0555abb.jpg
 ・自然文化園中央部にはケヤキを中心に、大木が増加していました。

次回は4月4日を予定しています

環境楽座・食べられる野草を探そう / 2017-03-26

3月26日(日)天気予報は雨でしたが、外れました。
170326yasou2.jpg
市内に残った貴重な田んぼで春の植物を採取して近くの公民館で天ぷらなどして食べました。
170326yasou3.jpg

170326yasou4.jpg
セイタカアワダチソウの若葉やユキノシタ、タンポポ、ヨモギなど18種類の野草を食べました。
170326yasou6.jpg
レンゲの花、椿の花びらも食べられます。
170326yasou9.jpg

大大木調査2017 / 2017-03-23

調査回 第2回
日時 2017年3月23日(木) 9:30~12:45
場所 万博公園迎賓館・日本庭園
調査参加者 8名
調査数  24本 (他に195~199㎝の木が数本あるも記録せず)
大木数  24本
同一場所で2007年の大木数  13本
  内 現存している大木   8本?(対応取れない木が多かった)
トピックス 樹高計はすべてレーザー測定器を使用しました

大木調査PartⅢ2017 / 2017-03-20

3月20日(日)万博公園自然文化園の東側で大木調査をしました。
PartⅢの第一回目です。
170320-expo0.jpg

170320-expo3.jpg
広場だけでなく薮の中にも大木はあります。

170320-expo4.jpg

170320-expo5.jpg
ExpoCityの観覧車は終日満席でした。
170320-expo6.jpg
きょうは約4km歩きました。


«  | ホーム |  »

sskkカウンター

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

sskk09

Author:sskk09
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する